54

今月の満月からオープンとなった【新月紫紺大先生の龍の原画シリーズ】

0000000003022

006

命龍 【原画】


0000000003012

005

白龍 【原画】


0000000003002

004

海龍 【原画】


0000000002992

003

華龍 【原画】


0000000002982

002

火龍 【原画】


0000000002972

001

いつくしみ(白龍)【原画】

今回、販売されるのは龍のカレンダーにも収録されている6点のみ。すべて1点ものです。

世界に1つしかない原画は、それこそ車を買うような値段のものもありますが、自分も昔からいくつか原画を購入したりすることはあり、絵は単なる鑑賞用というよりは、エネルギー発生源そのものと思って大切にしています。

特に新月紫紺大先生の龍は、絵を買うというよりは「龍を飼う」という意味が適しており、それも龍が行きたい先の主人(あるじ)を選んでいるように思えます。

「まずは原画を直に見てから検討したい」

そうご希望される方も多いと思います。

各原画の商品ページの中に、新月紫紺大先生のギャラリーで原画を観覧できる予約フォームがございます。

生で原画を見て判断したい方は、そちらからご希望される日程をご選択の上、ご予約頂けたらと思います。

なお、さすがに

「原画は手が届かない・・・けど世界で1つの龍は欲しい」

という方は、扱いは原画とほぼ同じである

『新月紫紺大ブルーボトル』

というものがございます。

0000000003032

『新月紫紺大ブルーボトル』
価格 : 108,000円(税込)

こちらは一升瓶サイズのブルーボトルに、新月紫紺大先生が自ら筆を持って昇龍(白龍)の絵を描いたもの。

日常的に使っても色が落ちにくい素材を使っているため、そのまま水やお酒を入れる一升瓶として使えます。

これは完全にオーダーがあっての受注生産であり、世界に1つのオリジナル龍のブルーボトルとなります。

もちろん作者である、新月紫紺大先生のサイン付きです。

本来、この一升瓶の龍でも原画であり、絵画として扱われると号数の基準で数十万にもなるのですが、今回はあくまでもブルーボトルという商品であり、特別価格に調整して頂きました。

ご注文後、1ヶ月ほど経っての完成・発送となりますが、まずはブルーボトルから龍を招きたいという方は、是非ともご予約くださいませ。

slide3

なお《新月紫紺大 2018 【龍】 暦》のドラゴンカレンダーも今月で販売終了となります。

006

使い終わったカレンダーは、すべての龍が専用額に入れて立てかけたり、壁にかけたりして飾ることができます。

人気の額セットも残り僅か。どうぞ2018年に水星逆行カレンダーも入ったドラゴンカレンダーをご活用くださいませ。