d5069-623-130970-0

【2018年版 住みたい田舎ベストランキング】小さなまち〔総合部門1位〕北杜市!大きなまち〔総合部門1位〕北九州市!
ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する月刊誌『田舎暮らしの本』は、2018年1月4日(木)発売の2月号で、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表します。

「住みたい田舎ベストランキング」は、2013年にスタートしました。移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスク、移住者数などを含む194項目のアンケートを実施。田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。国の「地方創生策」や地方自治体の「移住促進策」の盛り上がりを受け、本ランキングへの関心も高まっており、アンケートには前回を170以上も上回る過去最高671の市町村に回答いただきました。

第6回目を迎える今年は、ランキング方法をリニューアル。「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」と、「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」の双方のニーズに応えるため、人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つのカテゴリーに分けてランキングを発表。世代によって異なるニーズがあることから、全世代対象の【総合】ランキングのほか、【若者世代】【子育て世代】【シニア世代】の4部門に分けて1位を決定しました。

d5069-623-518565-15

d5069-623-362518-22

自治体の首長が移住促進を公約に掲げる市町村は上位にランクインする傾向があり、「小さなまち」総合1位となった北杜市(山梨県)は、平成27年度から「若者応援プロジェクト」などの総合戦略を具体化。移住希望者の就労支援も行っており、年代別の移住者数は30代が最多となりました。

「大きなまち」総合1位の北九州市(福岡県)は、「生涯活躍のまち」としてモデルエリアを選定。2年後に65歳以上の人口がピークを迎える同市は、若者・子育て世代だけでなく、車がなくても暮らせる医療施設も充実した住宅地を整えるなど、シニア世代の移住も積極的にサポートしています。

d5069-623-192154-20

ランキングを細分化したことにより、前年以上に各自治体の取り組みや実績、世代別の住みやすさが反映された結果となり、漠然と「田舎に移住をしたい」と考えている人が、 自分の生活のニーズに合った田舎を探すうえで、参考となり得るランキングとなりました。(転載ここまで)

先日、テレビ放映でも「移住人気全国No.1」と放映され、さらに八ヶ岳移住の人気を加速させた山梨県北杜市ですが、本日発売の宝島社による人気雑誌「田舎暮らしの本(2月号)」でも、ついに2018年度小さなまち部門の全国総合1位に選ばれました。

もう、表世界においても、完全に火がついた八ヶ岳移住(山梨県北杜市)のブームの兆し。

2018年、この勢いは現実レベルで色々と大きな変化となってやってくるものと思います。

やつはが運営する八ヶ岳移住サービス「やつナビ」も、昨年オープンしてから、順調にサポートも形になってきています。

18

今年の注目の1つは、やはりシェアハウス。

現在一棟(9部屋)を運営していますが、今年は二棟、三棟と新たなシェアハウスが続々誕生すると思います。

女性専用シェアハウス、ペット可能シェアハウス、子育てシェアハウス・・・などなど、様々なご要望に応じたシェアハウスをご提供していけたらと思っております。

08

44

54

そして、まだまだ妄想段階ではありますが、今年は八ヶ岳ドームハウスビレッジの企画も進むと思います(※写真は無関係)。

早ければ2018年夏頃には、区画募集を・・・という話もありましたが、そう簡単には物事は進まず、年内に募集ができたら良しで、場合によっては来年以降になるかもしれません。

でも、必ず形にしようと思うので、是非とも気長にお待ち頂けたらと思います。

やつはの不動産事業も明日から本格始動。

今年は自分自身も完全に八ヶ岳滞在となって、1人ひとりの移住サポートや拠点確保に動いておりますので、まずはともあれ、少しでも八ヶ岳に興味がある方は、是非とも1度八ヶ岳に遊びにいらしてくださいませ。

19
38

廃校を再利用した、八ヶ岳文化村のやつナビ出張所も、今月に一般オープン予定であり、週に何度か滝沢が滞在してご相談に応じます。

細かいスケジュールなどは、またメルマガやLINE@でお知らせします。

どうぞよろしくお願いいたします。