57

さて、本日の8時17分から、しばらく地球全体はサイドブレーキがかかります。

2018年3月23日〜2018年4月15日まで、今年最初の「水星逆行」期間です。

07

水星逆行とは、地球と同じ太陽系にある水星が地球から見て一時的に逆方向に動いて見える錯覚現象であり、天体現象というよりは、ホロスコープ、占星術の世界において有名な出来事です。

同じ方向に進んでいても、速度の違う電車や車に乗っていると、速い車両が遅い車両を追い越すときに逆走しているように見える現象が星の世界でも起こっていることが錯覚の原因のようです。

この水星逆行は、春分、夏至、秋分や冬至、新月や満月に続くほど占星術の世界では重要視されているイベントです。

この水星が逆に進むのと同じように、地球においても様々な出来事が逆行しやすくなることが言われています。

水星逆行中に起こりやすいこと
コミュニケーションがスムーズに進みにくくなる
(話がかみ合わない、勘違いする、誤解する/される、言いたいことがうまく言葉にできない、話が支離滅裂になる)
体調が悪くなる、ぼんやりする、やる気がなくなる
(特に水星逆行の始めと終わり)
集中力が落ちる、考えがうまくまとまらない。
その結果、思わぬ勘違いやミスをしてしまうことも
電話やメール、ネットなど通信系のトラブルが発生しやすい

(なぜか連絡がつかない、遅延、メール不着なども多いです)
パソコン、電化製品、電子機器などのトラブルが起こる
(いきなり壊れるという話もよくあります。怪しいなーというときは、PCのデータのバックアップは取っておくこと)
交通機関などのダイヤの乱れが発生しやすい
(特に水星逆行の始めと終わり。異常気象によることも多いような…)
仕事ややりたいことなど計画していることが予定通りに進まなくなる
(逆行中は物事の進みが遅くなり、停滞感を感じやすいです)
以前、考えていたことや決めたことをもう一度見直す流れがやってくる
やらずに放置していたことを再度、取り組むチャンスがやってくる
ご無沙汰している人、懐かしい人から連絡が来る、あるいは、バッタリ再会する

(ふとこちらから連絡を取りたくなることも)
昔の良かったころを懐かしく思う。あるいは、昔のことを思い出して後悔する

春は「肝」に負担がかかる時期。

冬の間に蓄積された老廃物をデトックスするため、活発に働くのが肝機能であり、そのため肝臓に負担がかかります。

肝は「怒り」の感情を司り、肝臓が弱るとイライラ怒りやすくなります。

そんな時期に水星逆行。

普段なら、些細なことに怒らない人が怒ったり、コミュニケーションの僅かなすれ違いで人間関係が悪化することも少なくはありません。

水星逆行期間は、思い込みによってコミュニケーションのズレが生じやすいので、1つひとつしっかりと相手に確認しながら物事も進めていくことが良いと思います。

一方でまた、気をつけていても、思わぬことで誰かを怒らせてしまったり、なぜか疎遠になってしまう友人がいても、それは春のデトックス期間&水星逆行中ということで、あまり深く考えすぎずにほとぼりが冷めるまでゆっくり待つのも大事なスタンス。

また、あれこれ先走って人生の方向性を決めるよりは、じっくり自分自身を見つめるのにも最適な期間なので、春分からエンジン始動、アクセル全開で進みたいところですが、まずはローギアでゆっくり安全確認しながら2018年も進んでいきたいところです。

そして、水星逆行も抜けた4月15日以降は、もうアクセル全開で・・・。

今日から約3週間、肝臓もいたわりながら心身ともに休み、旅行や契約は慎重に、周囲とのコミュニケーションも念入りに過ごしてくださいね。