tengong

Xデーは4月1日!中国「天宮1号」の落下確率は?追跡チームが姿をとらえた!
制御不能になった中国版宇宙ステーション「天宮1号」が、地球の大気圏に向かって突入する日が近づいている。日本を含む北緯43°からオーストラリア大陸南端の南緯43°にかけて、どこに落ちてもおかしくない状況だが、米国の宇宙研究機関によると、わたしたちの頭上に破片が落ちる確率は「1兆分の1」だという。
 
「天宮1号」は、中国の「国家航天局(CNSA)」が2011年に打ち上げた同国初の宇宙ステーションの実験機。直径3.4メートル、長さ10.5メートルの円筒形で総重量は8.5トン(推定)だ。

 もともと稼働寿命で設計されていた天宮1号は、運用停止後に「スリープ・モード」に入った。CNSAの当初の計画ではエンジンを逆噴射させて本来の軌道から逸脱させ、地球の大気圏に突入させて機体が燃え尽きるようコントロールする予定だったが、2016年3月、天宮1号からの通信が途絶え、制御不能に陥った。

 現在各国の研究機関が1号機の動向を追跡しているが、スペイン・マドリードの「デイモス・スカイ・サーベイ(DeSS)」のチームが、光学望遠鏡を使った観測で今年1月、地球に接近する天宮1号の姿をとらえるのに成功した。

 イタリアの人工衛星監視組織「SATFLARE」によると、天宮1号はすでに地上から200キロ近くまで高度を下げており、米国の「エアロスペース・コーポレーション」と共に、大気圏突入予定日を4月1日前後と予測している。一方、ブラジルの「Satview.org」は4月2日正午過ぎ(±8時間)と発表した。

天宮1号は大気圏突入でほとんど燃え尽きるため、機体の破片が頭上に直撃する確率はかなり低いが、気になるのは落下した後だ。

 万が一、近くの海岸で天宮1号の機体の一部だと思われるガレキや破片を見つけた場合、機体には「ヒドラジン」というロケットや人工衛星の姿勢制御用推進燃料が付着している場合があるので、絶対に触れてはならない。ヒドラジンはアンモニアに似た刺激臭のある無色の液体で、強い毒性を持ち、皮膚と粘膜を腐食し、肝臓などへ影響を及ぼすおそれがあるからだ。

 さらに、1967年に結ばれた宇宙条約によって、中国政府が所有権を放棄するまでは、天宮1号が地球上のどこに落下しても中国の財産であると定められていることから、下手に手を出すと「窃盗」の罪に問われかねない。

 仮に天宮1号らしき残骸を発見した場合は、最寄りの地方自治体や警察に届けるべきだという。(「ハザードラボ」から転載終了)

さて、キリスト復活祭であるイースターであり、エイプリルフールでもある4月1日。

この日に、かねてより「地球落下」の噂があった中国の宇宙ステーション「天宮1号」がついに本当に落下する予測が高まっています。

2a13c9f727e6b649fef921fc7cf9876e

落下予測エリアは、北緯43度から南緯43度までの広範囲。

バッチリ日本列島も範囲内ではありますが、上記ニュースが取り上げているように、誰か人の頭上にダイレクトに破片がヒットする確率は1兆分の1という天文学的な確率なので、特に外出時にヘルメットを被るまでの対策は必要はないと思います・・・。

直径3.4メートル、長さ10.5メートルの円筒形で総重量は8.5トンというと、トレーラーやコンテナのようなサイズですが、ほとんどが大気圏で燃え尽きてしまうため、落下する破片は僅かであると思います。

ただ、問題は燃え尽きない可能性が高い燃料タンクであり、この燃料の中に「ヒドラジン」という物質が入っていて、それが猛毒であるので、万が一でも近隣に落下した際には一切近寄らない方が良いそうです。

おそらく、天宮1号の落下は、大きな被害もなく、ほとんどが宇宙の塵となって消えて、破片も海のもくずとなって一件落着、チャンチャンと幕を閉じたと報道されて忘れ去られることでしょう。

ところが、この天宮1号の落下は、一部の人々にとっては、これから始まる大難の序章に過ぎず、いよいよ始まった「終末の世の合図」であると捉える見方もあります。

それが、古代マヤ文明の末裔「ホピ族」の予言との関連であります。

以下、過去記事「アイソン彗星とホピの予言」の内容を一部転載しながら、改めてホピの予言についてお伝えします。

Hopi
※ホピ族

まずホピ族とは、古代マヤ文明の末裔とされ、約1000年前に神に導かれて北米の地にやって来た人々のことで、主にアメリカのアリゾナ州に住むネイティブ・アメリカンの部族のひとつです。

神々から様々な予言を伝承されたホピ族の予言には、まるで近代社会を予知するかのような内容のストーリーが数多く存在しており、それらは岩絵などにも刻まれた“ホピの予言”として現代でも広く知れ渡っています。

34

yyyt
※“ロードプラン”と呼ばれる岩絵に描かれたホピの予言

この岩絵は、ホピの聖地オライビ近くの岩に描かれた有名な「ロードプラン」と呼ばれる絵です。

左下の人物は、ホピの守護神である太霊マサウを表しているようで、右手にはたいまつ、左手には、数千年前、ホピが地上に出るのに通った「アシ」を握っています。

アシの右に見える円は“第四世界”という今の周期の文明を示しており、長方形は地上世界への脱出口「シパプ」で、そこから伸びる上の線は、多くの人が従う“物質的な道”を示すようです。

手を繋いでいるのは、彼らが物質的な生き方で結束していることを表し、波線の示す「混沌」がその結末となる戦争と破壊への道を表しています。

ホピが従うように命じられている道が、下線に示されており、それは“伝統派の歩む狭い道”で、トウモロコシ畑に立つ長老で終わっています。

彼は伝統に忠実な者たちに約束されている平和と繁栄の象徴となっています。

この線沿いには、3つの円と縦線が見えますが、3つの円は予言された“世界大戦”で、最初の2つはすでに終わり、最後の1つ“ハルマゲドン”はまだ来ていません。

最初の2つの円に続いて、上下の線を結ぶ“縦線”がありますが、これは誘惑にはまって“進歩派(上の線を歩む人々)”になり、古来の信仰を捨てる人々の離反を予言しているようです。

そういった人々が、3つ目の円(最終戦争)の前に出て来るようです。

この“ロードプラン”は、まさに今の二極化の世界、そして人類の進むべき道の岐路を見事に表現していると思います。

文明人の99.9%以上の人々が、物質的な生き方を歩み、ほんの一握りの先住民は精神的な生き方を歩んで継続できる循環社会を目指していますが、先住民の多くもまた、今は資本主義経済に巻き込まれ、岩絵にあるよう、最終戦争手前の今、物欲にかられて「縦線」を上がってしまい、先がない混沌の世界へ進んでいってしまっています。

一方でまた、この「縦線」は、下ることができるハシゴなのかもしれません。

最終戦争手間のギリギリの今、一部の先住民族に限らず、文明人の中で気づいた人々は、上のラインからドロップアウトして、ホピが示す永続可能な下のラインへ方向性を切り替え始めています。

少なくとも、八ヶ岳で目指す世界は、下のラインであると望んでいますが・・・。

_SX334_BO1,204,203,200_

また、岩絵に限らず、ホピ族に語り継がれてきた予言の一節には、まさに広島や長崎に投下された原子爆弾のことを象徴する内容もあります。

「母なる大地から心臓をえぐり出してはならない、もしえぐり取ったならば、それは“灰のつまったひょうたん”と化し、空から降り、やがて世界を破滅に導く。このひょうたんの灰は、恐ろしい破壊力を持ち、川を煮えたぎらせ、大地を焼き尽くし、生命が育たなくなる。そして人々は不治の奇病に苦しむのだ。」

原爆(灰のつまったひょうたん)の材料となった“ウラン”は、彼らホピ族の古くから居住してきた土地から強引に掘り出されたものだったとも言われています。

45

こういったホピの予言は一部に過ぎず、彼らの予言は優に5万年の歴史を口伝で伝承しているとも言われています。

その中でも、彼らが1万年前から先祖代々語り継いできた予言によると、現在のこの世界は、地上に現れた4番目の世界=“第四世界”であるそうです。

この世界より前にあった3つの世界(文明)は、人類が創造主への感謝と汎神論の精神を忘れ、物質的欲望に取り憑かれて世界を荒廃させてしまったために、怒りを覚えた創造主たちの手によって滅ぼされたと言います。

●第一世界
地球のありとあらゆる恵みをうけて、人々は幸せに、そして全ての動物、植物達と共存していた。しかしながら、一部の人々がこの富の私有化を行い、それが蔓延していった。創造主はこの事態に怒り、世界のありとあらゆる場所の火山を噴火させて、地球上を火の海としてしまった。

●第二世界
同じように、人々が増え始め、利己主義がはびこるようになり、創造主は地軸を傾けて、世界を氷河期に一変させてしまった。 

●第三世界
人々は科学技術が発達、そして武器ももつようになった。空を瞬時に飛ぶ「飛行体」も発明していた。
そして、世界大戦へとエスカレートして、創造主によって「大洪水」がつくられて、大陸が海中へと沈んでしまった。ごく一部の人間が、大きな「方舟」をつくっていたお陰で助かった。

こうして、創造主によるこの世界の浄化の度に、汎神論の精神を決して失わなかったごく少数の忠実な者達だけが浄化を生き延び、次の世界に命を繋いでいったそうです。

ホピ族は、そのような創造主の選民の子孫であることを自認しており、先祖伝来の“生命の道”を今に至るも尊守しています。

そして、前回の世界が終わった今から約1万年以上前、彼らの祖先が第三世界を滅ぼした大洪水を逃れ、今の第四世界が始まってから中央アメリカの西岸に漂着した時に、彼らの守護神である太霊マサウは、第四世界を生き抜くための教えと予言をすべて刻みつけた「石板」をホピ族に手渡したようです。

石板は二人の兄弟の間で二つに分けられ、“黒い髪で肌の白い兄”の方は遠く日出ずる方向に向かって旅立ち、弟がのちのホピ族の指導者となったそうです。

その石版の予言によると、現代の第四世界もやがて人々の邪心により滅びる危機を迎える時がやって来るようで、その時を「大いなる清めの日」 と呼ぶそうです。

その日に先立ち、幾つもの兆候が現れるようで、それは以下のような9つの「徴(しるし)」であると言われています。

第1の徴:白い肌をした人々がやってきて自分のものではない土地を奪うであろう。彼らは敵を雷で撃つであろう。(白人開拓者による銃)

第2の徴:私たちの大地の上で、車輪が回転し騒々しい話し声で満ちるだろう。白い人間が家族を馬車で運んで大草原を横切るであろう。(開拓者の荷馬車)

第3の徴:おびただしい数の長い角を持つ奇妙なバッファローのような獣が、大地をかけめぐるであろう。白い人間の牛がやってくる。(ロングホーン種の牛が持ち込まれる)

第4の徴:大地が鉄の川で覆われるであろう。(鉄道網)

第5の徴:世界に巨大な蜘蛛の巣がかけられるだろう。(電話・通信・インターネットの世界網)

第6の徴:大地が鉄の川で覆われ、太陽に絵を描くであろう。(コンクリートのハイウェイ社会)

第7の徴:海が黒くなって多くの生き物がそのために死に至るだろう。(海洋における重油流出事故)

第8の徴:多くの若者がホピ族のように髪の毛を伸ばして訪れ、私たちの生き方と知恵に学ぶであろう。(ヒッピーブーム)

第9の徴:最後の徴である。あなたがたは、天空の住み家の話を聞くだろう。それが大地に墜落して大爆発する。その光景は青い星のように見えるだろう。この事件が終わるとすぐにホピ族の儀式は終了する。

長い間、これらの兆候は現れなかったのですが、近代に入ってから鉄道ができ、航空路ができ、やがて電話線が張り巡らされ、そしてハイウェイが出現した時になって、現代のホピ族は初めて予言の真意を読み取ったようです。

そしてヒッピーの登場(第8の徴)までは到達し、いよいよ最後の第9の徴である「天空の住み家」に注目が集まり、これが「宇宙ステーション」ではないかと噂されています。

「天の住み家が大地に墜落=宇宙ステーションの落下」

カウントダウンが始まった中国の宇宙ステーション「天宮1号」の落下は、果たして最後の徴となり、その後いよいよ世界は終末の世となるのでしょうか。

第四世界最後の時、人類が生き方を変え始めなければ、ほんのわずかな人間を残して再び世界は淘汰されると言われており、その後、無事に生き残った人々だけが第五世界に入ることができると言います。

世界の淘汰、それは「大いなる清めの日」 と呼ばれていますが、これはホピに限らず日月神示のミロクの世の到来前の大掃除、ノストラダムスや聖書の終末予言にしろ、似たような物語は多々あります。

果たして、この第四世界、今回の文明社会に継続できる未来はないのか?

大難をくぐり抜け、限られた人々しか次の世界へ進めないのか?

ホピの予言では、必ずしも悲観的な未来だけを予想しているのではなく、この「大いなる清めの日」が近づいた時に救世主が現れて、世界を導くという予言もあります。

それが、太霊マサウから授かった石板を2つに分けて、お互い持ち合ったホピ族の片割れ、兄弟である“黒い髪で肌の白い兄”

この失われた白い兄が欠けた石板を持って戻り、世界を邪悪から清め、平和に導き入れると伝えられています。

「白き兄とともに2人の従者が到来する。1人は“まんじ”と“十字のマーク”を持ち、もう1人は“太陽の印”を持っている。
この3人が世界に大変動をもたらし、生命の道を固守し続けたわずかな数のホピ族の生き残りとともに新しい平和な世界を現出させる。だが、この3人が使命を全うできない場合には、太霊は西から『ある者』を興す。それは非常に多くの冷酷な民である。彼は大地を破壊し、地上に生き残るのは蟻だけとなる」

この「白い兄」には2人の従者がいて、1人は“まんじ”“十字”のマークを持ち、もう1人は“太陽の印”を持つ。

これは国を象徴しており、まんじはドイツ(ハーケンクロイツ=逆まんじ)で十字はイタリア(キリスト教の総本山バチカン)、太陽は日出ずる国の日本の三国で、第二次世界大戦の日独伊三国同盟であるという説もあります。

ただ、個人的には、これらは宗教を意味するものであり、まんじ(卍)は仏教、十字はキリスト教、太陽(天照)は神道であり、無宗教でありながらも多宗教が入り混じって調和している、現代の日本国家そのものではないかと思ってもいます。

白い兄(+従者2人)=日本

近年になって、この石版の片割れが日本の沖縄で発見されたという噂もあるので、いよいよ日本人が最後の使命を果たす時も近づいているのでしょうか。

それとも、この石板は古代ユダヤにおける三種の神器の1つであるモーセの石板であり、これから始まる日本の天皇家の統合、日本とユダヤの融合が、その1つの象徴となるのでしょうか。

日本であろうが、どこであろうが、このまま人類が方向性を変えずに、ホピの岩絵にある上の混沌の世界へ繋がるラインを歩めば、その先は七度目の岩戸開きの失敗、四度目のリセットとなるのは、もう誰が考えても一目瞭然。

ただ、第三次世界大戦の起こる前、最後のチャンスが“縦線”のハシゴであり、上のライン(物質的な生き方)から下のライン(精神的な生き方)へと一定数の人々がシフトした時、百匹目の猿現象が起こって、世界のライムラインは大きく変わるのかもしれません。

いずれにしても、残された時間は僅か。

最後のハシゴを通り過ぎる前に気づいた人は、歩む道を切り替えることが求められています。