スクリーンショット 2018-07-05 8.53.26

北海道では、記録的な豪雨によって石狩川が氾濫し、旭川市の「神居古潭(カムイコタン)」周辺の田んぼが冠水したり、大きな被害が出ています。

10346217_685402798206205_5238324723036253040_n

1511908_572138439565131_6031507062107078073_n

「カムイコタン=アイヌ語で神の住む場所」であり、ここを初めて訪れたのは、今から4年前の2014年夏でした。

10322722_685402831539535_835865988742357553_n

その時も旭川市は記録的な豪雨に見舞われ、カムイコタンも地元の人々が驚くほど川の水かさが増して、あちこちに渦ができている光景は、まさに龍がとぐろを巻いてうごめいている姿でありました。

5b9342b7-s

8歳10ヶ月で地球を去った、ひでぼーからのメッセージをまとめた「ひでぼー天使の詩」でも、カムイコタンは出てきますが、ここには地球を作ったと言われる一番古い龍神が眠っているとあります。

カムイコタン
北海道には、カムイコタンというところがあるんだよ。
昔、アイヌの人たちが暮らしていたところでもあるの。
今でもたくさんの自然が残っているカムイコタン。
カムイミンタラ〜神々が自由に遊ぶ大地〜なのだ。
ここには太古の昔、この地球を作ったと言われる一番古い龍神が眠ってる塚があるの。
いや今は深い眠りから目覚めて、地球を守るために大きな体で空を舞い、大地を駆け回っているの。
いよいよ、太古の地球の復活だよ。
みんなも、イメージしてみて。
心ときめかせてみて。太古の地球。
カムイコタンへ行くといつも龍神の弟子の蛇くんが出てきて、どうぞお入りくださいとおじぎするの。
僕も、遊ばせて下さい、入らせてくださいと頭をさげるの。
おじぎをしたら、蛇くんはスッと消えていなくなってしまう。
神の使いは礼儀正しいよね。
カムイコタンは、一番最初の地球を思い出させてくれる、神聖なところなんだよ。

大雨も龍、地震も龍、噴火も龍と、なんでも龍のせいにしておけば良いというわけではないですが、大昔の人々は、こういった大自然で起こることにも畏怖の念を抱いており、自然を神なる存在として大切に祀ることを続けていました。

スクリーンショット 2018-07-05 10.04.11
※カムイコタンの後に訪れた摩周湖で出会った龍

必要以上に神へ傾倒し過ぎる必要はないものの、やはり自然は敬い、大事にしていかないと、いつかはしっぺ返しが来るもの。

今起こっている、集中豪雨などの異常気象は、宇宙の動きや太陽、月の動きなどの影響もありますが、原因の中心は、海洋汚染とも言われています。

工場や生活排水などによって河川が汚され、結果的に海が汚れ、プランクトンなどが異常発生し、そこに太陽光が当たって海水が温まり、豪雨をもたらす異常な雲や台風が発生していると聞きます。

大気汚染、海洋汚染、それらが思わぬ形で文明社会へカルマとして返って来てますが、これから大きく方向性を変えていかないと、そのツケはもっと大きなものになってしまいます・・・。

スクリーンショット 2018-07-05 8.57.09

沖縄の久米島でも50年に1度の記録的な大雨。

今日から週末にかけて、日本全国に渡って龍神が大暴れ、大はしゃぎとなっています。

large

201807030135_box_img3_A

7日朝まで、長野県南部や岐阜東部、静岡県西部や愛知県東部から熊野地方(三重、奈良、和歌山)、そして四国などは大雨による自然災害に要注意かと思います。

large2

この豪雨の週を抜けた先は一体どうなるのか。

梅雨戻りで来週も引き続き雨の日々が続くのか、それとも本当に梅雨明けして夏本番の日本列島となるのか、その鍵を握っているのは、昨日に新たに発生した台風8号「マリア」の行方とも言われています。

台風8号マリアが、高気圧の関係で西に向かって進めば「晴れ」の梅雨明けとなり、北に向かって進めば「雨」が続く梅雨戻りの天気となるそうです。

農作物のとっては恵みの雨、人間にとっても水不足の夏が心配されただけに、ほどほどの雨で済めば良いですが、あまりにも長く続くと大きな被害をもたらしてしまいます。

ほどほどの雨で収まって、大きな被害が出ないことを祈っております。