51eEnoeQowL._SL500_SX349_BO1,204,203,200_

関英男博士(1905年〜2001年)は、現代のガリレオ・ガリレイと呼ばれた天才&異端の工学博士。

東京工業大学・ハワイ大学・電気通信大学・千葉工業大学・東海大学の教授を歴任、紫綬褒章、勲三等瑞宝章を受章し、電波工学の世界的権威として知られていましたが、一方でまた晩年は

「太陽の表面温度は26度で、黒点には植物が生えている」

という奇説を最初に唱えた人で、科学者でありながらも目に見えない世界の解明を真剣に取り組んだ第一人者でもあります。

一般的には6000度あると言われる灼熱の太陽は、実は26度しかない。

これは関博士の説以外にも、複数の天才や超人とも呼ばれる人々からも同じ理論を聞いたことがあり、またNASAも1998年には、その事実を確認していたという話もあります。

太陽に近づけば近づくほど、明るく熱くなるという一般常識は宇宙では非常識であり、地球よりもさらにもっと太陽に近い水星の表面温度は、マイナスの氷の星だとも言われています。

では、なぜ地球には光と熱があるかといえば、関英男博士の理論では、地球の上空169万キロで太陽からのエネルギーと地球から放出されるエネルギーがぶつかり合い、そこで光と熱が発生するからであるといいます。

スクリーンショット 2018-08-02 9.28.33

そして、関博士が提唱した中でもっとも有名なのは「グラヴィトニクス理論」というもの。

電波受信機の専門である関博士は、宇宙には電流や光などの電波の他に、人間などの知的生命体が発信する「念波」と、創造主のいる大宇宙の最奥部、宇宙の中心から送られてくる「天波」があるという仮説を考えました。

51D4El0FJHL._AC_US400_QL65_

電波は横波であり、100億光年を移動するのに光のスピードで100億年もかかります。

それに対して念波や天波は縦波であり、100億光年を1秒間に10の83乗回往復できるほど、とんでもなく速いものであるそうです。

電波や光は、金属などの障害物があると遮られてしまいますが、念波や天波は遮られることがなく、あらゆるものを通過するそうです。

そして、大宇宙の中心から送られる天波は、生きとし生けるものを生かし給えるエネルギーを運ぶ波であると。

地球の人間は、この宇宙の中心の創造主から発信させられる天波を誰もが受信できるシステムとなっており、また一方で人間が発信する念波も創造主は瞬時に受信でき、この世界は常に天波や念波が飛び交ってエネルギー循環が起こっているそうです。

この創造主からのエネルギーを運ぶ天波を伝える媒体を「グラヴィトン=重力子」と名付けた関博士。

ピラミッドから出ているエネルギーもグラヴィトン波であり、天然塩や納豆菌、味噌の麹にもグラヴィトンは多量に含まれているそうです。

原爆の被爆者の中で長生きした人々が、味噌汁などの発酵食を食べていたことが明らかになっていますが、これはグラヴィトンによって回復したものと関博士は伝えています。

ワラやカヤ、麻(ヘンプ)にもグラヴィトンが含まれており、これらの植物は特に自然豊かな環境を取り戻す力を持っているそうです。

被曝回復に限らず、あらゆる病気の回復や若さの秘訣にも、このグラヴィトンが関係しており、一般的に「氣」「プラーナ」と呼ばれるものと同じようなもの。

この氣(グラヴィトン・プラーナ)を使い切った時が寿命のようです。

o0385025013708550897

このグラヴィトン波を集めて増幅させる運動として有名な健康法が「腕振り運動」

関博士は、80代で腕振り運動を始め、90歳を過ぎても毎朝2000回くらい行ない、年を取るごとに元気になり、視力も良くなり、96歳に他界されるまで生涯現役で元気に研究活動に励んでいたそうです。

007

また、グラヴィトン波をより効率的に集めて、増幅するには、電子を集める技術を応用すると可能なようで、そこで研究に研究を重ねて誕生したのが、この金色に光る「FTWセラミックス」であります。

開発プロデュースをしたのは、関英男博士のもとで学んでいたコンプラウト社長の佐藤じゅん子さんという方であり、関博士のグラヴィトン技術に加えて、現代に生きる天才発明家の若松俊男博士の力が加わって現代に誕生しました。

高校生の時には、すでに月に1500冊以上も本を読んでいた若松博士は、今となっては特許1000件以上を持つ発明家の中の発明家と呼ばれています。

フリーエネルギーの研究のおいてもかなりの段階にまで到達している方です。

そんな若松博士と関博士の叡智が組み込まれたFTWセラミックスは、半永久的に電子(e-)やグラヴィトン波を集める機能を持っています。

0000000003872_mgl70Dy

このFTWセラミックスを利用した代表的な商品は、フィオーラというもの。

美顔・健康マッサージローラーとして大ヒットしましたが、今回ご紹介するのは、このフィオーラの先端部分、FTWセラミックスのみを取り出して、ペンダントにした「フィオーラ ペンダント」

011

フィオーラは、必要な時にコロコロと使うものでしたが、このフィオーラペンダントは、常にFTWセラミックスを身につけることによって、電子やグラヴィトンエネルギーを取り入れることができます。

さらに、フィオーラのようにコロコロ回転はしないものの、FTWセラミックスで体をなでる、ツボを押すだけでエネルギーチャージ。

握っているだけでも、不思議と心身スーッとなって癒されるのを感じられると思います。

banner

現在、発売記念の定価の20%オフのキャンペーン中

限定色のブルーは、数量限定で残りわずかしかありませんが、是非とも夫婦やカップルでピンク&ブルーをセットでどうぞ。

フィオーラ ペンダント