01

移住、起業で最大300万円=UIJターンで支給―政府
 政府は28日、東京など首都圏1都3県から地方にUIJターンして就職、起業する人の支援策として、地方創生推進交付金を活用し、1人当たり最大300万円を支給する方針を固めた。

 また、人手不足に対応するため、地方で一定期間、職に就いていなかった女性や高齢者が就労、起業する場合も最大100万円を補助する。2019年度予算概算要求に同交付金1150億円を計上する。

 政府は人口の東京一極集中を是正するため、24年度までの6年間で、地方に移住して就職・起業する人や、地方で新規就労する女性や高齢者を計30万人増やすことを目指している。

 19年度は東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県から地方に移り、起業した人に対し、設備や建物の賃借費などの必要経費を最大300万円支援する。また、地方の中小企業や商店などの求人情報を掲載するウェブサイトを開設し、移住希望者とマッチングする仕組みを導入。このウェブサイトを使って地方の中小企業や社会福祉法人などに就職した人には最大100万円支給する。(「時事通信社」より転載終了)

「東京圏(東京都と神奈川、千葉、埼玉の各県)から地方で起業した場合は300万円まで、中小企業への転職には最大100万円を支給」

こんな政策が、先日政府から打ち出されました。

予算のバラまきなど、世間からは賛否両論ですが、個人的には、八ヶ岳移住を希望されている方の中には、首都圏から起業目的で移住検討をされている方も多くいるので、そんな方々には吉報だとは思います。

でも、助成金目的や助成金頼みの起業なら、それはやめておいた方がいいと思います。

事業は作るよりも継続する方が何倍、何十倍も大変なことだから。

ただ、起業当時は誰もがお金もなく、300万円は非常に大きなお金。

せっかく対象になるなら、もらえるに越したことはありません。

事業立ち上げに必要な経費は、その300万円を上手に使って、そこで浮いた資金を事業の運転資金にまわして進めていくのは良いと思います。

ちなみに、八ヶ岳で起業する方の中で一番多いのは飲食店だと思います。

特にカフェ。

自然豊かな高原エリアで、自分の好みのカフェをオープンさせる。

そんな夢を描いている人は多いと思います。

自分自身も、将来の夢の1つはカフェというかお蕎麦屋さんというのもあるので、その気持ちはよくわかるのですが、八ヶ岳で飲食店で成功するのは、決して容易ではありません。

移住人気全国No.1の地域だからといって、住民の数、観光客の数は、大都市に比べたら知れたものです。

商売目的で飲食店をやりたいのであれば、正直もっと都会の地域をお勧めします。

ローンもなく、自分でお店のスペースを持ち、そこそこ貯金もあって、子育てにも手もお金もかからない、特に贅沢な暮らしもせずに、趣味の延長線上で自分のお店に縁ある人々が訪れて、楽しんでもらえたら良い。

それで赤字にならない程度に事業がまわせれば。

こんなスタンスなら、間違いなく八ヶ岳で理想のお店を作って楽しんで頂けたらと思いますが、お店も賃貸、家も賃貸、貯金もなく、毎月売り上げ頼みで家族を養う生活費も考えないといけないとなると、八ヶ岳での飲食店事業はかなり厳しいものだと思います。

お昼は人が入っても、夜は入らない。

夏は人が入っても、冬は人が入らない。そもそも人が街にいない。来ない。

それが八ヶ岳なので、都会の常識はまったく通用しません。

だから、八ヶ岳エリアの飲食店は、ほとんどがお昼だけの営業で、夜までやっているお店は限られています。

また店舗によっては、11月から3月、4月まで冬季休業に入るお店も少なくはありません。

特に収益目的でないお店は、夏まで働いて、冬はのんびり働かずに過ごして余生を楽しんでいる人もいれば、まだまだ子育て世代の店主などは、この冬季休業期間に別の仕事について、出稼ぎに行く場合もあります。

とはいえ、八ヶ岳エリアも、ひと昔前のペンションブームの時には、山ほど観光客が押し寄せていたので、夏の期間だけで大儲けするペンションやレストランも多くあったようです。

人気のペンションにもなると、2ヶ月間も毎日満室になるとか。

それで脱サラして建てたペンションのローンも余裕で返済、あとは冬季の暇な時に海外旅行に行ったりと、バブル前後には成功していた起業家もいたそうです。

でも、今はどこの地方も飲食店経営は容易ではありません。

ただ、これも1人で店舗立ち上げから店舗経営、運営までも全部やろうとすると無理があるもの。

今、自分自身が考えていることの1つは、農業やカフェ、レストラン、ホテルなどもコミュニティグループで協力しあってやっていけば、きっとうまく循環すると思っています。

今は、農家も1人で実務から経営、数字の計算まで自分自身でやって、カフェも店主が1人で実務から経営、店舗運営全般を自分自身でやっているケースが多いです。

実務(プレイヤー)と経営(マネジメント)、起業するからには、どちらも出来る必要がありますが、それもまたこれからの時代には、別の選択があっても良いと思います。

実務が好きな方は、とことん実務に集中してもらい。経営を得意な人に経営は任せる。

お米や野菜を作っているだけで幸せな人は、これが1つ売れたらいくらなんて計算は本当はしたくもない。

お料理を作っているだけで幸せな人は、毎日何食売れたら、いくら儲かるなんて考えたくもない。

ただ、好きなことに集中して日々を過ごせたら、それだけで幸せなのに、経営がつきまとってくると、好きなこともストレスを抱えながらやらざるを得ない状況になり、やがて大好きだったことが嫌いになってしまうこともあります。

実際、そんな姿の人をたくさん見てきました。

「みんなで協力してやれたらなぁ」

経営の心配、つまりはお金の心配をすることなく、みんなが自分の好きなこと、得意なことに没頭できる環境を作るには、どうしたら良いのか。

今できることとすれば、それは母体となる会社法人があって、そこで経営を全面的にサポートしながら、農業にしても飲食業、宿泊業もプロデュースし、実務だけやりたい人が、自分のはまるポジションについて、それに徹してもらうのが良いと思っています。

それが、法人コミュニティの1つの形であり、八ヶ岳キブツは、そんなスタイルを目指しています。

実際イスラエルのキブツは、キブツが経営するホテルやレストラン、農業というのはたくさんあります。

やつはというキブツがあれば、やつはが経営する農場、レストラン、ホテルなどがあって、そこでお仕事する人は、事業の数字を気にすることなく、また生活費の心配もすることなく、自分の好きなこと、夢中になれることに没頭できればと。

今のバラバラの都会暮らしは、家も1人が1つの家に住み、家事から育児も生きることに必要な活動をみんな個人がバラバラでやっています。

家事も育児も、得意な人、好きな人がやる。親だから、母親だから家事も育児も必ず完璧にしなければならないという規則もなく、やりたい人に任せる方が、親も子も、やりたい第三者もみんな幸せになれるかもしれない。

仕事も同じで、1人で全部をやるやり方よりも、役割分担でコミュニティで協力しあってやれば、きっと循環するように思えます。

とはいえ、理想はあっても、まだまだ現実は厳しいものがありますので、一歩ずつ着実に目標に向かって進んでいこうと思います。