スクリーンショット 2018-09-19 18.22.43

今回のイスラエルの旅では、イスラエルが世界に誇る農村コミュニティ「キブツ(kibbutz)」を訪問するのが1つの大きな目的でした。

最初に南部の砂漠のキブツを見学し、後半にはガリラヤ湖のキブツ経営のホテルに宿泊し、また北部の別のキブツも見学することができました。

イスラエルが独立して建国されたのは1948年。

最初のキブツがイスラエル国内に誕生したのは、ガリラヤ湖のキブツで1909年であり、まだイスラエルという国がない頃からユダヤ人による農村コミュニティが存在していました。

2000年近くも国がなく、流浪の民となって世界中に散ったユダヤ人。

各地で迫害を受け続け、再び祖国に戻る流れが始まり、キブツという共同体を作って、そこで個々の財産もすべて預け、

「わたしのものはキブツのもの、キブツのものはわたし(みんな)のもの」

として、新天地に来て、砂漠を緑地化しながら農業を中心に共同生活が始まったのでした。

1948年のイスラエル建国までに約130ヶ所もキブツは増え、現在も270ヶ所以上のキブツがイスラエルには存在しています。

人数の規模は100名以下の小さなキブツから、1000名近くもいるキブツもあり、昔の日本の集落のようなものです。

自由のない表面的な平等を掲げる社会主義や共産主義とも違い、個人の自由を尊重しているのが、キブツの特徴の1つ。

自由と平等の両方のバランスを大事にしながらコミュニティ文化を作り上げて来ましたが、1980年以降は、イスラエル全体が資本主義の流れにも組み込まれ、キブツのあり方も現代になるにつれて、共同体から個人主義に移り変わりつつあるようです。

そのため、今ではキブツ内においては、個人資産を持つ方が多く、貧富の差も存在しているようです。

また、キブツで生まれ育った若者も、今は外の世界の方が魅力的であり、成長したらキブツを出て大都会であるテルアビブなどでビジネスマンとなる人も少なくはないようです。

一昔前の日本と同じ状況であり、田舎よりも都会、地域コミュニティよりも核家族の個人生活へと変わっていき、キブツも徐々に高齢化、過疎化が進んでいます。

とはいえ、1980年以前のキブツは、本当に平等な社会が構築されており、今回我々が宿泊したキブツの中には、国会議員で副首相になった方もいたようですが、一歩国会からキブツに戻ると、彼はイスラエルという国では要人でも、キブツの中では村人のメンバーの1人。

外で稼いだ高給もすべてキブツに収め、普段は食堂で掃除をしたり、質素で偉ぶることなく他のメンバーと仲良く共同生活をしていたようです。

日本の国会の政治家も同じことができるでしょうか・・・。

そこはユダヤ人、キブツの平等さにおいては、本当に感心するところです。

スクリーンショット 2018-09-19 18.23.05

特別にお金持ちになれるわけでもないですが、一度キブツに入ってしまえば、食事も三食与えられ、住む場所も与えられ、農業や漁業、工場などの作業系の仕事をやっていれば、のたれ死ぬこともなく、食うに困らない生活ができるので、一昔前のヒッピー、現代においてはニートの人々からもキブツはパラダイスのような存在に思われています。

確かに日本の競争社会にも疲弊し、特にやりたい仕事やライフワークもなく、のんびり平穏な生活をしたい人からすれば、キブツはとても良い環境です。

スクリーンショット 2018-09-19 19.59.34

大きなキブツとなれば、病院も内部にあったり、小さなキブツでも毎週通いで医者がやってきたり、老人にもなれば、老人専用棟もあって、生涯キブツの中で安心して暮らせます。

結婚して子供も生まれたら、子供は4ヶ月頃から預けることができ、小学校や中学校も内部にあり、大きなキブツなら高校までもすべてキブツ内にあります。

1980年頃までは、子供は3歳からは子供棟で共同生活をしており、早くから親元を離れてユダヤ人として集団で生きて自立する道を歩んでいたそうです。

キブツの中では、女性も貴重な労働力であり、保育士や学校の先生、炊事係から洗濯係、掃除係や工場、農業に至るまで、女性も男性と変わらずに一緒に働くため、その代わりに育児と家事から解放されて、それらはキブツ内の仕事として他の専門メンバーがやってくれることになっています。

いずれにしても、皆でできることを持ち寄って協力していくのが、キブツのスタイル。

働けない人がいても、働ける人がサポートし、270ヶ所のキブツでは、270通りのキブツのスタイルがあり、1つの会社、1つの家族のような形でキブツはあります。

ただ、伝統的なユダヤ教の戒律を大事にして皆が繋がっているのがユダヤ人であり、この仕組みを日本にそのまま持ってきても、日本人は信仰で人々が繋がっているわけでもないので、宗教法人でもないと、ユダヤ型のキブツは実現が難しいと思います。

特に個々が資産を持たず、どんな仕事をしても平等であるのは、今の日本社会では簡単には受け入れられないかもしれません。

また、イスラエルの近代キブツもベースは“経営”であり、コミュニティという形の会社組織にもなっていて、皆が安心して暮らせるのも、キブツの経営あっての状況になっています。

農産物を生産しても、自給するためだけでなく、ほとんどが農業として国内外に出荷しており、工場などもすべて外部から資金を得るための生産施設として使われています。

キブツ内の食堂は社員食堂みたいなものであり、キブツ内のメンバーの自宅は、すべて社員寮みたいなものであり、法人コミュニティとして考えると、今後の日本でもキブツの仕組みは、十分に取り入れる余地はあると思います。

ただ、資産をキブツ(日本なら会社)に預けるとなると、やや共産主義っぽくなったり、宗教っぽくなってしまうので、個人の資産や収入はバラバラで、食べるものや住む場所など、生活に必要な環境を会社がサポートする程度に留めておくとバランスが取れるかもしれません。

もちろん、会社の中に託児所、保育園や幼稚園、学校から病院、老人ホームのような施設もあれば、なおキブツに近い環境であり、日本の中小企業が、農業も取り入れてそんなコミュニティスタイルを構築できると、食料自給率も上がり、農家の後継者問題、耕作放棄地問題も解決して、すべて良い方向へと進むように思えます。

八ヶ岳では、そんな法人コミュニティを小さくても良いかたら形にしようと、やつはではグループ会社に農業法人(八ヶ岳ピースファーム)も作り、食糧だけでなくエネルギー自給も研究し、シェアハウスなどの整備、また今後は学校設立なども目指しているのですが、実はイスラエルには、すでにキブツとは別にそれに近いコミュニティが存在していました。

スクリーンショット 2018-09-19 18.20.49

その名も「モシャブ(Moshav)」

モシャブも、一見はキブツのような農村コミュニティに見えますが、キブツのような共同体ではなく、個人農家が一箇所に集まって村を作った農業協同組合のような存在です。

モシャブは、キブツよりも数が多く、イスラエル全土に600箇所以上もあると言われています。

モシャブは、キブツのようにコミュニティに資産を預けたり、共同生活をするわけではなく、こちらこそ昔の日本の地方集落のように、個々の家は独立してあり、それぞれ単独で家計も成り立っています。

ただ、農業においては、すべて共同で経営サポートがされており、農業資材の購入から農産物の販売まで共同で事業を皆が協力しています。

収入が多い農家もあれば、細々と家族経営をやっている農家もあり、当然貧富の差もありますが、それよりも自由と個人主義をキブツよりも尊重しているコミュニティとなります。

キブツとモシャブでイスラエル農業生産の8割を占めているそうなので、双方の農業ビジネスの規模は、日本の農家とは比べものにならないほど大きなものとなっています。

とはいえ、モシャブはキブツのように病院や学校、老人ホームなども完備されているわけではなく、あくまでもビジネスにおいて協力し合っているコミュニティなので、より日本にマッチしたコミュニティを作るなら、モシャブとキブツを足して二で割るくらいがちょうど良いのかもしれません。

今回、砂漠のエリアをバスが放浪中に偶然にも迷い込んだ村がモシャブであり、そこで自分はイスラエル訪問5回目にして初めてモシャブという名前を聞き、その存在を知ることになりました。

これは、今回の旅でもとても良い収穫でした。

ちなみにキブツとモシャブは、あまり仲が良くないとも聞きます。

それにはいくつか理由があるようですが、根本的なところに同じユダヤ人であっても、ルーツの違いがあり、キブツは白人系ユダヤ人のアシュケナージが中心で、モシャブは褐色系ユダヤ人のスファラディが中心であるそうです。

白人のアシュケナージは、DNAのルーツとしては古代ユダヤとはあまり関係がない人が多く、途中からユダヤ教に改宗した白人がユダヤ人となっており、一般的に改宗ユダヤと呼ばれています。

彼らはヨーロッパや東欧で迫害されたユダヤ人でもあり、それが故にイスラエルに戻って、民族同士で結託し、共同生活をしてでも、自分たちの居場所を作っていくという信念を持っています。

褐色系のスファラディは、DNAのルーツとしては、古代ユダヤの血をそのまま受け継いだ人々が多く、主にアフリカなどに散ったユダヤ人のようですが、彼らはイスラエルが建国された後に各地から集まってきており、そのままキブツにも入らず、個々が独立したまま集まってビジネスをやるモシャブへと発展したようです。

それはさておき、次回訪問の際には、このモシャブをもう少し見ていたいと思います。

スクリーンショット 2018-09-19 18.23.22

ちなみにイスラエルのキブツのオーガニック農法は、ただ農薬を使わない、化学肥料を使わないというものではなく、自然の生態系をうまく取り入れた農法であります。

例えば、畑での獣害対策のおいては、獣害をする動物の天敵を畑で飼育することで、その被害を防いています。

畑には鳥の巣箱が点在しており、その中にはフクロウが寝ているそうです。

フクロウが、畑のネズミやモグラを獲ってくれるとか。

また、フクロウは日中は寝ているので、日中は日中でまた別の鳥がパトロールに出ているそうです。

フクロウ(天敵)農業?これはまた画期的でした。

スクリーンショット 2018-09-19 18.23.33

ナツメヤシ(デーツ)の畑には、ロバが飼育されています。

ロバは雑草を食べてくれるそうなので、これもまた循環農法の一環です。

スクリーンショット 2018-09-19 18.24.02

また、虫対策にも天敵を活用しており、害虫となる虫を食べる虫を培養しており、その卵の入ったパウダーを作物にふりかけると、卵からダニのようなクモのような虫が出てきて、害虫を食べてくれるそうです。

スクリーンショット 2018-09-19 21.19.28

そうやって、薬や化学物質を使わず、自然の仕組みを上手に活かして農業を円滑にするのもイスラエルの発想と技術。

これらは大学教授などが、綿密に研究して編み出した農法であり、ユダヤ人は国を含めて、こういった技術に力を入れています。

日本が学ぶことは、まだまだたくさんあるイスラエル。

訪れる度に多くのインスピレーションをもらえます。