005

みなさん、数珠(念珠)はお持ちでしょうか。

恥ずかしながら、私は持っておらず、ずっと自分に合った数珠を探してました。

というのも、

「そもそも数珠を利用する機会が(まだ)ほとんどない」
「形ばかりの数珠で使われている素材が好みでない」


そんな理由もあって、数珠を調べていても、なかなか納得のいく数珠に出逢うことができず、それなら身近にいる専門家や職人の方々の叡智を集め、自分で作ってみようとなりました。

スクリーンショット 2018-11-23 10.28.58

そこで、まず監修をお願いしたのが、数珠や念珠においては、専門家の中の専門家。

14歳の頃より、その能力が見込まれて高野山にスカウトされ、裏僧侶の道を歩んできた長典男さん。

「形だけでなく、本当に意味があって実用性のある念珠を作りたい」

そんな希望を念頭に

「葬儀やお墓参りで、意識や念がしっかり亡くなった方に届くサポートを」
「葬祭だけでなく、普段から霊的に身を守る装身具としての役割を持つもの」
「自宅に置いておくだけで、魔除けとして家を守るもの」
「持ち歩いたり、身につけていてファッション、アクセサリーの一部となるもの」


ということで、まずは念珠という視点から、使う素材、玉の数、使い方などを含めて多くのアドバイスを頂きました。

そこで完成したのが、本日より発売される「念珠-MIROKU- 36玉」「念珠-YATSUHA- 88玉」というもの。

0000000004212_0d7y7em

まず、使われている素材ですが、三位一体や三種の神器とあるように、3つの素材を組み合わせることを意識しました。

数珠のメインとなる玉の部分は、白のパール加工をした北投石(ほくとうせき)

北投石は、日本の秋田県にある玉川温泉と台湾の北投温泉でしか産出されない貴重なラジウム鉱石(自然放射線鉱石)です。

持っているだけで、サーモグラフィーで赤く身体が変化するほど、自然放射線効果によって血行が良くなる薬石と言われています。

何より、ラジウムは元素番号「88(Yatsuha)」であり、今回は数秘にもこだわっております。

というのも、一般的な数珠は、36玉、72玉、108玉といったサイズがありますが、今回やつはが採用したのは、最小でスタンダードなサイズの36玉に加え、もう1つオリジナルで88玉を作りました。

それは、長さんに確認していただくと、他の玉数よりも圧倒的に88玉のエネルギーが高いことがわかったからです。

そして、白のパール加工をしたにも意味があります。

長さんの解説では、お葬式などの場で“黒”を着ていくなど、黒が一般化されたのは明治以降であるとのこと。

それ以前までは、葬儀などの場では“白”が一般的であり、正当な色であったそうです。

008

nenjyu02

そして、ポイントとなる繋ぎ部分には、聖なる香木として知られる緑檀(りょくたん)が使われています。

緑檀は、死者に手向ける香りとして非常に効果が高く、また邪気などを浄化する力も強いと言われています。

この緑檀の原木を1つひとつ手作りで加工して数珠の繋ぎに組み込んでいます。

そして、数珠を通す紐、数珠の特徴の1つであるフサの部分には、すべて国産大麻を使用。

大麻が祓いの効果が高いのは知られていますが、その中でも栃木県産の国産大麻を利用しており、その栃木大麻の中でも、品質が高いものを厳選してあります。

これは実際に現地で大麻栽培の手伝い、加工作業の経験のある方が今回の大麻部分の念珠作りに携わって頂いていることもあり、専門家の視点で大麻も選んでいます。

スクリーンショット 2018-11-23 10.41.02

デザイン全体のイメージは、うさと座のメンバーが身につけている大麻念珠がベースにあり、同じ職人の方に制作を依頼。

とにかく大麻の紐をラジウム鉱石に通していくだけでも大変な作業であり、緑檀の加工から大麻関係はすべてが手作業の手作りであります。


念珠(MIROKU & YATSUHA) from YATSUHA on Vimeo.


今回、こだわりにこだわったオリジナル念珠。

監修を務めて頂いた長典男さんに、その特徴や使い方をはじめ、大麻に関する雑学などを動画でまとめているので、是非お時間ある時にご覧いただけたらと思います。

念珠を使った本当の手の合わせ方などは、かなり実用性が高いもので勉強になります。

スクリーンショット 2018-11-23 8.56.47

<手の合わせた方>

中指にかける
クロスしたものを合わせる
メビウスの輪を作るのが基本の原則


スクリーンショット 2018-11-23 9.00.56

<大麻について>

大麻の良し悪しは、繊維の細さと関わってくる。
糸のようにさける大麻は非常に質が高いものとなる。
これが大麻の持つ祓いの能力、邪を抜く力のポイントになってくる。
大麻は祓うことによって、化学雑巾のように悪いものを吸い取ってくれる力がある。
吸い取った邪気は、北投石と緑檀のエネルギーも使って大麻の中で分解していく。
念珠は魔除け効果が高い。玄関や居間に下げておくだけで、そこを通ると祓われる。


スクリーンショット 2018-11-23 9.17.39

どうしても行った先、会った方によってはマイナスのエネルギーを受け取ることがある。
外出先で家から帰ってきたら大麻に触れて浄化する。
首から下げておけば、何かあったら大麻に触れて浄化する。
大麻は縦に利用することで守りの効果が高まるので、使わず保管する時も寝かせておくよりもかけておくと良い。
かけずに下において保管する場合は、クロスさせて置くのが良い。
メンテナンスは不要。大麻がメンテナンスをすべてやってくれる。
大麻は触れば触るほど柔らかく馴染んでくる。その方が大麻の効力は高まる。
メンテナンスとしては、できるだけ使ってあげることが一番のメンテナンスになる。



<白という色の意味>

お葬式で黒を着るようになったのは明治以降。
それ以前は、白を着るのが一般的。黒を着るのが許されていたのは天皇家だけ。
仏教の世界では、最高位のお坊さんだけしか黒を着ることが許されなかった。
お葬式に白の数珠を持っていくのは、本来の意味からすれば一般的なことになる。



また、今回も北投石ブレスレットの時と同じように、長典男さんによって、1つひとつの念珠に持ち主となる方に合ったエネルギー調整を行ってお届けとなります。

ただし、今回は目的が「守り、祓い、魔除け」であり、それも個人ではなく「家(家系や苗字)」が対象なので、先祖へのアクセスも含め、その家系全体を守るような念を込めての調整となります。

その家系が続く限り、その効力はずっと続くものなので、親から子、子孫へとずっと引き継げるものになります。

<長さんによるエネルギー調整について>

その方のご先祖、家系、苗字といった個人ではなく、家を中心としたエネルギー調整。
その苗字や家系の方なら、どなたが身につけても同じ効果がある。
ただ、ベースは申込みされた方のエネルギーを基準に調整はする。


003

さらに、数珠を入れておく入れ物には、うさとコラボによる念珠入れポーチがついてきます。

オーガニックコットンやヘンプなど、使われている素材やデザインは多種多様。

どれがお手元に届くかはお楽しみとなりますが、どれも念珠にピッタリなデザインで、念珠入れ以外にも化粧ポーチとしてや様々な用途に使えます。

少子高齢化の時代。

これから元の世界へ旅立つ方も増えてくると思いますが、少しでも残った人々の意識が届きやすくなるサポートをするとともに、また一方で目に見えない存在からのマイナスのエネルギーからも身を守れる念珠を。

そして、身につけられるお守りアクセサリーとしての使い方もあり、身につけているだけで守られ、祓われ、さらに自宅に置いている間も魔除けとしての効果を発揮。

素材から作る工程にもこだわってしまった結果、1つを生産するのに大変な時間とコストがかかってしまうのですが、本日11月23日の満月より、ご希望される方(家系)のオーダーを受けつけいたします。

0000000004212_0d7y7em

標準的なサイズの小さな「念珠-MIROKU- 36玉」は、税込・送料込の価格で52,800円。

やつはオリジナルのネックレスタイプの「念珠-YATSUHA- ネックレスタイプ 88玉」は、税込・送料込の価格で88,000円となります。

ただし、年末キャンペーンとして、本日から年末にかけて「88玉」をオーダーされた方においては、23%OFFで68,800円となります。

▷ 念珠の商品ページはこちら

すべて手作り作業となり、お届けまで1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。

是非、2019年はやつは念珠を日常的にご活用いただけたら幸いです。