d17d5b8b-5526-4d56-ab7d-b1be86a4044a

昨日は、東京の求道会館へ。

うさと座メンバーで神楽太鼓などの打楽器奏者を担当している石坂亥士さんのソロライブを聴きに行ったのでした。

ドラや太鼓だけのソロライブ。

一体どんな展開となるのか、まったくの未知の領域でしたが、それはもう想像以上に素晴らしいライブでありました。

音楽ライブというより、もう集団瞑想会。

開始5分でもう、意識は向こうの世界と行ったり来たり、目を開けていることができず、演奏時間の間、ほとんど顕在意識は記憶喪失。

ライブ終了と同時に目が覚めて、身も心もスッキリ爽やかと、祓いやヒーリング効果のあるライブでありました。

改めて、音の持つ無限の可能性を感じる日となりました。

そして、この日は衣装担当をされたさとううさぶろうさん。

亥士さんと同じうさと座で、まるで兄弟のように仲の良いディジュリドゥ奏者のKNOBさん。

久しぶりの再会となった、熊野古神道研究者であり投資家の礒正仁さんも勢ぞろい。

14.07.05

2014年7月5日に同じ求道会館で開催された「時、来れり!分離の時代から統合の時代へ」で出逢ったメンバーです。

この日に自分はKNOBさんと初めて出逢い、礒さんがお声がけしたボランティアスタッフの1人として参加した妻とも出逢うきっかけとなったのでした。

まさか、このイベントに出ることがきっかけで将来の伴侶と出逢うなど微塵にも思っておらず、そもそもイベント出演が決まったのが約2週間前、しかも出演時間は10分もない程度でありました。

人生とは何がきっかけで大きく展開が変わるのは、その時にはわからないものですね。

312552

あれから4年4ヶ月。

あの頃のメンバーは、それぞれの道を歩みながらも今も変わらず仲良しであり、また新たにたくさんの仲間も増えました。

統合の時代はもう始まっており、約束した魂の仲間たちとの再会はこれからもまだまだ続きます。