20181203-OYT1I50023-L

東京23区から地方移住し起業、300万円補助
政府は来年度、東京23区から地方に移住して起業した人と中小企業に就職した人を対象に、転居費用などとして最大300万円を補助する制度を始める。Uターン就職などを後押しすることで、地方の人手不足の解消を促す狙いがある。2018年版の地方創生総合戦略を年末に改定し、盛り込む方向だ。

 対象となるのは、東京23区に住むか通勤する人で、東京圏(東京都と神奈川、埼玉、千葉の3県)以外の地域や、東京圏内の離島や過疎地に移住する人だ。23区に5年以上住んでいることなどの条件も加える方針だ。

 補助金の額は移住先や家族の有無などによって異なる。会社を設立するなど、起業すれば最大300万円、地方自治体が指定する中小企業に就職すれば最大100万円を支給する。財源は国と自治体で半額ずつ負担し、転居費や住宅費などに充ててもらう。政府の来年度予算案の概算要求段階で約85億円の関連経費を計上した。地方分は都道府県と市町村が負担し、割合は今後調整する。(「読売新聞」より転載終了)

以前にもご紹介しましたが、

来年度(2019年)より、
東京23区に
5年以上住んでいた人が

首都圏以外の地方へと移住した場合、
起業すれば最大300万円
中小企業へ就職すれば最大100万円


支給されるそうです。

今年の夏にこの企画が発表された際には、

東京など首都圏1都3県から地方へ

という条件だったのが、今回正式に決まったのは

23区から地方へ

とエリアが狭まり、さらに23区に5年以上住んでいることも条件に加わっています。

首都圏エリアで、この企画を期待して来年に思い切って地方移住を考えていた方には残念なお知らせですが、一方で今回の条件に当てはまる方もまだ大勢いると思うので、そんな方は、来年から「東京脱出」にピッタリなタイミングとなりそうです。

Cs4x-rBUkAE-s_K

1980年代の大人気漫画のAKIRAの舞台は、来年の2019年。

漫画の中では、1988年に「関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が始まった」という設定となっており、そこで東京は壊滅し、東京湾上に新たな都市「ネオ東京」が構築されたことになっています。

そして、2019年に東京オリンピックが開催されようとしていると・・・。

7ae61d53

1995年にアメリカで開発されたイルミナティカードは、この20年以上の間で起こった主要な事件や出来事が数多く予言(予告?)されており、その中には銀座を舞台にオリンピックカラーがテーマとなったパニックカードも含まれています。

これらが近い将来の東京を予言するものなのか、まったく見当違いの未来となるのか、それは現時点ではわかりませんが、東京生活に違和感を感じ、思い切って自然のある新天地へと人生のステージを変えようとしている人が増えてきています。

八ヶ岳も、そんな中で年々、日々人気が高まっている地域の1つ。

是非、来年から「東京脱出」を考えている人は、八ヶ岳で起業したり、転職も考えてみてくださいね。

シェアハウスも、まだ空室があります。

そういえば「東京脱出」と聞くと、思い浮かべるのは、伝説の予言SF小説と話題になった五井野正博士の「七次元よりの使者(第3巻)」です。

Unknown

七次元よりの使者【東京脱出の巻(第3巻)】
電波望遠鏡によって太陽系連盟人と交信している一群の若者達が東京に大異変が起きるのを知らされる。彼等若者達は人々に気付かせようと努力するが、終に東京脱出を決意する。すると同時に次々と様々な人々が不思議な糸によってだんだんと集まり始める。そして、そこに…。

そして、東日本大震災が起きるちょうど1ヶ月前に出版されて、口コミで話題となった近未来日本を描いた小説に「百姓レボリューション」というのがあり、これもまた東京を脱出する若者たちが主人公となっている物語です。

61Bqhr-i0WL

小説『百姓レボリューション』粗筋
2012年末 東京湾を震源地とする大地震が関東を直撃する。東京23区、横浜、千葉の沿岸部は震度7、多摩、埼玉などの周辺地域は震度6となり、東京はほぼ壊滅状態。

主人公の新村ケンは国立市に住んでいて、震度6の揺れを経験する。電気、水道、ガスがすべてストップし、お店からは食料がなくなる。

被害が大きすぎ、復旧には数ヶ月以上かかることが判明する。その間物資が一切入ってこないことを悟り、ケンたちは東京を脱出する。

一方、栃木県の里山に住む小野寺隆は、こうした事態が来ることを予測し、5年前から自給自足型のエコビレッジを建設していた。

百姓ビレッジと呼ばれるそのコミュニティでは、有機農法と自然農をベースにした食の自給が行われ、薪、太陽光、バイオマスなどによるエネルギーの自給も進められていた。

震災後、国は財政破綻し、経済も崩壊する。すべての生産活動が停止し、人々は自給しなければ生きていけなくなる。

多くの避難民が百姓ビレッジを目指し、ケンたちもそこにたどり着く。

食とエネルギーの自給だけでなく、服や道具などの生産活動も必要になり、百姓ビレッジではプロジェクトチームが組織される。一日の半分は全員が農に従事し、残りの時間を各プロジェクトチームに分かれて作業をするという形態が生まれる。

コミュニティがスムーズに機能するためには人間関係も重要で、意思決定、会議の仕方、メンバー同士のコミュニケーションなどにおける新しいシステムも確立されていく。

芸術やメディアのあり方も変わり、コミュニティ内で行われる小規模でローカルな新しいシステムができあがっていく。

こうして、あらゆる分野で新しいシステムが創り出されていくのだが、百姓ビレッジはひとつ大きな問題を抱えている。定員200人のところに500人が押し寄せたため、半分以上を追い返さなければならないのだ。

「これって泰平さん達のこと?」

何人もの方から、そう言われたことがありましたが、自分自身は、この小説は一切知らず、内容を聞いてシンクロすることが多くてビックリしました。

農業を中心とした百姓ビレッジ、さらにドームハウスまでもが物語には登場します・・・。

そして、エネルギー発電のことも。その先は一体どうなることやら。

ということで、来年のテーマは「東京脱出」

ネガティブな理由や動機ではなく、ワクワクする企画で脱出ルートや受け入れ態勢をご用意しようと思いますので、是非お楽しみに。