sagittarius-new-moon-ritual

今朝6時過ぎに、11月17日から逆行していた水星が順行に戻り、2018年最後の最大の水星逆行から抜けました。

逆行が終わる直前、まさに最後のエネルギーを振り絞るかのように、ソフトバンクでは大規模な通信障害が起こったりと、世間でも水星逆行を象徴するような出来事が多数起こっています。

個人的にも、アポイントの時間が大幅に遅れたりということが何件も続き、またお店の方も送金や運送、契約関係も通常よりもイレギュラーの事態が多々起こり、物事が予定通りに進まないことがありました。

本日は、ちょうど16時20分から射手座新月となり、射手座木星期の本番の始まりで、星回りとしてラッキー期間が約1年続きます。

スクリーンショット 2018-12-07 16.27.17

この新月に、イスラエルの国石であり、世界で唯一エイラットという地域でして算出されない秘宝の「エイラットストーン」を使った“八芒星ペンダント”を予約発売する予定でしたが、水星逆行の影響もあってか、諸々準備が整わず、1週間ほど遅れる見込みです。

スクリーンショット 2018-12-07 16.34.14

イエス・キリスト(イサヤ)の家紋と言われる八芒星。

その八芒星をモチーフにしたやつはロゴを刻印し、エイラットストーンを組み込んだオリジナルペンダント。

周囲を取り巻く4つのバチカンによって、ペンダントの向きも自由に変えることができ、

「クロス(+)」

タイプと

「バッテン(×)」

タイプにお好みで使えます。

またペンダント以外の様々な用途としても活用できます。

クロスはイエス・キリストを象徴とした男性性、バッテンはマグダラのマリアを象徴とした女性性、八芒星は、その両方が統合された米マークとなっており、身につけた方の男性性と女性性の統合、スピリットメイトとの出逢いなど、様々な意味が込められています。

エイラットストーンは、ターコイズやマラカイト、そして自然銅などのいくつもの鉱物が混じり合って、黒や青緑の独特のカラーを出しています。

1つの鉱物ではなく、多数の鉱物が入り混じっているのが、エイラットストーンの特徴でもあり、どれも同じ色や柄ではなく、石そのものが完全オンリーワンの姿であります。

これも1人のリーダーや影響力のある人がピラミッド社会を作るのではなく、様々な個性を持った人たちが力を合わせて1つの形を作る、これからの新時代のテーマにピッタリなものとなっています。

偉大なるイスラエルの王、ソロモン王がもっとも愛した賢者の石とも呼ばれ、特に銅の部分が太古の昔からユダヤ人に重宝されていたり、錬金術にも使われていたようです。

エイラットストーンは、手にした方に必要な叡智をいくつも与えてくれるものとされています。

ざっともたらされる効果の特徴を並べるだけでも盛りだくさん。

「問題解決のための智恵と創造的な解決方」
「陰陽のバランスを整え」
「非常に高い波動」
「全体性と平和を象徴する石」
「バランスを整える力が強力」
「集中力や行動力」
「目的達成へのプロセスを力づけます」
「仕事に集中できる」
「真なる智恵へと向かうための成長を助けてくれる」
「エネルギーを癒し、浄化し、筋道をつける」
「創造性と豊かな感情表現を養い、自分に自信をつける」
「現世あるいは過去世での、魂を砕く出来事により発生した残骸や毒素を取り除き痛みや喪失感をなくします」
「アカシック・レコードを拭き清め」
「受け入れること、また内なる和解」
「魂と細胞レベルの記憶を再プログラミング」
「特に胸腺の浄化に効果的」
「恐怖心や憂鬱から解放」
「ハートチャクラの上にそっと置くと、硬くなった感情をも解きほぐ」
「トラウマ、潜在意識の癒しと浄化」

昨年イスラエルを訪問した際、たまたま我が家にエイラットストーンがやって来てから、今年にイスラエル最南端のエイラットまで訪れ、太古からの採掘現場まで見学に行きました。

古代ユダヤの情報、記憶、波動のすべてを持ち合わせている聖なる石であり、イスラエル国外にはほとんど出ておらず、日本にもまったく入っていない希少価値が非常に高い天然石です。

一度に入荷してる量も限られているため、すぐに在庫切れとなる可能性もありますが、誰かや自分へのクリスマスプレゼントに間に合うように配送はする予定なので、是非ともキリストや八芒星とも縁が深い、クリスマスプレゼントにどうぞ。

順調にいけば、12月14日の早朝から予約開始となります。どうぞお楽しみに。