61X09IJRQRL._SX341_BO1,204,203,200_

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
<内容紹介>

過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏
神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。
農家が株主となる直売所を作って、農民に月30万円を超える現金収入をもたらす。
空き農家を若者に貸すことでIターンを増やす。
アメリカの人工衛星を利用して米の品質を見抜く。
『奇跡のりんご』のりんご農家・木村秋則氏と手をむすんで、JAを巻きこんでの自然栽培の農産物つくりを実践し、全国のモデルケースとなるなど、その活躍ぶりは際立っている。
本書では同氏が手がけたさまざまな「村おこし」プロジェクトを紹介。
これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!



北陸にある神話の町、石川県羽咋市(はくいし)。

かつて、怪鳥に悩まされていた地域を羽に噛みついて救った3匹の犬から「羽喰(はくい)」という珍しい名前がついたそうですが、今となっては空飛ぶ怪鳥ではなく、

空飛ぶ円盤UFO

で日本一有名な町でもあります。

スクリーンショット 2018-12-27 18.26.03

羽咋市公認、地域おこしでUFOを大々的に使っているのは、おそらく全国でもここだけ。

羽咋では、古文書の記述などからも、明らかにUFOと思われる存在が飛来していた内容が多く、日本随一のUFOメッカの地域として知られています。

001_cosmoisle_gaikan

それをネタに地域おこしに活用して、観光客を集めようと「UFO宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋」をつくったりと、とにかく斬新な試みをする行政として以前から大変注目されています。

hqdefault

これらの仕掛け人は、かつて「スーパー公務員」として話題となった高野誠鮮(たかのじょうせん)さん。

放送作家として、業界の世界で活躍していたにも関わらず、故郷である羽咋市に戻り、臨時職員の立場から地域おこしを実践し、最終的には「ローマ法王」に羽咋のお米を献上したことで、限界集落を救ったことで知られています。

DeLDLoHU0AE3yS3

top

高野さんは、今でも様々なメディアに出演したり、3年前には、テレビドラマでもモデル化されたので、すでにご存知の方も多くいるかもしれません。

IMG_2499

それにしても、なぜ羽咋市とローマ法王なのか?

それは、親父ギャクのようなアイデアですが、羽咋市の東の富山との県境には、人口500人にも満たない“神子原(みこはら)”という限界集落地区があり、この神子原を英語に訳すと

「the highlands where the son of God dwells」

になることから、

神の子イエス・キリスト、キリストが住まう高原ということで、キリスト教の総本山であるバチカンにアプローチをしたのでした。

一見、無理矢理なこじつけのようでありながらも、チャレンジした結果、見事にバチカンから反応があって、なんと北陸の小さな限界集落の村のお米が、ローマ法王に献上されるという快挙を成し遂げたのでした。

スクリーンショット 2018-12-27 14.45.26

もちろん、高野さんをはじめとする人々の努力と企画力があって実現したことでしょうが、個人的には、この“神子原”という場所そのものにも、ローマ法王も何か感じる聖なるエネルギーが実際にあったからだと思います。

神の子の原。

巫女の原。

timeline_20181227_144808

timeline_20181227_144810

神子原という地名は、太古の昔より、アミニズム信仰が根付いた場所で、住民が神事を大切に守り、現代にまで継承してきたことから、呼称の所縁になったと言われています。

mikohara-5

その伝統的な神事の1つ、集落に伝わる秋の大祭は「獅子殺し」の獅子舞として有名であり、長時間にも及ぶ天狗と獅子の格闘の末、悪霊に憑かれた獅子を天狗が除霊する神事となっています。

d55014ae

496caf86

獅子舞は、古代ユダヤの繋がりが深いと言われています。

獅子の紋章は、今もエルサレムの市章に利用されており、また古代ユダヤ12部族の1つ、ユダ部族の紋章も獅子であり、日ユ同祖論において、獅子や獅子舞はユダヤの象徴の1つだと。

スクリーンショット 2018-12-27 19.01.44

スクリーンショット 2018-12-27 14.45.57

そもそも、この獅子舞のお祭り会場は、村の神社である八幡神社。

全国各地にある八幡神社ですが、これはユダヤ教の神であるヤハウェを祀る「ヤハウェ(八幡)神社」であるとも言われています。

この神子原の伝統的な獅子舞の秋の大祭は、今は9月第三日曜日に開催されているようでしたが、かつては毎年9月15日に開催されていました。

実は、個人的に神子原とは妙な縁で繋がっており、母親側の祖父は、この神子原がルーツで、母も羽咋市育ちでありながらも、産まれる時は、本家のある神子原で生まれたのでした。

それも大祭の9月15日に。

祖父一家は、途中に羽咋から秋田に移住してしまったので、てっきり秋田がルーツかと思いきや、自分のルーツの片方は、北陸の石川県にあり、それもUFOの町、羽咋市、さらには世界でも話題の聖地、神子原にピンポイントにあるというので驚きました。

羽咋の親族とも疎遠になっており、母ですらお墓参りもまったくやっていないので、大人になってから、それもつい最近にそんなことを知ったので。

ということで、ちょうど最近になって仕事で羽咋市と繋がりができたことをきっかけに、この年の瀬に羽咋市、神子原地区のお墓参りに行ってきました。

今の節目の時代、自分自身のルーツ、ご先祖との繋がりをきっちり結び直すのは、とても大事なことだと思っています。

無事にお墓も見つかり、参拝もできて、非常にスッキリしました。

その影響もあってか、早速現実的にも良い変化が次々に起こっています。

神子原そのものは、かつて日本全国巡礼の旅をしていた頃、北海道のアースヒーラー鳴海周平さん達と一緒に偶然車で通り過ぎたことがありました。

「お椀をひっくり返したようなバリアの結界が張られたところ」

鳴海さんは、この神子原エリアに強烈なエネルギーを感じ、目には見えない、自然のアンテナなどを利用した強力な結界で守られているように思うと語っていました。

このエネルギーを感じるのは、日本でも数多くなく、九州のウガヤフキアエズ王朝のあった祖母山以来であったと。

「開発されず、過疎化となったのも、この地が発展して穢されないように守られていたのでは?」

そんな見解も示してました。

スクリーンショット 2018-12-28 8.34.54

ちなみに、羽咋市から車で20分ほど南に下った石川県羽咋郡宝達志水町という場所には、青森のキリストの墓に続くオカルト名所「モーゼの墓」があります。

かの有名な古文献である竹内文書の内容から、青森のキリストの墓が発見されましたが、ここもまた竹内文書の関係から見つかったモーゼの墓であり、正式には「三ッ子塚」と呼ばれる古代人の墓となっております。

o0418029713489767105

3300年も前、エジプトのシナイ山で神ヤハウェより「十戒」を授かったモーゼ。

モーゼは40年の歳月をかけ、エジプトで奴隷となったユダヤの民衆40万人をイスラエルの地へ導いた英雄として知られていますが、彼は任務終了後、再びシナイ山に登ったそうです。

そして、そこから天浮船(あまのうきふね)に乗り、東のエルサレムである日本を目指して能登の宝達山に辿り着き、そこで古代のヤマトの天皇より、再び十戒を授かったとか。

というのも、シナイ山で授かったのは「表十戒」であり、ヤマトの天皇が授けたのは「裏十戒」であったそうです。

縄文よりも太古から、世界は日本列島の王によって治められていたと、富士王朝の文献や様々な古文書、口伝でも伝えられていますが、そんな時代の1つに、ユダヤから多くの聖者が日本を訪れ、その中の1人にモーゼやキリストもいて、モーゼの場合は天浮船、つまりはUFOに乗って日本までやってきたようです。

ムーから縄文、当時は原始的な人類と、宇宙の存在達とのハイブリッドの神人のような人類がいて、日本の天皇を始め、神人は体長も2.5m以上もあって大型であり、寿命も500歳以上で、モーゼも583歳まで生きていたそうです。

彼らは、海をも割るほどの超常現象を起こすほど、神なる存在と繋がり、その力を様々な場面で利用できたからこそ、地球にも不思議な伝説がたくさん残されているのかもしれません。

イエス・キリストもまた、そんな血を引く1人だったのかも。

スクリーンショット 2018-12-27 14.44.23

羽咋市は、その他にも日本で唯一車で走れる砂浜の海岸「千里浜なぎさドライブウェイ」もあります。

砂の粒子が細かく、砂浜が押し固まっているので、4WDの車などでなくても、波打ち際スレスレを車で走行できます。

日本海の海は、とても美しく、家族旅行でも喜ばれると思います。

1920px-Keta-taisha_keidai

そして、羽咋市には北陸最大のパワースポット、能登国一宮である氣多大社もあります。

ce1353c8-s

ちょっと足を伸ばしたお隣の富山に入ると、ここにも隠されたマル秘パワースポットの「皇祖皇太神宮」も。

羽咋市周辺は、たくさんの聖地もあるので、是非とも機会があれば訪れてみてください。

スクリーンショット 2018-12-27 17.47.30

スクリーンショット 2018-12-28 9.10.49

JAはくいは、日本全国で初の自然栽培米で地域おこし、町づくりをやっている画期的な場所。

こちらは、八ヶ岳とも提携して、全国に認知する活動もしていくので、どうぞお楽しみに。