maxresdefault-1-2

1月6日10時29分より、山羊座新月となりました。

2019年最初の新月は、部分日食でもあり、極めてパワフル。

スクリーンショット 2019-01-06 10.11.46

今回の山羊座新月のタイミングは、山羊座に月と太陽だけでなく、冥王星、土星、水星の3つも滞在しており、メジャー10天体のうちの半分、5つの惑星が山羊座に滞在している山羊座ざんまいの新月となります。

現実主義、目標に向かってコツコツ努力型の真面目な山羊座らしく、今日の新月は、2019年における自分の社会の役割を再確認し、そのために目指す方向を定め、計画を立てるにはピッタリのようです。

fig13

また、明日1月7日からは、占星術の世界でもラッキー期間のスタートです。

それは、明日に地球から見て逆行の動きをしていた天王星が順行に戻ると、すべての惑星が順行することになります。

惑星順行期間2019
2019年01月07日~2019年03月06日
2019年03月29日~2019年04月11日

一般的には水星の逆行が有名ですが、惑星の逆行は、それぞれの惑星によって地球への影響は様々です。

惑星逆光が意味すること
水星の逆行
コミュニケーションや情報伝達、文書、移動などでに関することでトラブルが起こりやすい。大局的な視野に欠ける傾向がある。独自の考え方を確立するのは向いている。

金星の逆行
金銭や恋愛に関することで見込み違いが生じやすい。恋愛に関しては慎重に。高額な買い物や借金などにも注意が必要。個人の感性を磨くのには適している。

火星の逆行
衝動的になったり、短絡的な行動に走ったりすることが多い。過去の行動を見直させられる事件が起こる。自分なりの行動スタイルを模索するには好機。

木星の逆行
拡大や発展のスピードが落ちて、現状維持に傾きやすいとき。個人の道徳観を優先させることが多くなる。物事を現実的にとらえて形にしていきたい時期。

土星の逆行
自分自身の課題や責任と向き合いたい期間。過去の経験を振り返りながら、自分なりのルールや枠組みを構築していくといい。

天王星の逆行
社会全体の方向性と自分の方向性との違いや矛盾を解決したいとき。視野を広げることがテーマになる。

海王星の逆行
自分独自の夢や理想を追い求める傾向が強くなる。社会と個人との相違や矛盾を埋めていくことがテーマになる。

冥王星の逆行
無意識から生まれる大きな力をどこに向けるかがテーマになる。社会の方向性と自分のやり方の折り合いをつけることが必要に。

明日からの2ヶ月間。

すべての惑星が順行していて、物事がスムーズに流れていくことでしょう。

だからこそ、今日の山羊座新月に今年の目標や向かう方向性を決めると、明日からはとても良い滑り出しとなると思います。

特に今回の山羊座新月は、お仕事をされている方にとって、より自分自身にあったお仕事、キャリアを考察するには最高のタイミング。

転職や起業はもちろんですが、そこまで至らずとも、今の会社での仕事内容の変化、働き方の変化、自分自身の仕事に対するモチベーションの変化、あり方のスタンスの変化など、これまでと違ったワークスタイルにチェンジするのにうってつけです。

10分でも20分でも、少しでも良いので、自分自身の未来を思い浮かべながら、ワクワクする心の声を大事にし、可能であれば紙にも書き出し、目標と計画を立ててみてくださいませ。

それでは、皆様良い新月をお過ごしください。