スクリーンショット 2019-01-30 10.10.32

「太陽の家推奨品」と書かれた、お米二升も入る業務用保温ジャー。

これは、日本で酵素玄米ブームを引き起こした本家本元である「長岡式酵素玄米」の保温ジャーです。

IMG_3109

先日、講習会に参加して、我が家もようやく長岡式酵素玄米を取り組み始めました。

健康をテーマにしている2019年。

普段の食事内容も少し見直し、特に主食であるお米をより自分たちの身体に合ったものを選択する中で、食べる度に身体の調子が整う酵素玄米が気になっていました。

また、せっかく自然栽培でお米を自給しているので、それ(お米)だけで満たされる食生活だと理想であり、酵素玄米は、あらゆる面において自分たちの生活にはぴったりでした。

まず、酵素玄米だけでも十分な栄養とエネルギーを吸収することができ、酵素玄米食だと主食と副食の割合が7対3となります。

現代食は、おかず(副食)中心であり、おかず7割、ご飯3割で逆転していますが、これがご飯7割になると、身体も料理の支度もとても楽であり、質素なようでエネルギーが高い食事で心身ともに満腹感があります。

本当に身体が求める食事だと、毎日同じような食事内容でも飽きません。

実際、長岡式酵素玄米は、3歳以下の幼児がバクバク食べるとか。

そして、酵素玄米の特徴として

「腐らない」

というものがあります。

それも、腐らないどころか、時間が経てば経つほど、美味しく、栄養も高くなるという優れもの。

長岡式酵素玄米では、1度に一升炊きますが、炊きたてよりも3日以上の方が消化も良く、美味しく、健康への効果も大きくなるようです。

酵素の力が日々倍増して、1週間経つと酵素は百倍にもなっているとか。

10日以上も経つと、普通のお米は到底食べられたものではありませんが、酵素玄米だと逆に最高峰の状態であり、もはやクスリやサプリメントを超えるエナジー食となります。

玄米なのに、酵素玄米になると白米の半分の時間で消化。腸内環境を整えるのには、抜群の食事となります。

これがマズければ、ここまで普及することもなかったのでしょうが、酵素玄米は苦手な人もいるかもしれませんが、個人的には白米よりも玄米よりも好きな味と食感であり、赤飯好きの人であれば概ね好まれると思います。

もはや良いところばかりの酵素玄米ですが、長岡式酵素玄米となると、すべてがメリットだけではなく、多くの人が導入できなかったり、導入したけど続かなかったことに

「作るまで手間がかかり、道具を置くスペースもない」

という部分があります。

IMG_3101

我が家も、早速講義で習った通りのルールに沿って実践してますが、まずはお米そのものも、いきなり洗うのではなく、分量を測る前に、ダメになっている粒はないか、籾(もみ)やゴミは入っていないかを目視しながら除去する作業があります。

ある意味瞑想にもなり、好きな人には好きな作業ですが、苦手な人には苦手な作業。

仕事にしろ、家事にしろ、日々を忙しく生活している人にとったら、なかなかゆっくりお米と向き合う時間も取れません。

でも、実際に自分の体の中に入るお米。酵素玄米においても主役であり、こうしてお米の一粒一粒と向き合うと、なんとも言えない愛着や感謝の気持ちも湧いてきます。

まして、それが自分たちが栽培したお米になってくると、我が子のように愛おしい存在になってくるものです。

IMG_3103

こうして選別された玄米を、ステンレス製のザルにて、水の中でユサブリをかけ沈殿物、砂などの洗い抜きを行い、水を切ってから一升炊きの圧力鍋の内釜に入れます。

長岡式酵素玄米の特徴1つとして、手で玄米はさわらないことが鉄則であり、玄米に静電気がつくことを極力避けるように考えています。

逆に玄米にまとわりついている静電気を徹底的に分解することも大事にしており、サンナトリウムという専用の塩を炊く前に入れ、そして専用の泡立て器で右回転で3分間以上グルグル白くなるまで掻き回します。

ついつい、手の持つ微生物の力、放射エネルギーの力など、人の手が加わることがプラスになると思いがちですが、長岡式酵素玄米では、どちらかと言えば静電気が発生するというデメリットの部分を避けるため、あえて手を加えない調理法となっています。

そして、火にかけて放置ではなく、ここからも細かい火の管理が必要。

火加減が25分、13分、15分と調整が必要です。

何よりも、この最後の15分は、圧力鍋の回転も止まって、水分が無くなっているにも関わらず、そこに追い打ちをかけるように15分間も火にかけます。

「条件が揃うとパチッ、パチッっと釜の中が真空状態になりオーロラ現象が発生します」

「これで有機ゲルマニウムが生まれるのです」

講習会の時、何気なく説明にありましたが、この説明と実際の現象を見て、なぜに長岡式酵素玄米が他の酵素玄米とひと味もふた味も違うのか、なぜ、ここまで道具から調理法にまで徹底的にこだわっているのか、少しわかったような気がしました。

「これって錬金術・・・」

長岡式酵素玄米は、一見は普通の健康料理のように見えて、その調理法は現代版の錬金術です。

プラズマ(オーロラ)現象を人工的に発生させ、それによって原子転換を圧力鍋の中で引き起こしているとすれば、ここで言う「有機ゲルマニウム」の発生も決してトンデモ話ではなく、科学的に十分にあり得る話だと思います。

朝鮮ニンジンや霊芝(れいし)など、古代より生薬や漢方として利用されてきた薬草に微量含まれる有機ゲルマニウムは、純度が高いものは非常に高額取引されており、1g1000円ほどの価格も珍しくはありません。

それだけ貴重で健康や美容、アンチエイジングの世界でも注目されている有機ゲルマニウムが、なんとご飯を炊くだけで生み出せるとは、まさに錬金術の世界。

プラズマ現象は、事実上の「雷(神ナリ)」であり、円盤が飛ぶ原理にも応用されたり、古代でも未来でも必須のテクノロジーだけあって、既存の科学や常識では不可能ということも、いとも簡単に可能にしてしまう力があります。

「まさかプラズマを利用しているとは、、、おそるべし長岡式・・・」

ついつい、普通の目線で見てしまうと、専用道具も揃えるのは高いし、講習を聞かずとも、ネット情報だけで自分のやりやすい酵素玄米が作れたら良いと思ってしまいますが(自分もそう思ってました)、これがプラズマ現象となると話は別で、長岡式は、これを引き起こすために、道具も特殊に加工してあったり、事前準備もぬかりないように計算されています。

shinji_mainimg

長岡式酵素玄米は、医食同源・断食玄米菜食を指導していた秋田県の医師「長岡勝弥先生」が酵素玄米の炊き方を考えましたが、その背景には、ある1人の宗教家の助言があって完成したものと言われています。

それは高橋信次さんという方。

高橋信次さんと言えば、かの有名な宗教法人GLA創始者であります。

スクリーンショット 2019-01-30 12.53.15

会員数は5万人以上、全国から世界にまで幅広いネットワークを持っているGLA。

news_pi_44

実は八ヶ岳とも縁が深く、驚くべきことに、うちの農場の真裏が、このGLAの八ヶ岳研修施設となっています。

高橋信次さんは、かなり力を持った霊能者であったと噂は聞いてましたが、長岡式酵素玄米に関わっていたとは知らず、プラズマ現象にまで到達できたのも、高次元からの関与があれば納得でもあります。

スクリーンショット 2019-01-30 10.10.17

さて、火を止めてから約50分で一応は完成。

そして、手間暇問題ともう1つ、多くの人々が挫折する

「置く場所がない」

と言われるのが、冒頭でも登場した大型の業務用保温ジャー。

これで75度、きっちり保温して発酵熟成させるのがポイントのようです。

IMG_3108

もちろん、炊きたてでも絶品の酵素玄米。食べると、すぐにお腹が動き出すほど体感があります。

長岡式に限らず、基本的にはどの酵素玄米も良いものだとは思いますが、プラズマ(オーロラ)にまでこだわっているのは、長岡式酵素玄米だけかもしれません。

arai

今回、たまたま山梨県の甲府で講習があって参加しましたが、そこに来られたのは、新井郭之さんという、長岡先生から引き継ぎ、長岡式酵素玄米全国に普及されている第一人者の方でした。

「それにしても元気でスーッと軸も立っていて、頭の回転も早い人だな」

パッと見て、60代後半か70前後だと思い、その年代の人にしては、かなり元気な人だと思っていたら、まさかの新井さんは1938年生まれとのこと。

今年81歳ということになりますが、信じられないほど若々しい姿でした。

これは生き証人。長岡式酵素玄米を40年以上も続けていると、こうも元気で若いのかと驚かされます。

長岡式酵素玄米に興味ある人は、埼玉県の川越にある本部や全国各地で講習を行っていますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいませ。

太陽の家

講習料そのものは、無料や施設利用料で500円などであり、別に無理に道具を買わされたりなどの営業行為も一切ありません。

逆に講習を受けないと道具は買えないので、本格的に導入したい方は、講習を受ける必要があります。