21294271_1957011814578252_86160089690868

『神聖幾何学の夕べ』
立体神聖幾何学・立体フラワーオブライフ
光と影の形靈ショー

平面から立体へ 顕在意識から潜在意識へ
内なる立体世界への誘い

真理へ向けての対談と
聖なる音靈の響きの中で。

日時
2019年4月20日(土)16:30~20:00

出演者
滝沢泰平、トッチ、礒正仁、Hibiki Kanna

スクリーンショット 2019-02-25 15.52.37
スクリーンショット 2019-02-25 15.52.46


会場
池上實相寺(東京都)⇒アクセス

参加費
事前 10,800円(税込)
当日 13,000円(税込)

お申し込みはこちらから

立体の話題が続いてますが、とりあえず今回でひと段落。

先日、東京の実相寺にて立体新生幾何学をテーマにした「公開宇宙会議」のイベントがありましたが、次回は4月20日、同じく実相寺にて『神聖幾何学の夕べ』という第二弾イベントがあります。

前回は真昼間のセミナーでしたが、今回は“夕べ”というように、夕方から夜にかけてのタイミング。

立体の世界は、光と影によっても、新たな世界を感じることができるので、夕暮れ時の中、意識の変容が進むと同時に立体神聖幾何学の世界を存分に体感していただけたらと思います。

95ef3ac8

ドームハウスでも、何度か夜に立体神聖幾何学の世界へ入ったことがありますが、それはもう異次元の世界であり、より本質の世界。

潜在意識にダイレクトに響いてきますので、その後の日常がちょっと大変になるかもしれません。

それほど立体神聖幾何学は、頭で理解するというよりも、ハートや魂で本質を思い出す感じであり、一言で言えば

「アップデート」

という感覚になると思います。

正確には自分のコンピューターを本来のものに“戻す”のかもしれませんが、大事なタイミングだからこそ、ご縁あるメンバーで集って、夕暮れに集合意識を一緒にグッと引き上げていけたらと思います。

大事なタイミング、平成終了までカウントダウンが始まる4月20日。

この日を含めて、平成は残り10日で終了となります。

今回は礒さんとの対談なので、二人が知っている限りの今このタイミングがいかに宇宙的にも、裏の世界からも大事なのか、その辺を深く探求してお伝えできればと思います。

すでに始まっている天変地異もさることながら、いよいよリーマンショックの100倍、それ以上とも言われる金融崩壊の大波の兆候も出てきているようなので、そんな時代に向けての今後のあり方と生き方、そして人々の繋がりの大事さなども立体と交えてお伝えさせていただけたらと思います。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。