IMG_4105

なんとか超特急でイベント前に仕上がり、無事に納品されたDVD「美しき緑の星」。

5月1日の令和記念「日の本開闢」イベントから発売開始、翌日5月2日も同会場の無料イベントで販売、5月3日のわとわ祭り、またやつは実店舗でも5月3日から販売しております。

IMG_4107

インターネット販売は、5月中を予定していますが、5月連休中に八ヶ岳にお越しの際には、是非とも「美しき緑の星」のDVDをお土産にどうぞ。

何度見ても、その都度気づきのある本当に覚醒(切断!?)映画だと思います。

テレビに多くの人々が毒されていること、現代のお産に問題があることなどなど、よくよく見るとさりげなく現代社会の様々な問題も皮肉って表現していたり、一方でまた閉じてしまった第六感、テレパシー能力や透視能力のことにも触れたり、ほとんどのシチュエーションに深い深いメッセージが組み込まれています。

おそらく、見る人の段階によって響いてくるポイントも異なるように感じますので、今見て印象的だった場面と、早い人だと半年後に見た印象は異なり、数年先に見ると、また今とは全然違った部分に自分自身が大きく反応することに気づくと思います。

とはいえ、まだまだ真髄は非常に奥が深いメッセージが隠されてそうで、本当に自分の中では映画史上最高傑作といっても過言ではないほど、23年前の作品とは思えない、その意識レベルの高さに驚かされます。

5月1日に初めて映画で見る方も、久しぶりに見る方も、また今後にDVDで鑑賞する方も、是非ともお楽しみに。

スクリーンショット 2019-04-27 14.34.19

さて、いよいよ世の中は10連休のGWに入りました。
八ヶ岳にも県外からたくさんの人々が増えております。

GWの八ヶ岳イベント(1日〜3日)に参加される皆様も、少しずつ八ヶ岳入りが始まっています。

「せっかく八ヶ岳に来たらどこへ行ったよいか!?」

そんなこともよく聞かれます。

目的によってオススメ場所は様々ですが、いわゆるパワースポットを訪れたいと思う方であれば、とりあえず以下のスポットがオススメです。

f7773d1d

1. 大滝神社

27024f70

本殿ではなく、本殿左裏の丘の上にある磐座がポイント。ここには瀬織津姫が鎮座すると言われ、北海道から沖縄のシャーマンまで、様々な人々が神事に訪れております。また水が大変美味しく、病にも効くとか。

能楽殿-01_1754x920

2. 身曽岐神社

misogi03

日本一の屋外能楽殿を持つとも言われる、八ヶ岳はもちろん、山梨でも最大規模の神社。
ゆず神社としても知られ、二人組ユニットゆずの北川さんのお母様がオーナーであることでも有名です。白川神道の流れを引き継ぐ「とほかみえみため」の古神道の神社。

DQPnLMZUIAAyE5c

3. 八嶽(やつがたけ)神社

e7fd3cc0

やつはのある大泉町最大の神社。磐長姫を祀る神社であり、敷地内に大きな磐座が多数ある。

f70362ae917281e2673c294a34e8acf6

4. 天女山

八ヶ岳の真のパワースポットは里ではなく山にあり。
その中でも最大の霊地は、八ヶ岳連峰南麓のセンターに鎮座する霊峰「権現岳」。
その権現岳の入り口であり、遥拝できる古代祭祀場が天女山山頂。
太古の昔、八ヶ岳南麓には神々が年に一度に集まって会議をしており、その会議の後に天女山に住む天女たちに舞を奉仕させていたという伝説が残っております。
アクエリアスの時代、最も重要なパワースポットの1つ。山頂に環状列石の岩がいくつもあります。
山頂まで車で行けますが、11月下旬から4月下旬まで冬季閉鎖中。
ちょうど例年だとGWからゲート(岩戸)が開き、山頂まで車で行けるようになっています。
誰も人もいないマル秘スポットです。

IMG_4103

そして、ちょうど4月20日に「道の駅こぶちざわ」が全面的にリニューアルされてグランドオープンしました。

5月1日、2日の日の本開闢のイベント会場とも目と鼻の先。5月3日のわとわ祭りともすぐ近くです。

map

地元の農産物やお土産が盛りだくさん、食材にもこだわり、体に優しい天然酵母のパン屋さん、美味しいイタリアンやカフェなどなど、他にも足湯があったり、伊勢神宮と似た波動のパワースポットのお湯と言われる温泉もあったりと、かなり楽しめる施設になっています。

usaburo780

さて、最後にとても残念なお知らせ。

5月1日、2日と出演を予定していた「さとううさぶろうさん」ですが、拠点であるタイの親しい関係者の方がこのタイミングで亡くなってしまい、葬儀の関係でGWイベントへの参加ができなくなってしまいました。

うさぶろうさんの出演や出逢いを楽しみにしていた皆様には、大変申し訳ございません。

まだまだ当日まで何が起こるかわからないハプニングだらけですが、すべて必然の流れとして受け止め、委ね、平成から令和の時代を迎えていきたいと思います。