やつはTV(Vo.2)「ニギハヤヒの解放」長典男先生(ダイジェスト版) from YATSUHA on Vimeo.


やつはTV( Vo.2)「ニギハヤヒの解放」長典男先生
【内容】
▷ 伊勢神宮で本当に祀られているのは?
▷ 天皇祭祀「伯家神道」の真の役割とは?
▷ 平成最後に解き放たれたニギハヤヒの封印
▷ 元伊勢とヤマトヒメ、そして斎王とは?
▷ 神武天皇の九州平定と卑弥呼との戦い
▷ 大和朝廷と2つの王朝
▷ 女性天皇と女系天皇はまったく意味が違う
▷ 美しき緑の星はニギハヤヒが目指した世界だった!?
▷ 一度も戦わなかった女戦士ジャンヌダルク
▷ フリーメーソンの中枢であるフランスの今
▷ 神道にキリスト教、変わっていく世界の信仰


再生時間 77分
公開日 2019/05/24
音声 日本語
字幕 日本語

価格:3,000円(vimeoにて動画配信)




やつはTV( Vo.2)「ニギハヤヒの解放」長典男先生の配信ページはこちら


(本編を一部抜粋)

《滝沢》
それで話を戻ると、3500年前にニギハヤヒ。
出雲の王朝を統治していたリーダーがいたわけですが、
それを封印するために、ゆくゆく伊勢神宮内宮の話と繋がってくるのですね?



《長》
一番最初に抹殺してしまいました。
祟り神となってしまうと困るので、
それをオオモノヌシという名前で三輪山に祀りました。



《滝沢》
奈良の桜井市の三輪山に?



《長》
ただ、神として祀っても、都の側に置いておくのは不安ですよね。
遠ざけたいという、無意識の中の罪の意識が働いて
まず一番最初に移したのが、桧原神社の隣の
三気大神神社という
一切お参りをさせない神社がある



《滝沢》
一度、長さん達とも行きましたが、
異様な雰囲気のある神社でしたね。



《長》
裏参りしかさせない
表から一切中に入れないとう神社です。



《滝沢》
三輪山に最初封印した後、次に桧原神社の隣の三気大神神社に御霊を封印する?



《長》
それをした後、今度はそのままでも不安ということで、
そこからヤマトヒメの伝説が始まるんですね。
ヤマトヒメと呼ばれている
一番最初が、トヨスキイリヒメ。
皇女トヨスキイリヒメが、桧原神社に来て、
自分を宿り主として
三気大神神社からオオモノヌシ、
ニギハヤヒの魂を自分に降ろした。
それで宿り主として
そこから一番最初に連れていったのが、
籠神社。



《滝沢》
京都の奥の?



《長》
そこから元伊勢というのが始まっている。
だから、元伊勢の最初のスタートは
桧原神社なんですね。
そこが初めてで
その次は籠神社
そこから27箇所
主に向こうが多いんですけど
あの日本海側
そこで
元伊勢というものがあって
最終的にたどり着いたのが
いまの伊勢神宮内宮ということになってきます。



chou

長 典男(ちょう のりお)
中学3年の時、偶然立ち寄った護国寺で運命的に出会った僧侶に導かれ、和歌山県の高野山にて真言宗金剛峯寺派の在家僧侶として修行。
22歳まで活動したあと、還俗。
現在は自らの「見えないものを見る力」を生かし、人生相談や情報提供を行っている。

さて、いよいよ今日から「やつはTV(Vo.2)」の配信開始です。

是非とも今月の長典男さんのお話を楽しんで頂けたらと思います。

すべて字幕付きなので、電車の中などでもスマートフォンで音を消しても内容を把握できると思います。

やつはTV( Vo.2)「ニギハヤヒの解放」長典男先生の配信ページはこちら

ニギハヤヒの話題は、今に始まったことでなく、当ブログにおいては以前より度々取り上げていました。

そもそも、我が本籍は秋田県秋田市なのですが、秋田最大のパワースポットの1つである唐松神社は、日本の中ではニギハヤヒと非常に縁が深い神社です。

270f600b-s

ここは、代々「物部宮司」が神官を務めている神社であり、唐松神社には代々伝わる「物部文書」という古文書があって、日本で唯一ニギハヤヒの肖像画まで出てきた神社であります。

8cc06de7

真のアマテラスが祀られていると言われる伊雑宮。

そして男神アマテル(ニギハヤヒ)が祀られている古代ピラミッド皆神山。

物部文書にニギハヤヒ降臨伝説が残る唐松神社が繋がるレイラン。そして白山と富士山。

さらに、この中心に来る諏訪湖。

意識してニギハヤヒを追わずとも、自然と訪れる場所にニギハヤヒも関わっており、また同様に名前に出てくるのが空海様。

ニギハヤヒと空海。

一見、無関係のようで、これら二人の関係はとても密接に関わっています。

それは3500年前のヤマトと1200年前のヤマトの歴史。

早くから調和・統合の令和の時代を望んでいたリーダー達が、この国には存在していましたが、その夢は叶わず、想いは打ち砕かれた歴史があります。

3500年前のニギハヤヒの解放、そして次は1200年前の東北のエミシ達の鎮魂。

この件は、先週のメルマガに書いてあるので、こちらにも転載いたします。

長典男さんと、坂上玲子(さかのうえれいこ)さんのイベント。

是非ともご縁ある方々が集うことを願っております。

《“やつは”メールマガジン(No.406)》
( 令和元年5月17日 号 )

++++++++++++
ニギハヤヒの解放、
そしてエミシ鎮魂へ
++++++++++++


<前略>

今回は令和スタートということもあり、前回に続いて天皇家のことを中心に触れております。

特に「ニギハヤヒ」と現在の天皇家、日本という国の関わりについて。

「本来、伊勢神宮を内宮を天皇家は参拝してはいけません」
「あそこは天照大神ではなくニギハヤヒの御霊が封印されているから」
「天皇祭祀である伯家神道は封印のために存在している」

こんな話題から始まります。

そもそもニギハヤヒとは何者か。

それについても、過去の歴史を紐解きながら簡単に概要を説明しております。

実は個人的に、このニギハヤヒという存在は、我が人生の中に必ずと言っても良いほど付きまとうもの。

最初にニギハヤヒという存在を強く意識したのは、2013年6月に関西の六甲山へ出向いた際。

ここで瀬織津姫という縄文女神の磐座を参拝し、そこでホツマツタエという古文書から
瀬織津姫という皇后、そしてニギハヤヒという男神アマテル(天照)の存在を知り、
そこから行く先々にニギハヤヒという古代の神が関わってくるようになりました。

そして、忘れもしないのが、2014年11月15日と16日。

慣れない父子家庭で3歳の息子を引き連れながら全国、海外も飛び回っており、
台湾巡礼が終わった後、その足で直接向かったのは京都のKBSホール。

そう、明後日にも久しぶりに訪れますが、ステンドグラスが見事な京都御所前の特別なホール。

知人たちの大きなイベントにお招きされたので伺ったところ、
ここで久しぶりの関西の友人に出逢いました。

すると

「泰平さん、今回はいつまで関西に?明日もいますか?お連れしたいところがあります」

予定は特に決めておらず、息子の気分次第でそのまま八ヶ岳に帰っても良いし、
どこか旅に出ても良いと思っていました。

そこで翌日(11/16)のご案内をお任せしたところ、待ち合わせ場所は奈良県奈良市の学園前駅。

そこにある小さな神社

「大倭神宮(オオヤマトジングウ、オオヤマトカミノミヤ)」

という場所でした。

神社庁にも属さない、住宅街にひっそりと竹林の中にたたずむ異様な雰囲気の神社。

ただ入口の門には16菊花紋が描かれています。

「天皇家とも関係が深い場所?」

どこに何の目的で伺うのかあまり理解していなかったのですが、
そのメンバーは各地に舞や祈りの奉納などの巡礼をやっているメンバーであり、
その中に巫女のような霊能力を持った方がいて、その方とお会いした途端に言われたのが

「あなたには以前からニギハヤヒが一緒にいます。あなたの目はニギハヤヒの目であり、
あなたが人々を見つめることで目を通してニギハヤヒの愛を人々に伝えられます」

と。

ニギハヤヒというのは、あのホツマツタエにも出てくる古代縄文王?男神アマテル?

そして、この大倭神宮という謎の神社がニギハヤヒのお墓??

信じるも何も、わけもわからず参拝しましたが、
とにかく、その日は彩雲が出たり、丸十字が写し出されたり、
大気が動いて巨大の龍の顔が飛び出したり、本当に不思議な現象が多々起こりました。

その時の様子は、過去のブログで書いております。

cbc787d7-s

66156747-s


http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51902331.html

そして、これまた不思議な偶然であり、自分が奈良を訪れる前日に
平成天皇は奈良を訪れており、自分が奈良を訪れている間に京都を訪れたりと、ちょうど行き違っていました。

そんなこんなで、不思議な神社だと記憶していた大倭神宮ですが、
半年経たずして、なんとまた再びまったく別のご縁で訪れることに。

それは突然の連絡でありました。

2015年に入って早々、女官と呼ばれる、皇族関係者からの連絡。

そこで紹介されたのが、その後にセカンドステージという組織でご一緒させて頂いた
坂上玲子さん。

伝説の征夷大将軍、平安の武将「坂上田村麻呂」の直系であり、今でこそ少しオープンにされておりますが、
天皇家の方であります。

「なぜ、皇族関係の方が自分のところに??」

理由はさておき、日時をご指定の上で一度お会いしましょうという流れに。

女官の方に伝えられたのは、奈良県を中心としたいくつかの神社。

その中で自分がピンと来る場所でお会いしましょうと。

たくさんあった神社の中、なんとその1つに大倭神宮があったのでした。

「では、大倭神宮で」

ちょうど数ヶ月前に訪れた不思議な神社が、またシンクロして出てきたので、
迷わずそこで待ち合わせることに。

そして約束の日、ここで坂上玲子さんと初めてお会いしました。

「ここはクシナダヒメが埋められている場所」

出会って早々、坂上さんから伝えられたのは、今から3500年前のヤマトの物語。

それは血塗られた古代出雲王朝の真の歴史であり、今の天皇家にも関わる、
日本の王朝の原点に関わること。

そして、出雲王スサノヲと皇后であったクシナダヒメの三男であり、
初代統一王となったニギハヤヒの話がここでも。

やはり、自分の魂とも言える存在の繋がりの中に、
このニギハヤヒというエネルギーが非常に強く関係しているとのこと。

この大倭神宮を選ぶこともまた、ある意味必然のようなもの。

そこから3500年前のゆかりの地を巡る旅が始まりました。

あれから4年の歳月を経て、スサノヲ巡る一連の流れも1つの終止符を打つことになり、
ニギハヤヒの御霊の解放も終わって、そして今、日本は令和の時代を迎えました。

ニギハヤヒも今は母親であるクシナダヒメの側、大倭神宮内に埋葬されています。

そういった意味では、2014年に初めて大倭神宮を訪れた際に言われていたニギハヤヒの墓というのは、
正しかったようです。

セカンドステージでも自分の活動は、一昔前にひと段階しましたが、
ニギハヤヒという存在は自分にとっても、いつもすぐ側におり、今も変わらず関わっています。

そして、坂上さんとは、この3500年前の古代大和の時代の活動だけでなく、
今から1200年前の日本の大きな節目、桓武天皇の時代における活動もご一緒させていただきました。


34077e15

d3cb89d7-s

※参拝後、モレ&アテルイの首塚からシューシュー立ち昇る黒い雲

まさに征夷大将軍である坂上田村麻呂が活躍していた時代。

そして、縄文ルーツを継承する東北のエミシであるモレ、アテルイと大和朝廷の関係。

3500年前の次は、この1200年前のヤマトの国の大きなカルマの最終清算が必要となります。

調和の時代の一歩手前までやってきた中、最後の最後まで人を信じきれなかった桓武天皇による裏切り。

モレ、アテルイの惨殺の処刑に限らず、彼らを慕ってついてきた500人のエミシのメンバーが
京都の将軍塚で生き埋めとなる悲劇。

いよいよ令和の時代、大調和の時代を迎えた今、ここの魂たちとの鎮魂の祈りが大切な時となっております。

坂上田村麻呂直系であり、現在は再び皇族としての新たな立場で今生のミッションに努めている
坂上玲子さん、そして裏高野僧としての立場にいる長典男さん。

この2人と巡る、エミシ鎮魂の最後の神事の旅。

詳細は以下に講演会からツアーに至る情報が出ておりますので、
是非ともご縁ある御霊の皆様方にご参加いただけたらと思っています。

あいにく自分はイタリアに出ており、その地でも様々な儀式に参加する予定で、
遠方から日本の調和、世界の平和を祈っております。

-----------------------------------

【2019年6月15日】

神戸 坂上玲子×長典男 コラボ講演会 (セカステe+ 主催)

回を重ねるごとにご好評をいただいております「坂上玲子×長典男コラボ講演会」を神戸にて開催いたします。
今回はどのようなお話が飛び出すのでしょうか。
お二人のコラボでしか聞くことのできない多岐にわたる内容のお話をお楽しみください。

参加される皆様からの事前のご質問や講演内容のリクエストも承っていますので、お申し込みの際にお書き添えください。
※頂戴しましたご質問に全て回答することは時間の関係上難しく採用されないこともございますのでご了承くださいませ。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。


日 時:2019年6月15日(土) 13:30~16:30(13:10~受付開始)

場 所:神戸市教育会館 501 (神戸市中央区中山手通4町目10番5号)

参加費:5,500円 (お一人様分)
    ※当日に現金でお支払いくださいませ。
    ※全席自由席
    ※事前お申込み必要

お申込み:http://sekasuteplus.blog.fc2.com/blog-entry-63.html


----------------------------------

【2019年6月15日】

神戸 お夕食付 坂上玲子×長典男講演会(セカステe+主催)

コラボ講演会終了後に、お夕食付きのご参加人数限定講演会を開催いたします。
前回の坂上主催お夕食会にご参加くださいました皆様から、「次回もぜひ開催してください!」との嬉しいご要望を頂戴しましたので開催の運びとなりました。
今回もお食事を楽しみながら、お二人のコアなお話と雰囲気を満喫していただけますと嬉しく存じます。

皆様のお申し込みをお待ち申し上げております。

日 時:2019年6月15日(土) 17:30から2時間程度

場 所:神戸市内(詳しい場所はご参加される方へのみお知らせいたします。)

参加費:10000円
    ※当日に現金でお支払いくださいませ。
    ※先着順で受け付けいたします。(定員になり次第締め切りとさせていただきますのでお早めにお申し込みください。)
    ※お申し込みをキャンセルされる場合は必ずご一報ください。
    (6月13日以降にお申し込みをキャンセルされる場合は、参加費を全額お支払いいただくことになりますのでご了承のうえお申し込みください。)    

お申込み:http://sekasuteplus.blog.fc2.com/blog-entry-63.html



----------------------------------


令和元年6月16日(日)開催 (WA Planning主催)

『坂上玲子先生・長典男先生と行く東北の両雄を偲ぶツアー』のご案内

令和という元号に変わりその意味を深く思った時、私達には決して通り過ぎることのできない地があります。
枚方、牧野....そしてそこに導く和歌山の地。
時の帝、桓武天皇、東北の雄アテルイ、モレ、軍神坂上田村麻呂。
この歴史上の人物の運命が大きく交錯した関連各所を巡るツアーでございます。
関係者しか知り得ない又、古くからその家系にしか伝わっていない内容を含むこのツアーは
皆様の当たり前のこととしてご存知だった全てを覆す内容となっております。
歴史の闇に葬られたこの両雄の哀しみ、500人に及ぶ非業の死を迎えた兵士達の意識を今、光に帰る時がやってまいりました。
ツアーの性質上、中核になる方々の御参加しか叶わず、今回は最大でも24名の御参加募集となっております。
改元という大きなうねりの中、真の日本の開闢の最重要課題に両先生を迎え真摯に取り組んで参りたいと存じます。
縁あって坂上の家系に生まれた坂上玲子先生にしかわからない真実の内容を含みますので必要な意識の方々の御参加を心よりお待ち申し上げております。

≪開催日≫
令和元年6月16日(日)

≪ツアー行程≫
近鉄 橿原神宮前駅 9:00集合
  ↓
光三宝荒神社
  ↓(車中にて坂上玲子先生・長典男先生コラボプチ講演会)
  ↓
昼食(枚方市 レストラン西本)
  ↓
片埜神社
  ↓
枚方、牧野関連場所3ヶ所
  ↓
将軍塚
  ↓
JR京都駅 18:30 解散
 (解散時間につきましては予定時間とし当日の諸事情により時間が前後する場合があります。)

≪募集人数≫
定員24名
(最小催行人数15名)

≪参加費用≫
68000円
(税込、昼食代、保険代含む)

≪申込み締切日≫
令和元年5月31日(金)

お申し込み:https://hsym91.wixsite.com/waplanning/past01information