今でこそ八ヶ岳住人でありますが、もともとは群馬県人である長典男さん。

日本の都道府県の中でも、隠されたエリアの群馬県には多くの聖地があり、その1つが草津という場所。

今回のやつはTVのインタビュー動画では「草津白根」について語っています。

“草津”と聞くと、西日本の方は滋賀県の草津が思い浮かぶかもしれませんが、群馬の草津は関東圏どころか、日本全国の名湯1位か2位に君臨する超メジャー温泉地。

自然湧出量日本一を誇る豊富な湯量と、強力な殺菌力を持つ強酸性の湯が特徴です。

単純に地域が温泉観光に力を入れているだけでなく、とにかく泉質が抜群でファンの多い草津温泉は、
その地下から湧き出すマグマのエネルギーが非常に強く、エネルギッシュだから。

48adc_0000361999

その中心にあるのは、霊山となる草津白根山。

2018年に噴火し、草津温泉の観光業にも大打撃を与え、今もまだ警戒が続いていますが、生きている火山地帯は真のパワースポットそのもの。

そして、八ヶ岳エリアもそうですが、火山と縄文も密接な関係があり、草津をはじめとする群馬エリアも、八ヶ岳とは兄弟や親戚のような縄文文明の中心地域です。

火山エネルギーは、第一チャクラとも連動しており、現代人の多くが第一チャクラのエネルギー不足とも言われ、そのチャージにはぴったりのリトリート地である群馬県の草津。

8月下旬(8/29-31)に、この草津白根の麓にある無農薬トゥルシー畑にて、ヨガリトリート合宿を企画中です。

詳細が決まったら、またご案内いたします。

また6月下旬は、フリーメイトメンバーによる草津リトリート合宿も募集中ですが、女性参加者は満席のものの、相変わらずの男性参加者が不足となっているようです。

フリーメイトメンバーの男性の皆様、是非とも草津合宿へ。

火山エネルギーは「動」のエネルギーにスイッチが入り、今後の人生の新たな活動の一歩を踏み出すきっかけにもなるかもしれません。