スクリーンショット 2019-06-24 11.57.08

陽が極まり、陰へと向かう夏至明け最初の日は、ドームハウスにて治療家でありアーティストのNAOさんのうたた寝LIVE。

NAOさんと出逢ったのは、2013年7月25日のマヤの時間を外した日。

銀河元年幕開けのイベントが7月26日に大阪であり、その前夜祭パーティーが初対面でした。

「亡くなった親友にそっくり」

ということから、声をかけて頂き、それ以来親しくさせてもらって、ドームハウスでのLIVEも3度目となります。

スクリーンショット 2019-06-24 11.58.07

多種多様の見たことも聞いたこともない楽器を見事に使いこなし、毎年腕をあげるNAOさんの音、響き。

音のシャワーを浴びて、ドームハウスが喜んでいるのを強く感じました。

スクリーンショット 2019-06-24 11.59.34

さらに治療の専門家でもあって、この時期に必要な経絡のツボなどのワンポイントアドバイスが演奏の合間に入るのも、NAOさんならでは。

スクリーンショット 2019-06-24 12.01.40

とっても仲良しな奥様とのコラボもバッチリ決まってました。

音楽LIVEとなると、ついつい気持ち良くて眠たくなるのを我慢しながら演奏を聴くという辛い場面もありますが、NAOさんのライブは基本寝ながら聴くというスタンスなので、後半は全員がドームハウスに寝そべって爆睡LIVE。

それぞれの寝息とのハーモニーもまた、LIVEの醍醐味・・・。

夏至を抜けて、うたた寝LIVEでスッキリ今年後半を歩んでいけそうです。



[プロモーション動画]


[CD販売ページ]
Tititea / NAO

007

002