映画「美しき緑の星」
コリーヌ・セロー監督インタビュー(最終メッセージ)


《Q .なぜ、女性が重要なのか?》


だから、すべて社会でこのおかしいことは
独占主義だったり不公平だったりするものは
家父長制みたいな
社会の伝統や背景から来ているものです

父系社会

子供だったり女性の身体だったりが
男性たちに所有されている
そういう構造が生んでいるものです

その構造が変わっていかない限り
世の中の不公平
不正というものは変わらない

だから変わっていきたいと本当に思うなら
行動を起こすなら
抑圧されている側が、やはり立ち上がって
もうこれ以上、抑圧の思うままに
なるのではなく
立ち上がって引っ張っていって欲しい

人口の52%が女性です
だから女性のことをマイノリティ(少数派)だとか
そういう捉え方をする見方自体が間違っています

女性はむしろ世界のマジョリティ(多数派)であります

同じように弱い立場にいる人たち
過酷な労働をする人たちや農業に従事する人たち
そういった民衆の人たちが
そういう辛い立場にいる人たちが
さらに弱い存在を見つけるために
その世界の中で女性を抑圧している
という現実があると思います

自分は苦しんだからそうする権利があるみたいな
考え方になってしまう

根っこにはそういう構造があることに気づいて
根元から変えていって欲しい

そのために立ちがって欲しい

それはもちろん、男性に対抗する
何か男性に向かって歯向かって行くとか
攻撃するという意味合いではありません

なぜなら、そういう社会にいて男性も
男性自身が苦しんでいるからです   

そこには調和がなくて
この社会の中で違う役割を
するのだとすれば、そこに違いがあるというだけで
ただ、それを調和の中で
やるという生き方を選ぶだけです

だから、自由のある社会で
例えば女性が常に経済的に
誰か男性に頼らなければ
依存しなければならないという、その環境が
それは女性が働いても
低い賃金でなければならないとするならば
母性、子供を産む女性の立場が
フルに、そこを自由にあるってことはありえない

だから、やっぱりもう一回言いたいのは
誰かが悪いとか
男性が罪深いとか
そういうことではなくて
こういう生き方をした方が
より喜びがある、幸せになれるよねっていう
やり方をもう、始めていこう

女性がやってきた
この世でのサービス、奉仕というのは
子供を生み出すことであったり
セクシャリティにおけるサービス
料理を作る
愛情を与える
母性、その母親としてのサービス

それが
まるで、この社会で大したことのない
仕事であるかのような
位置付けにもなって
社会の中で、それこそもっと敬意を
抱かれて
社会の中心の役割だって
みなされるようなものであって欲しい

今だったら旦那さんが
奥さんに尽くしてもらって当たり前
みたいなものではなくて

世界の半分がそうやって
苦しんでいる、我慢している中で
世界全体が幸せになることは
ありえない

それは変わらなくてはならない

実際に少しずつ変わってきていることも事実

だけれども、変えようとする時に
それを抑えつける
変わって欲しくないという勢力も確かにあるから
困難な取り組みである

でも、その社会が本当に変わっていったら
男性ももっと自由になって幸せになれます


コリーヌ・セロー

23年前のフランス映画「美しき緑の星」の脚本家で映画監督でもあり、また自ら主演を務めたコリーヌ・セロー監督(71歳)。

来日インタビューの最終メッセージは、世界中の女性に是非ともご覧いただきたいメッセージ。


「人口の52%が女性です
だから女性のことをマイノリティ(少数派)だとか
そういう捉え方をする見方自体が間違っています
女性はむしろ世界のマジョリティ(多数派)であります」


「世界の半分がそうやって
苦しんでいる、我慢している中で
世界全体が幸せになることは
ありえない
それは変わらなくてはならない」


スクリーンショット 2019-07-09 11.41.26

数多くを語っているわけでもありませんが、一言ひとことがとても深く、自ら女性でありながら母親(映画のミラの子供達は実の子)でもあり、主婦でもあり、その視点から感じる今の男性性社会から調和の世界を目指すために、女性が立ち上がることを伝えています。

「でも、その社会が本当に変わっていったら
男性ももっと自由になって幸せになれます」


女性を救うというよりも、男性を救うために女性の力が必要であると締めくくり・・・。

男性も女性も子供も、皆が傷ついている社会を変えていこうと。

セロー監督は、常々“集団の持つ力”について語っていました。

1人の力は決して大きくはないけど、世界を変えていけるのは1人ひとりでもあり、そして皆が同じ方向性を向いて繋がった時には「革命」を起こすほど大きな力になると。

だからと言って、暴力的な革命のことではなく、身近なところでは映画にも出てくる「ボイコット(不買運動)」などの行動も重要だと力説していました。

日本人はどちらかといえば、フランスに比べたらおとなしい国民性であり、特に女性に至っては古くからはおしとやかなイメージが強く、権力に対しても抑圧されてしまいがちであったかかもしれません(今は少し違ってきているかもしれませんが)。

でも、これ以上は我慢できない、ここぞという時には立ち上がり、行動することも必要となる場合があるとセロー監督は伝えています。

女性が救われないと男性も救われない。

だから男性は“女性を救う”というとおこがましいですが、女性を中心に家庭も社会も構築して運営していくと、結果的に男性にとっても調和的な世界になっていくのだと思います。

女性が中心というのは、すべてのリーダーを女性にするというのではなく、概念としての中心であり、男女それぞに合った立場や役割を継続しながらも、これまでのピラミッド社会から和と輪のまあるい社会へと移行することを意味しているのだと思います。

セロー監督とは来日の6日間、ほとんどの時間一緒にいましたが、これほど愛そのものの塊である人には出逢ったことがないほど、言葉にはできない本当に素晴らしい人格者でありました。

是非ともリアル“ミラ”による、日本人、そして世界の女性へと向けたメッセージを多くの必要とされる方々に届くことを願っております。

このメッセージもまた、多くの人々の“接続解除(切断)”を促すものだと思います。

IMG_4433

DVD「美しき緑の星(日本語字幕版)」も、おかげさまで重版となって、パッケージもより素敵なデザインに切り替わりました。

DVD美しき緑の星 日本語字幕版

そして、自主上映会も募集開始から多くのお問い合わせがあり、着々と全国各地で開催日程が確定してきております。

スクリーンショット 2019-07-05 12.10.10

《 美しき緑の星上映会スケジュール 》
ーーーーーーーーーーーー
7月 28日 (日曜日)
ーーーーーーーーーーーー
ESSENCE963  沖縄県

日時:2019年 7月 28日 (日曜日)
会場名 :ESSENCE963
会場住所 :〒901-2223
      沖縄県宜野湾市大山2丁目27-2
座席数:20席
上映会時間:18:00~20:00
参加費:2000円
予約方法
・Facebook 
物販:会場でのDVD販売を行います。
主催:吉永 薫

ーーーーーーーーーーーー
アミューあつぎ5階504  神奈川県

日時:2019年 7月 28日 (日曜日)
会場名 :アミューあつぎ5階504
会場住所 :〒243-0018
神奈川県厚木市中町2-12-15
座席数:18席
上映会時間 :18:00~21:00
参加費:2000円
主催:小さな映画上映会事務局


ーーーーーーーーーーーー
8月 3日 (土曜日)
ーーーーーーーーーーーー
ハートインタッチヒーリングセンター 愛媛県

日時:2019年 8月 3日 (土曜日)
会場名 :ハートインタッチヒーリングセンター
会場住所 :〒799-2430
      愛媛県松山市北条辻1265-2
座席数:40席
上映会時間:19:30開場 20:00開演~21:30終了
参加費:500円
予約方法
・WEB https://www.reservestock.jp/page/association_members/4419
・Facebook https://www.facebook.com/HITcharacterogy/
物販:会場でのDVD販売を行います。
主催:HITキャラクトロジー心理学協会
HP:https://www.reservestock.jp/page/association_members/4419


ーーーーーーーーーーーー
8月 8日 (木曜日)
ーーーーーーーーーーーー
妙見寺 群馬県

日時:2019年 8月 8日 (木曜日)
会場名 :妙見寺
会場住所 :〒370-0112
     群馬県伊勢崎市境西今井318
座席数:30席
上映会時間:10:30~12:30
参加費:2000円
予約方法
・電話 090-4524-8368
物販:会場でのDVD販売を行います。

【コメント】
いま多くの方が2019年に入り
内側からの声に従い、ご自分本来の道に向かい始める方がたくさんいます。

オセロが急速な早さでいま世界的にも
ひっくりかえって世界は確実に素晴らしい方向へと転換しています。

この映画はその転換への
『きっかけとなるスイッチ』だと主催者は感じております。

より多くの方に、より楽しいかたちで
観るだけであなたの中の何かが流れはじめる。

素晴らしい映画です。

ぜひこの映画をみなさんと感じられたらと
思います。楽しみにしています。

主催:大河原 律子


ーーーーーーーーーーーー
8月 15日 (木曜日)
ーーーーーーーーーーーー
Konjiki no Hane'  熊本県

日時:2019年 8月 15日 (木曜日)
会場名 :Konjiki no Hane'
会場住所 :〒862-0906
     熊本県熊本市東区広木町29-32--201
座席数:15席
上映会時間 二部制となります。
    1部 10:00~
    2部 15:00~
参加費:1000円
予約方法
・電話 090-1920-2992
・メール micaco0617@icloud.com
・Facebook https://www.facebook.com/Konjiki-no-Hane-381354412341723/
物販:会場でのDVD販売を行います。
主催:Konjiki no Hane' ~コンジキノハネ~
HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/micaco


ーーーーーーーーーーーー
8月 17日 (土曜日)
ーーーーーーーーーーーー
東京ビッグサイト 東京都

日時:2019年 8月 17日 (土曜日)
会場名 :東京ビッグサイト 癒しフェア東京会場内
会場住所 :〒135 - 0063
東京都 江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト
座席数:200席(予定)
上映会時間 :10:00~12:30
参加費:3000円
予約:https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=2542
主催:株式会社エルアウラ


ーーーーーーーーーーーー
8月 18日 (日曜日)
ーーーーーーーーーーーー
『Studio MUSUBI』 東京都

日時:2019年 8月 18日 (日曜日)
★開催日・上映スケジュール
8月18日(日)
①10:00~12:30(受付開始9:30)
②15:00~17:30(受付開始14:30)
※小学生未満のお子さまのご入場は、午前の部のみとなります。
上映会の後は、お茶会をしながら映画の感想をシェアしていただければと思います。

★参加費
大人:1,800円
小・中・高校生:1,000円
小学生未満:無料

★定員人数
各会:18人

★会場名
『Studio MUSUBI』
〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町54-1
東京セントラル代々木201

【ご案内とご注意事項】
※事前にご予約ください。
※当日現金にてお支払いください。
※小学生未満のお子さまのご入場は、午前の部のみとなります。

★申し込み方法
メールまたは、ホームページの問い合わせフォームからお申し込みください。

メール : musubi.yoyaku@gmail.com
ホームページ : https://studio-musubi0.jp/form.php
物販:会場でのDVD販売を行います。
主催:手塚 崇貴


ーーーーーーーーーーーー
8月 20日 (火曜日)
ーーーーーーーーーーーー
札幌プラザ25  北海道

日時:2019年 8月 20日 (火曜日)
会場名 :札幌プラザ25
会場URL:http://spplaza25.com/
会場住所 :〒 060-0062
北海道 札幌市中央区南二条西5丁目 狸小路5丁目アーケード内
座席数:376席(小学生以下無料)
上映会時間 :18:30~21:00
参加費:2000円
予約:http://yatsuha.com/
電話:0800-8004-828
メール:info@yatsuha.com
主催:やつは株式会社


ーーーーーーーーーーーー
9月 23日 (月曜日)
ーーーーーーーーーーーー
豊科交流学習センター きぼう 長野県

日時:2019年 9月 23日 (月曜日)
会場名 :豊科交流学習センター きぼう
会場住所 :〒399-8205
   長野県安曇野市豊科5609-3
座席数:100席
上映会時間:13:00~17:00
※映画の上映会の後に、1時間ほど「自然のルール通りに。」という本の著者であるkoji-kinさんのお話会を開催します。
参加費:1500円
予約方法
・電話 090-9357-2158
・メール 1019mametarou@gmail.com
コメント:
美しい自然に囲まれた
信州安曇野の地で上映会を開催します。

みんなで一緒に映画を鑑賞して、
人としての姿を思い出せたらと思います。

観たことがある人も、ない人にとっても
様々な気付きのある日になればと願います。
主催:林 緑

ーーーーーーーーーーーー


是非ともお近くで上映会があれば、参加頂きたいと思いますし、DVDさえ持っていれば、誰でも上映会は開催できるので、まだまだ各地で上映会は募集していきたいと思います。

上映会お申込みフォーム

参考記事:映画「美しき緑の星」自主上映会の主催者募集中!

ただし、大変ありがたいことに、滝沢の講演セットのお問い合わせも多数頂いているのですが、実は年内の週末の予定はほとんど埋まっていることもあり、また身が一つのため、平日でもとてもすべての上映会には足を運べそうにもありません。

気軽にお声がけくださいと言っておきながら恐縮ですが、さすがに10名、20名の上映会では、どう考えても主催者が赤字になってしまうので、小規模の上映会に関しては、近くに出張していた場合などに可能な限り足を運ぶようにし、基本的には大型上映会(100名以上)を優先的に出張プランは考えていけたらと思っています。

とはいえ、年内はなかなか予定を調整しづらく、さらに来年についても冬季は海外出張などが入る可能性もあって、現時点では来年の予定が立てられません。

なので、大変申し訳ありませんが、まずは滝沢抜きの上映会であれば、細かいスケジュール調整のやり取りなどせずに、すぐに上映会の開催が進みますので、まずは上映ベースのイベント中心にご検討いただけたらと思います。

ご覧のように、上映料金も500円から数千円まで様々です。

1人の来場につき300円だけ手数料を戴いておりますので、値段設定は良いように決めてくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。


コリーヌ・セロー監督 人類を目覚めさせる映画「美しき緑の星」【アネモネ2019年7月号取材動画】