IMG_4464

7月の連休最終日は、画家のはせくらみゆきさんの全国個展ツアー2019の東京会場最終日へ。

IMG_4471

述べ2000人が訪れたという、5月末から始まったみゆきさんの全国個展も最終日ということもあって、朝から大勢の人が会場に訪れていました。

IMG_4472

毎年カレンダーでお世話になっているだけでなく、八ヶ岳ドームハウスや事務所には、いくつかはせくらさんの版画はありますが、それらも大変素晴らしいものの、やはり原画の持つエネルギーは格別です。

見る絵によって、受け取るエネルギー、感情の変化、インスピレーションも違い、まさに心や意識のアートセラピーでありました。

スクリーンショット 2019-07-18 21.29.27

そんな原画作品が数多ある中、また一際目立っていたのが、この6つの特殊な原画。

マリア観音と呼ばれるマリア様とガーディアンエンジェルと呼ばれる天使達。

亡くなられた長崎の神父さんが手彫りで掘ったマリア像があり、それがはせくらさんの手元に渡ると夢枕にマリア様が現れ、いよいよ時が来たから、これから人々の内側に入り、一心同体となって歩んで行くとのメッセージ。

その後、キャンパスを見ると浮かび上がってくるイメージがあり、それをそのまま描いたのが、このマリア観音様やガーディアンエンジェル。



マリア観音と天使(はせくらみゆき全国個展ツアー2019)
(説明:はせくらみゆきさん)
この人たちというのは
天のどこか遠くへいる人達ではなくて
私たちの中にいるものを
表に出したものです

もともとは
長崎の亡くなられた
神父様が作られた手彫りのマリア様を
ある不思議なご縁で頂くことになりました

それを枕元に置いて寝たら
いよいよこれから大きく変わる時
私は人々のその内に入って
そこから共に立ち働きます

子孫と地域と日本と地球を守っていきます

と言って
これはマリア様というよりも
“マリア観音”なんですね

「観音様とマリア様の合体」で

そこにいる天使さん達なんです
ガーディアンエンジェルです

顔がないのはなぜかというと
その時々によってどんどん
エネルギーが変わるからなんですね

その中で顔があるのもあるんですけど
この顔の時は私全然意識ないんですよ

夢を見てお家に帰って
キャンパスを見た途端に
うわーって上がってきて
その見えるものに描いた
そんな作品なんですが

でもやっぱり強くって
そこに合わせるのが大変だったんですね
周波数を

それでこのキラキラしているベースに
何があるっていうと
水晶がいっぱい入っています

そしてモデリングペーストていう中で
練りこみながら
あとは色々な鉱物を入れて

それでもなんかおさまらないなって思って
最後に銀座一丁目の田中貴金属に行ってきて

そこの24Kの金箔を買ってきたんですよ

金運も良いかもしれないですけど(笑)

それを練りこんだらピタッとおさまった
というか居てくれた

こちらの方は結構和風なんですよ
これは東京分のマリア様
マリア観音とエンジェル達なので
いよいよ立ち働くということで
初めて原画を手放す決意をして

札幌、大阪、福岡、東京
という風にやりました

この原画、手に入るものならと、とても気になっていましたが、あっという間に行くべきところへお嫁入りとなったそうです。

それもまた不思議なところというか、とんでもないところへ次々に。

まさに上の計らいとも言える展開であり、このマリア観音様のエネルギーが、この日本、地球に必要とされているようです。

IMG_4483

そして、今回の個展で何と言っても注目は、個展テーマでもある「新生」と同じ名前が付けられた新生という作品。


はせくらさんの説明にもあるように、実はこの新生の絵は、どちらも「龍」を描いているものであります。

赤い龍と青い龍の陰陽。

もともとバラバラだった2つの絵ですが、時代は統合の時代、今回は特別に1つの額に2つの陰陽の龍が入ったスペシャル版の版画。

原画に使われている素材もまた特殊なもの。

龍だけにエネルギーが動いておさまらない絵だったようですが、それがミャンマーのお坊さんから届いた伝説の「ゴールデンロック」の金箔を練りこんだら、見事におさまったとか。

28802-PzR05QWQbThH4DgeyppA_lrg

このゴールデンロック、巨大地震が起こった際に誰もが落っこちたと思ったら、なんと30cmほど空中浮遊していた巨石として有名であるそうです(揺れが収まったら自然に着地)。

それが故に神聖な巨石として崇められ、金箔が貼られるようになり、その金箔が不思議とはせくらさんのもとへ届き、この新生のアートに使われるという流れに。

我が家にも、事務所にも、この新生アートはありますが、壁にかけた途端に建物どころか、敷地全体の周波数が変わるほど、強烈でエネルギーの高い龍の絵でありました。

この陰陽両方が1つのセットになった特別版画、まだ以下より数量限定で販売されていますので、是非との身近な場所に統合された2つの龍をどうぞ。

0000000004832_hBFmiTR

【限定369作品】新生

0000000004802_37fzKfy

また、5月1日の令和記念に開催した「日の本開闢イベント」のテーマにもなった「日の本開闢」も展示されていました。

平成で新生の陰陽の龍が統合され、その次には、この「日の本開闢」の世界へと繋がっていくようです。

こちらはお手頃価格の版画が、これまた数量限定で提供されていますので、気になる方は、是非ともお手元にどうぞ。

【限定369作品】日の本開闢