share2-1

『天気の子』
INTRODUCTION

今や、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠。
叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“ 新海ワールド” は、
国内外問わず多くの人々に支持され、生み出された作品は高く評価されてきた。
そして、前作『君の名は。』から3年―
待望の最新作が、ついに始動する。

スクリーンショット 2019-07-20 6.19.21

新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。
東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。
声の出演として、主人公・帆高に醍醐虎汰朗、ヒロイン・陽菜に森七菜が決定。2000人を超えるオーディションの中から選ばれた二人の声に大きな注目が集まる。更には、本田翼、倍賞千恵子、小栗旬ら、まさに豪華キャスティングが実現。
そして、主題歌「愛にできることはまだあるかい」を始め、劇中全ての音楽を担当するのはRADWIMPS。今作での新たなチャレンジとして、心の機微を神秘的に歌い上げるアーティスト・三浦透子をボーカルに迎え、複数の楽曲を制作。共に紡がれた、その“詩”は、新海ワールドに、より大きな感動をもたらした。

スクリーンショット 2019-07-20 6.19.30


STORY

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

昨日に封切りとなった新海誠監督の最新作『天気の子』を観てきました。

前作『君の名は。』は、 興行収入250億円を記録して国内興行収入歴代4位を記録しただけに、今回の『天気の子』への期待は、純粋なアニメファンだけでなく、様々な人々から大きく期待された作品だったと思います。

特に『君の名は。』においては、明らかに表向きの意図とは別に、あらゆる面において複合的な裏要素がてんこ盛りだっただけに、スピリチュアルなことに関心のある人からも大きく支持されたアニメ映画でした。

アニメもまた、どの視点から見るかによって、受け取る印象は大きく変わってくるもの。

『君の名は。』も、表面的なストーリーだけ受け取れば、時間軸を飛び越えた男女のラブストーリーですが、主題歌の「前前前世」の歌詞の通り、これは現代のタイムラインだけでなく、今生さえも飛び越えた過去生からの魂の繋がりのある男女のラブストーリーとも受け取れます。

このブログでは、日本で『君の名は。』が公開されて以来、独断偏見で勝手に映画に隠されたメッセージの読み解きをやってきました。

映画『君の名は。』の糸守町は八ヶ岳の麓の小海町がモデル

この作品の産みの親である新海誠監督は、ここ八ヶ岳の東麓である長野県小海町で生まれ育っており、映画『君の名は。』に登場する架空の町の糸守町は、この小海町がモデルの核となっています。

映画『君の名は。』の舞台は諏訪湖?物語のモデルは大阪の交野の歴史?

実際の街並みのモデルは、同じ長野県の八ヶ岳を挟んで反対側にある諏訪湖周辺がモデルとなっていますが、映画にも出てくる「糸守湖」の原点は、小海町にある松原湖であり、この松原湖には諏訪大社と同じ上社と下社の2つの諏訪神社があって、御柱祭まで同じようにやっているミニ諏訪湖・ミニ諏訪大社となっています。

また新海誠監督が青春時代を過ごした長野県佐久市には、監督の名前の由来と映画の神社のモデルにもなった「新海三社神社」があり、そして隕石の落下のモデルは、大阪交野で実際に起こった出来事が関係している可能性が高くなっています。

前前前世からのスピリットメイトの出会いを描いた映画『君の名は。』

そして、映画のストーリーについては、自分自身の分身とも言える最愛のパートナー「スピリットメイト」を描いた内容であり、そのモデルとしては、2000年前のスピリットメイトであったイエス・キリストとマグダラのマリアが深く関与しているものと思われます。

映画『君の名は。』と瀬織津姫

さらにマグダラのマリアの真実が明らかになっている昨今、同じグループソウルと言われる日本の女神「瀬織津姫」までもが、この映画の隠れキーワードとなって絡んでおり、世界的な大ヒット映画の裏には、様々なスピリチュアル要素がふんだんに組み込まれています。

では、新作『天気の子』には、どんなメッセージやキーワードが隠されているのか。

ここから先は、これから映画を観る方にとって思い込みを与えてしまう可能性もあるため、まったく余計な情報を入れずに映画を純粋に楽しみたい方は、とりあえず映画をご覧になった後にご一読いただけたらと思います。

IMG_4485

まず、スピリチュアルな視点からも前作が凄まじかっただけに、ハードルが上がりに上がった『天気の子』ですが、映画を観終わったばかりの感想としては

「さすが!」

「お見事!」

というもの。

アニメのクオリティそのものを含めて、単純に『君の名は。』と比較できるものではありませんが、目には見えない要素からのメッセージを考えると、今回もまた恐ろしいほど今、このタイミングに必要な“あちらの世界”からの情報がてんこ盛りであります。

詳細は、またいくつかの記事に分けてお知らせできればと思いますが、まず始まって最初に感じ、最後まで感じ続けたキーワードは、何と言っても

「瀬織津姫(せおりつひめ)」

であります。

5ae5f1e1-s

六甲山の奥に、その御神体やお墓とも言われる巨大磐座のある太古の女神で

「水の女神」

の瀬織津姫。

「桜の女神」

としても知られ、富士山の女神であり、一般的に桜の女神と言われる木花咲耶姫は、この瀬織津姫を隠すための存在とも言われています(今回もまた映画の中に出てくる桜のシーンに注目)。

“天気の子”というタイトル通り、これは天気を変えられる不思議な能力を持った少女の物語。

天気も様々ですが、天気は地上から太陽が出るわけでもなく、地上から雨が降ってくるのではなく、言葉通り天から起こる現象、神と呼ばれる存在の成す仕組み。

龍神系の女性は雨女、稲荷系の女性は晴れ女。

そんな言葉も映画の中では出てきますが、大きくテーマは

「晴れ」と「雨」の2つの天気に関わるものであり、これは見方を変えれば「晴れ(太陽=火)」と「雨(水)」の陰陽関係のこと。

火と水の「火水(かみ)」であり、それをまた男と女の男女の陰陽で上手に表現しております。

本編には出てきませんが、稲荷は「INRI」というキリストの十字架に書かれた言葉からも、稲荷系は晴れ女だけでなくイエス・キリストとの関係もあり、龍神で雨といえば、水の女神である瀬織津姫そのもの、白龍との関係があります。

d9d762d7-s

瀬織津姫といえば、ある古代の王のお妃としても知られていますが、それは男神アマテラスと言われた太陽神アマテル(天照)“ニギハヤヒ”とのパートナーシップ。

アマテルニギハヤヒは、イエス・キリストの同じグループソウルの分霊とも言われ、どちらも太陽神とも関係してきますが、何れにしても、今このタイミングの日本、および世界においてキーワードとなっているのが、救世主の再臨というもの。

海外でいえば、それはイエス・キリストの再臨、日本で言えば、それは本当の天照の再臨であり、これまで片手落ちだった神が陰陽統合され、本来のあるべき形となって世に出てくると。

日本の核となる天皇家、その先祖ともなる女神アマテラスの存在そのものを否定するつもりはありませんが、失われた男神アマテル(ニギハヤヒ)を無視した状態で、統合の新時代は切り開けず、そのためには日本に隠された神々が表に出てくる必要もあります。

奈良の三輪山に祀られた、朝廷にとっての最大の祟り神であり、時が来るまで封印しなければならなかった太陽神ニギハヤヒ。

元伊勢という名において、依り代(神を降臨させる容れ物)となる大巫女ヤマトヒメに太陽神を降臨させ、日本各地を巡り、最後に伊勢の地に鎮座させたヤマトヒメもまた瀬織津姫という名の巫女であったとか。

封じられた太陽神という神の妻の役割となる大巫女、その名も斎王(さいおう)。

難しい話にはなりますが、いつしか日本は太陽神は女神という位置付けでありましたが、古代は男神であり、その男神の太陽神は封じられ、そのために女性の巫女がある意味生贄のように遣われてきた過去があるようです。

ずっと太陽神(火)を封印させられてきた女神、瀬織津姫は本来は陰陽真逆の水の女神であり、その役割を終え、本来の姿、立ち位置、ミッションに戻るタイミング。

「パキンッ」

映画の中でも、その象徴となる封印が解かれた場面が描かれていると思いますが、晴れ女は本当は雨女であり、男女統合、陰陽統合の時代の今、神々も本来の役割に戻っていく時であります。

そして再臨する真のアマテラスもまた男神アマテルと女神セオリツヒメとの統合した存在であることも。

他にも、物語の登場人物の1人である「スガさん」という方は、スガというのはスサノヲのことであり、また天との契約の地の舞台は、東京の代々木のビルの上の鳥居という設定も気になるところ。

代々木には、代々木八幡宮があり、ここにはククリヒメ様が祀られていますが、ククリヒメもまた瀬織津姫の裏の顔とも。

そして、映画を観た方は東京の景色の中でオリンピックスタジアム(新国立競技場)が目に入ると思います。

でも、物語の後半の東京の世界は・・・続きは本編をお楽しみくださいませ。

ということで、まだまだたくさん秘密が隠されていると思われる『天気の子』。

『君の名は。』との繋がりというか、ある意味続編の要素もあるので、そんなところも是非楽しんでくださいませ。