green-表

green-裏

映画「美しき緑の星」上映会&滝沢泰平氏「アースリングコミュニティー」講演会と懇親会
フランス映画界の巨匠 コリーヌ・セロー監督が自ら主演されている宇宙から見た地球という惑星の世界「美しき緑の星」の上映会と コリーヌ・セロー監督から日本への上映を託された 月間100万アクセスのWABサイト「天下泰平」ブログで著名な滝沢泰平氏による講演会「アースリング(地球人)コミュニティー」を 関東(横浜)と関西(大阪)で2日間にかけて合同開催いたします。


【チケットの種類】
この度、上映会と講演会に伴い、滝沢泰平氏との懇親会も行われます。
定員に限りがございますのでご希望の方はご購入の際、「映画上映会・講演会 + 懇親会」のチケットをお選びください。

①映画上映会・講演会
2,800円(前売り価格)
※当日お席に余裕がございましたら、当日券を受付にて販売いたします。

②映画上映会・講演会 + 懇親会
料金 : 7,000円 (内懇親会費は4,200円)
※懇親会は定員に限りがございますので、ご希望際は、お早目にお求め下さい。

*************************************************
※全席自由席となります。
※開場は開演の30分前です。
※入金完了後の変更・取り消しはお受けできません。
※車椅子でご来場の方はお問い合わせください。
*************************************************

【Eチケットの購入】
◆関東上映講演会
https://thegreenbeautiful.peatix.com

◆関西上映講演会
https://beautifulearth.peatix.com


【メールでのお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

【電話でのお問い合わせ】
0800-8004828(平日10時~17時/土日祝休み)


※※スケジュール詳細※※

【関東(横浜)上映講演会のスケジュール10/26(土)】
日時:2019年10月26日(土)
13時00分~16時15分(開場12時00分)
会場:横浜市西公会堂(横浜駅西口より徒歩10分)
住所 : 〒220-0073 横浜市西区岡野1丁目6-41
定員:500名
タイムスケジュール
12:00~受付
13:00~14:30 上映
14:30~14:45 休憩
14:45~16:15 講演会

■泰平さんを囲んでの懇親会
日時 : 2019年10月26日(土) 17時00分~19時00分
会場 : 横浜 Restaurant&BarBREATH(横浜市にしより徒歩1分)
住所 : 〒220-0073 横浜市西区岡野町1-16-7 中央ビル
定員 : 65名


【関西(大阪)上映講演会のスケジュール10/27(日)】
日時:2019年10月27日(日)
13時00分~16時15分(開場12時30分)
会場:大阪コロナホテル(新大阪駅より徒歩2分)
住所 :〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1丁目3-21
定員:240名
タイムスケジュール
12:30~受付
13:00~14:30 上映
14:30~14:45 休憩
14:45~16:15 講演会

■泰平さんを囲んでの懇親会
日時 : 2019年10月27日(日) 17時00分~19時00分
会場 : ホテル新大阪 1F レストラン
住所 : 大阪市東淀川区東中島1丁目20-33
電話 : 06-6322-8800
定員 : 50名

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【映画「美しき緑の星」】
地球よりもはるかに小さな惑星である美しき緑の星は豊かな自然に恵まれ、人々は自給自足で助け合う循環社会を形成している。

大都市も身分制度もないユートピアの美しき緑の住民にとって、貨幣制度や戦争を繰り返す地球という惑星は、きわめて原始的な文明レベルにあるだけでなく、まるで地獄のような星。

美しき緑の星には「星外派遣」という任務があり、文明化が遅れている惑星に美しき緑の星の住民が派遣され、その星の現状を調査したり、文明の方向性を軌道修正したりする。

「わたし、行ってみたいわ」危険な惑星である地球への派遣に、美しき緑の星の住人は誰も手を挙げて行きたがらない中、勇気ある主人公ミラ(コリーヌ・セロー)が地球派遣の任務に1人手を挙げる。

そして、美しき緑の星、宇宙の常識から見た、今の地球は一体どんな視点で見えるのか。

製作:アラン・サルド
監督・脚本・音楽:コリーヌ・セロー
撮影:ロベール・アラズラキ
編集:カトリーヌ・ルノー

出演
ミラ/コリーヌ・セロー
マックス/ヴァンサン・ランドン
メザージュ/ジェームズ・ティエレ
パン屋の女性/ヨランド・モロー
マーシャ/マリオン・コティヤール
ソニア/クレール・ケーム
オザム/ポール・クローシェ
星の総会進行役/カトリーヌ・サミー
特別出演/フランシス・ペラン

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

滝沢泰平氏講演会「アースリング(地球人)コミュニティー」

半農半Xとして、八ヶ岳で農業を中心に独自のコミュニティを形成している実績と、イスラエルのキブツやイタリアのダマヌールのコミュニティを視察されて、その情報も参考にしなかがら、日本の風土に合うこれからの新しいコミュニティの形態についての提案をお話し頂けます。

~1人ひとりができることの一品持ち寄りネットワーク~

これからはシェアやギブアンドギブの時代。1人の力は微力ですが、大勢が手を繋ぎ、協力し合うと強力なエネルギーとなり、それは様々な不可能を可能とする力となるでしょう。

物質的なものでもサービスでも、自分ができること、自分がやりたいことの一品持ち寄りが、これからの与え合うアースリング(地球人)コミュニティを創造できると思います。

分離の時代が長く続いた中「これは私のもの」という価値観が根付いてしまいましたが、実は奪いあったり、囲い込むよりも、与え合う方が人間は遥かに幸せで豊かになれるものです。

これから先、まずはネットワーク型コミュニティを構築し、日本ならではの形で、各地域にリアルコミュニティを次々に生み出そうと思っています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

泰平さんを囲んでの懇親会

上映会・講演会終了後、会場を移しお食事とお飲み物をご用意しての懇親会が開催されます。

映画・講演会の感想やご意見、泰平さんに聞いてみたいことなどを話してみたり、懇親会に参加されている皆さんと親交を深めてみませんか?泰平さんのこれからのコミュニティーについて、直にお話しができる機会になります。

お席に回りながら、多くの皆様とのコミュニケーションの場としてご活用いただけましたら幸いです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
滝沢 泰平(たきさわ たいへい)
1982年宮城県仙台市生まれ。
「半農半X」を個人と企業へ普及させるために、2012年やつは株式会社・2016年に八ヶ岳ピースファーム株式会社を設立。
八ヶ岳南麓を拠点に未来型の村と自給自足できる社会づくりを目指す。
月間100万アクセスのWEBサイト「天下泰平」ブログ執筆者。
著書に『レインボーチルドレン』『ここはアセンション真っ只中』『これから10年「世界を変える」過ごし方』(すべてヒカルランド)などがある。
天下泰平 ~滝沢泰平 公式ブログ~ 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



【メールでのお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

【電話でのお問い合わせ】
0800-8004828(平日10時〜17時/土日祝休み)

【当日のお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

主催
あつぎ自主上映実行委員会
アースリングコミュニティー関西

令和元年5月1日に正式に日本上陸した映画「美しき緑の星」

DVD「美しき緑の星」

おかげさまでDVDも重版となり、また自主上映会も今日までで全国40箇所以上で上映され、まだまだ連日各地で上映会が企画されています。

映画「美しき緑の星」上映会スケジュール

すべての上映会に顔を出すことができませんが、まず本日は、滝沢講演会もセットになった関東と関西の大きな上映会イベントについてお知らせ。

10月26日(土)は、横浜で上映会&講演会&懇親会。

10月27日(日)は、大阪で上映会&講演会&懇親会。


いずれも午後をフルに使った長丁場のイベントになっております。

今回のイベントの1つの特徴は、映画の解説だけでなく

「コミュニティ」

をテーマにした講演会がセットになっていること。

「美しき緑の星なのにコミュニティ?」

と思うかもしれませんが、あの映画には、これからの地球人にとって必要な文明の方向性、未来のコミュニティ作りに必要なエッセンスが山ほど組み込まれています。

いよいよ秋分を過ぎて、冬至を迎えたら、すぐに年も明けて2020年。

この2020年から日本も世界も大きく変わっていく時代へと本格的に入ってくると思います。

自然環境の変化もますます激しくなっていくことでしょう。

社会の変化もまた、これまでの常識が非常識に、非常識が常識になっていくことでしょう。

この文明も、今このタイミングに変わらなければ、その先を継続することはできず、そのためには頭で考えるだけでも、言葉に出すだけでもなく、1人ひとりが自ら動き、実践を通して自分も社会も変えていくことが必要となります。

そういった中で、これから先はコミュニティという存在が、様々な意味で重要な存在になっていきますが、コミュニティの核となるのは、同じ意識を持った人と人のネットワーク

ubaiaeba

何をするにも1人でやるよりみんなでやる方が百人力。

1人でできないことも2人なら簡単にできたり、100人、1000人が知恵とできることの一品持ち寄りをすれば、1億人や10億人の国ができないこともできるかもしれません。

今は70億人が競争し合い、奪い合う文明社会。

分け合える、分かち合える社会へとできる一歩を身近なところから。

そのためにもリアルな村づくりをするのも大事ですが、今の時代に文明社会から離れて隔離されたコミュニティを作るのは容易なことではなく、まずは同じ意識を持った人々が繋がることが必要です。

《“やつは”メールマガジン(No.411)》( 令和元年6月21日 号 )

<アースリングコミュニティ>

これは会社組織でも、もちろん宗教団体でもなく、同じ意識や価値観を持った人々が繋がったネットワークグループ。

これからはシェアやギブアンドギブの時代。

1人の力は微力ですが、大勢が手を繋ぎ、協力し合うと
単なる足し算を超えた何乗もの強力なエネルギーとなります。
それは様々な不可能を可能とする力を持っていると思います。

例えば、土地1つだって、1人で持っていても何も有効利用できなくとも、100人、1000人、3000人が力を合わせたら楽園が作れるかもしれません。

これから先の日本、否が応でも、土地や建物も相続などを中心に有り余ってくるもの。

場合によってはお金だって余る人も出てくるかもしれません。

土地を提供できる人は土地、
お金も大小問わず提供できる人はお金、
労働力を提供できる人は労働、
知恵を提供できる人は知恵、

物質的なものでもサービスでも、なんでも良いので自分ができること、自分がやりたいことの一品持ち寄りが、積もりに積もって、思った以上の世界を創造できると思っています。

分離の時代が長く続いた中

「これは私のもの」

とギブアンドギブとは、程遠い価値観が根付いてしまいましたが、
実は奪いあったり、囲い込むよりも、与え合う方が人間は遥かに幸せで豊かになれるものです。

Aさんは、広大な土地を手に入れた。
けど、自分ではどう使って良いのかイメージが湧かない。

そこにBさんが、こんな使い方をしたらどうだと提案。

でも、AさんもBさんも、それを実現する資金はない。

するとCさんが、それはいい!
だったら自分がお金を出すから実行してみよう!となる。

Aさんは土地、Bさんはアイデア、Cさんはお金。

Cさんはお金だけ持っていても、何に使って良いのかわからず悶々としていたかもしれませんし、Bさんもアイデアだけ持っていても、単なる妄想で終わってしまって、現実はつまらない日常を過ごしていたかもしれません。

でも、3人ともバラバラの叡智を組み合わせることで、3人どころか、大勢の人々が楽しめる創造物を生み出せる可能性が出てきます。

これから先、まずはネットワーク型コミュニティを構築し、日本では日本ならではの形で、各地域にもリアルコミュニティを次々に生み出そうと思っています。(転載終了)




「一年生になったら」
一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で 食べたいな
富士山の上で おにぎりを
パックン パックン パックンと

一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で かけたいな
日本中を ひとまわり
ドッシン ドッシン ドッシンと

一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で 笑いたい
世界中を ふるわせて
ワッハハ ワッハハ ワッハッハ

まずは目指そう「ともだち100人」、

民族も国境も越えた地球人(アースリング)のネットワーク。

気づいた100人で世の中を、世界を驚かせましょう。

ということで、2020年より自分自身のライフワークとしては、いよいよ本格的にコミュニティ活動に入って行く予定であり、その中で来月の関東と関西イベントをキックオフとして位置付け、同じ意識を持った地球人(アースリング)ネットーワークを構築していきます。

映画を観てない人はもちろん、観た人も大人数で観たら、また違った視点にも気づけると思います。

そして、時間のある方は夜の懇親会にも是非。

早速、ご自身の中の100人の1人、2人と繋がりましょう。

10月26日の横浜、27日の大阪でお待ちしております。