FullSizeRender

思い出深いガリラヤ湖へ到着。

ここはイエス・キリストの伝道活動の中心地です。

FullSizeRender

4年前にガリラヤ湖畔で九尾の狐と出逢い、3年前、ここで思いがけず結婚式も挙げた人生において最も大事な場所の1つ。

昨日は、湖畔のペテロ召命教会へ。

ここは復活されたイエスが、最初に弟子たちの前に現れ、岩の上から彼らを呼び寄せ、朝食を用意された場所です。

新月を迎え、今晩の日の入りからユダヤの世界は、聖書暦5780年の新年へ。

大晦日である今日の最後に訪れるのは、マグダラのマリアの故郷。

世界中多くの人々にとってガリラヤ湖はイエス・キリストの聖地ですが、ここはマグダラのマリアの聖地でもあります。

今から10年前の2009年、このマグダラの村でフラワーオブライフ(シードオブライフ)をシンボルとする新たなシナゴーク(ユダヤ教の礼拝所)の遺跡が発見され、ここにすべての女性のためのマグダラのマリアの教会がつくられました。

FullSizeRender

男神が目覚める2000年のパイシーズ(魚座)の時代から、女神が目覚めるアクエリアスの時代の今、男性性と女性性の融合・統合において、この2人の雛形的存在はとても重要なもの。

いよいよ旧約聖書、新約聖書に続く新刊本の登場であり、それは言葉を超えた叡智が1人ひとりの内側から目覚めるタイミング。

イエスもまた、長く十字架に磔となっていましたが、その悲しみや苦しみから人々も解放され、任務を終えて十字架から降りる時。