tekania

イスラエル訪問の目的の1つに「キブツ(Kibbutz)」があります。

5年前にイスラエルに初めて訪れ、そこで“キブツ”という名前を聞いた時は

「キブツ?器物?」

と馴染みのない言葉に疑問だらけでしたが、キブツとはイスラエルが世界に誇る農村コミュニティ(共同体)であります。

農業や畜産業を中心にイスラエル全土に270箇所以上のキブツは存在しており、規模は100名以下の小さな集落的なものから1000名を超える“町”のキブツまで様々です。

これまでいくつかのキブツを見学させて頂きましたが、個人的にもっとも印象深く残っているのが、やはり死海にあるキブツ「エン・ゲディ」。

500px-

死海周辺の年間降雨量は、わずかに40ml〜60ml。

年間降雨量250mm以下は、砂漠気候と呼ばれる雨がほとんど降らずに草木が育たない地域となりますが、死海のあたりは砂漠の中でもかなり厳しい環境下にあります。

ちなみに日本の年間降雨量は、世界平均の2倍ほどで約1700mm。

日本の3%ほどしか雨が降りません。

e769550f380c7665aac65217c95d7ec0

ところが、そんな死海周辺を走っていると岩山と荒野の何もない砂漠地帯にポツリと“オアシス”とも呼べる楽園が出現します。

それが、1960年に誕生したキブツ「エン・ゲディ」。

砂漠を開墾してオアシスを作ったユダヤ人は、今もここで約400人の大人と200人の子供が砂漠の中で助け合いながら豊かな暮らしを継続しています。

スクリーンショット 2019-10-09 19.34.22

雨が降らないのに、一体“水”はどこからやってくるのか。

海抜マイナス400m以下の死海周辺は、地上よりも低い場所に位置しているため、高地であるエルサレムなどに降った雨が、やがて大地を伝って「エン・ゲディ」近くの岩山でコンコンと湧き出します。

その水を引き込んで砂漠で農業を営むことを実践し、またイスラエルといえばコンピューターテクノロジーは世界一であり、そのハイテク技術を早くから農業に活用してました。

スクリーンショット 2019-10-09 19.36.05

それが

「点滴灌漑(てんてきかんがい)農法」

と呼ばれる点滴ドリッパー技術であり、それこそコーヒーのドリップのように樹木や作物周辺に張り巡らされたホースから、ポタポタと少量の水が地中にゆっくりと染み出すようになっています。

写真の器具は、1時間に50リットルもの水を流し、木の種類によって水の量もすべてコンピューターシステムでコントロールされています。

地面に水を流すのでは、すぐに蒸発して乾燥してしまうため、一滴一滴を大切に丁寧に地中の種や根に与え、植物の特性に合わせて水の量も調整、その結果年間降雨量が50mm以下の過酷な砂漠でも農業を可能としてきました。

農業どころか、キブツの町全体が、まるでジャングルの中にいるような巨大なオアシスであり、農園も巨大な森のような光景。

砂漠を緑地化させる技術がイスラエルにはあり、また水のない国だからこそ、水の有効的な活用方法を世界一研究している民族でもあります。

イスラエル全土でも、生活排水の85%以上を再利用しており、この砂漠のキブツでさえも、生活排水もすべてため池に集め、それを農業用水として再利用しています。

水を無駄にしないだけでなく、厳しい環境下に置かれているだけに、環境を汚染するとすべてしっぺ返しで自分達に返ってくるので、常に循環できるかどうかの視点でないと生きていけません。

「ここで生きていけるなら、世界のどこでも生きていけそう」

現地を訪れると、そう思わざるを得ないほど草木のない砂漠と岩山の火星のような世界でありながら、ユダヤ人は、こんな場所でも想像を遥かに超えた循環社会を構築しており、都会よりも極めて豊かな暮らしを実現しています。

「岩山には20種類以上の豊富なミネラルが含まれ、海抜がマイナスなので酸素も多く有害な紫外線も届かない。ここには世界にないものがたくさんある」

現地に50年暮らすユダヤ人は、緑と水に溢れた我々には見えていない宝の山を、この砂漠に見出していました。

確かに、ここが60年前には何もなかった砂漠の荒野とは思えないほど、キブツ「エン・ゲディ」には、一見すると樹齢数百年も経っているような巨木があちこちにわんさかそびえ立っています。

ここでは異常なほど、樹木や作物が巨大に健やかに育つようです。

もちろん雑草も生えないから、すべて完全な自然栽培。

是非、その不思議な砂漠のオアシスを映像でもご覧いただけたらと思います。



なお、動画の中では、キブツの教育についても語られています。

ご存知の方も多いと思いますが、ユダヤ人といえばノーベル賞。

世界人口の僅か0.2%しかいないユダヤ人が、ノーベル賞の20%以上の受賞を占めており、アインシュタインをはじめ、歴史に名を残す学者、発明家、哲学者、芸術家、実業家の大多数がユダヤ人であります。

それには、ユダヤ式の教育がベースにあると言われ、そのユダヤ特有の子供教育がキブツにも多く引き継がれており、イスラエルのトップ政治家や軍人幹部の多くが、人口の3%にも満たないキブツ出身者であるそうです。

「エン・ゲディ」の子供には

1.愛
2.自立
3.責任

の3つを重要なこととして教えており、将来キブツに戻って来なくとも、イスラエルという国に大きな影響を与える人材を次々に育て上げています。

農業を中心とした循環社会と子供教育。

イスラエルのコミュニティキブツから学ぶことは多々あり、訪れる度に新たな発見や気づきがたくさんあります。

世界中のほとんどの国が、直接的にも間接的にも緑地を砂漠化しており、もちろんイスラエルも都会は同じ状況ではありますが、一方でユダヤ人は、砂漠の緑地化を常に実践している民族でもあります。

「イスラエルは戦争ばかりしている危険な国」

確かに、一部のエリアではいまだに紛争も続いていますが、現地で話を聞くと、イスラエルは一方的に相手を攻め込むことは一切せず、攻撃されたら防衛して反撃するのみであり、イスラエルには他にも日本では報道されていないいくつもの顔があって、特に世界環境の危機を救う鍵はユダヤの技術が握っていると言っても過言ではありません。

砂漠でも食料をほぼ100%自給することができ、海水も真水に変え、生活排水も再利用、最近では空気を水に変える技術までも製品化され、テクノロジーを有効活用して、地球に負荷をかけずに文明を進化させる叡智をユダヤは持っています。

1909年から始まったキブツの歴史は、1948年に国が再建されるよりも歴史が長く、キブツは単なるコミュニティ作りを超えた国づくり、自分達の理想郷作りが原動力となっています。

過疎化と都会化、少子高齢化が進み、自給率も低迷して行く日本において、新たな地域社会の創造が必要不可欠となっており、その中で民間にしろ、自治体にしろ、大小様々なコミュニティの誕生がこれからは求められます。

そのためには、キブツから取り入れられる要素は多々あり、自治国を作るような心構えでやっていくような精神性も学ぶところであります。

水や食べ物の自給、エネルギーの自給、衣食住への不安が無くし、そして子供への教育や老人、病気や障害を持った人々への福祉も充実させ、お金があってもなくても皆が豊かに暮らせる社会となり、同時に地球人が暮らすことで、地球環境が改善されていくような文明の方向性が理想的です。

そのためには、一度は今の家族、会社組織、日本という枠組みも超え、気づいた人、1人ひとりが地球人という自覚とともに繋がり、ともに助け合って生きていく。

イスラエル人口の3%のキブツ員が、イスラエル全体に大きな影響を与えるように、0.2%のユダヤ人が、この文明世界全体に大きな影響を与えるように、気づいた僅かな地球人が、この地球全体の方向性を大きく変えることも不可能ではないと思います。

そんなメンバーが集まる最初の集会が、10月26日の横浜、27日の大阪で開催されます。

映画「美しき緑の星」の上映会とセットのコミュニティ講演会。

まだ席には余裕があるそうなので、是非とも映画を観た方も観てない方も、今後のコミュニティなどに興味ある方は会場にお越しいただけたらと思います。

green-表

green-裏

映画「美しき緑の星」上映会&滝沢泰平氏「アースリングコミュニティー」講演会と懇親会
フランス映画界の巨匠 コリーヌ・セロー監督が自ら主演されている宇宙から見た地球という惑星の世界「美しき緑の星」の上映会と コリーヌ・セロー監督から日本への上映を託された 月間100万アクセスのWABサイト「天下泰平」ブログで著名な滝沢泰平氏による講演会「アースリング(地球人)コミュニティー」を 関東(横浜)と関西(大阪)で2日間にかけて合同開催いたします。


【チケットの種類】
この度、上映会と講演会に伴い、滝沢泰平氏との懇親会も行われます。
定員に限りがございますのでご希望の方はご購入の際、「映画上映会・講演会 + 懇親会」のチケットをお選びください。

①映画上映会・講演会
2,800円(前売り価格)
※当日お席に余裕がございましたら、当日券を受付にて販売いたします。

②映画上映会・講演会 + 懇親会
料金 : 7,000円 (内懇親会費は4,200円)
※懇親会は定員に限りがございますので、ご希望際は、お早目にお求め下さい。

*************************************************
※全席自由席となります。
※開場は開演の30分前です。
※入金完了後の変更・取り消しはお受けできません。
※車椅子でご来場の方はお問い合わせください。
*************************************************

【Eチケットの購入】
◆関東上映講演会
https://thegreenbeautiful.peatix.com

◆関西上映講演会
https://beautifulearth.peatix.com


【メールでのお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

【電話でのお問い合わせ】
0800-8004828(平日10時~17時/土日祝休み)


※※スケジュール詳細※※

【関東(横浜)上映講演会のスケジュール10/26(土)】
日時:2019年10月26日(土)
13時00分~16時15分(開場12時00分)
会場:横浜市西公会堂(横浜駅西口より徒歩10分)
住所 : 〒220-0073 横浜市西区岡野1丁目6-41
定員:500名
タイムスケジュール
12:00~受付
13:00~14:30 上映
14:30~14:45 休憩
14:45~16:15 講演会

■泰平さんを囲んでの懇親会
日時 : 2019年10月26日(土) 17時00分~19時00分
会場 : 横浜 Restaurant&BarBREATH(横浜市にしより徒歩1分)
住所 : 〒220-0073 横浜市西区岡野町1-16-7 中央ビル
定員 : 65名


【関西(大阪)上映講演会のスケジュール10/27(日)】
日時:2019年10月27日(日)
13時00分~16時15分(開場12時30分)
会場:大阪コロナホテル(新大阪駅より徒歩2分)
住所 :〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1丁目3-21
定員:240名
タイムスケジュール
12:30~受付
13:00~14:30 上映
14:30~14:45 休憩
14:45~16:15 講演会

■泰平さんを囲んでの懇親会
日時 : 2019年10月27日(日) 17時00分~19時00分
会場 : ホテル新大阪 1F レストラン
住所 : 大阪市東淀川区東中島1丁目20-33
電話 : 06-6322-8800
定員 : 50名

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【映画「美しき緑の星」】
地球よりもはるかに小さな惑星である美しき緑の星は豊かな自然に恵まれ、人々は自給自足で助け合う循環社会を形成している。

大都市も身分制度もないユートピアの美しき緑の住民にとって、貨幣制度や戦争を繰り返す地球という惑星は、きわめて原始的な文明レベルにあるだけでなく、まるで地獄のような星。

美しき緑の星には「星外派遣」という任務があり、文明化が遅れている惑星に美しき緑の星の住民が派遣され、その星の現状を調査したり、文明の方向性を軌道修正したりする。

「わたし、行ってみたいわ」危険な惑星である地球への派遣に、美しき緑の星の住人は誰も手を挙げて行きたがらない中、勇気ある主人公ミラ(コリーヌ・セロー)が地球派遣の任務に1人手を挙げる。

そして、美しき緑の星、宇宙の常識から見た、今の地球は一体どんな視点で見えるのか。

製作:アラン・サルド
監督・脚本・音楽:コリーヌ・セロー
撮影:ロベール・アラズラキ
編集:カトリーヌ・ルノー

出演
ミラ/コリーヌ・セロー
マックス/ヴァンサン・ランドン
メザージュ/ジェームズ・ティエレ
パン屋の女性/ヨランド・モロー
マーシャ/マリオン・コティヤール
ソニア/クレール・ケーム
オザム/ポール・クローシェ
星の総会進行役/カトリーヌ・サミー
特別出演/フランシス・ペラン

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

滝沢泰平氏講演会「アースリング(地球人)コミュニティー」

半農半Xとして、八ヶ岳で農業を中心に独自のコミュニティを形成している実績と、イスラエルのキブツやイタリアのダマヌールのコミュニティを視察されて、その情報も参考にしなかがら、日本の風土に合うこれからの新しいコミュニティの形態についての提案をお話し頂けます。

~1人ひとりができることの一品持ち寄りネットワーク~

これからはシェアやギブアンドギブの時代。1人の力は微力ですが、大勢が手を繋ぎ、協力し合うと強力なエネルギーとなり、それは様々な不可能を可能とする力となるでしょう。

物質的なものでもサービスでも、自分ができること、自分がやりたいことの一品持ち寄りが、これからの与え合うアースリング(地球人)コミュニティを創造できると思います。

分離の時代が長く続いた中「これは私のもの」という価値観が根付いてしまいましたが、実は奪いあったり、囲い込むよりも、与え合う方が人間は遥かに幸せで豊かになれるものです。

これから先、まずはネットワーク型コミュニティを構築し、日本ならではの形で、各地域にリアルコミュニティを次々に生み出そうと思っています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

泰平さんを囲んでの懇親会

上映会・講演会終了後、会場を移しお食事とお飲み物をご用意しての懇親会が開催されます。

映画・講演会の感想やご意見、泰平さんに聞いてみたいことなどを話してみたり、懇親会に参加されている皆さんと親交を深めてみませんか?泰平さんのこれからのコミュニティーについて、直にお話しができる機会になります。

お席に回りながら、多くの皆様とのコミュニケーションの場としてご活用いただけましたら幸いです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
滝沢 泰平(たきさわ たいへい)
1982年宮城県仙台市生まれ。
「半農半X」を個人と企業へ普及させるために、2012年やつは株式会社・2016年に八ヶ岳ピースファーム株式会社を設立。
八ヶ岳南麓を拠点に未来型の村と自給自足できる社会づくりを目指す。
月間100万アクセスのWEBサイト「天下泰平」ブログ執筆者。
著書に『レインボーチルドレン』『ここはアセンション真っ只中』『これから10年「世界を変える」過ごし方』(すべてヒカルランド)などがある。
天下泰平 ~滝沢泰平 公式ブログ~ 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



【メールでのお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

【電話でのお問い合わせ】
0800-8004828(平日10時〜17時/土日祝休み)

【当日のお問い合わせ】
west@tengelshizenjuku.com【関西】
east@tengelshizenjuku.com【関東】

主催
あつぎ自主上映実行委員会
アースリングコミュニティー関西



スクリーンショット 2019-10-10 7.13.29

映画「美しき緑の星」は、チャンネル登録者数90万人を誇る人気ユーチューバーにも紹介され、日々日本での認知も高まっています。

美しき緑の星上映会スケジュール

10月は他にも各地で上映会が開催されており、また10月20日は東京のお台場の映画館で滝沢トークショー付きの上映会、また10月22日の「即位礼正殿の儀」の節目の日は、静岡で長典男さんと滝沢のコラボ講演会がセットになった上映会も開催予定です。

是非タイミングが合う方はお越しくださいませ。

image

スクリーンショット 2019-10-10 8.22.53

** 美しき緑の星上映会+ 滝沢泰平トークショー**
開催情報
日時:2019年10月20日(日) - 13:00 〜 16:00

会場:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
東京都港区台場1-7-1アクアシティ内


c4731ed6323de17374efca3d0290d747_original

スクリーンショット 2019-10-10 8.17.46

「美しき緑の星 」映画上映会 @静岡(長典男さん&滝沢泰平講演会付き)
2019年10月22日(火) 13:30〜17:00