IMG_5935

寒くなってきた八ヶ岳で大活躍中なのが、独断と偏見でスタッフの意見も聞かずに勝手にオフィスの裏に作ったお風呂棟。

IMG_5937

エネルギー自給をテーマにしたオフィスは、太陽光による自家発電のオフグリッドが目立っていますが、他にも屋根の太陽集熱による床下補助暖房と薪ボイラーによって床暖房が入っています。

IMG_5938

そして、この薪ボイラーを通してお湯を作り出すことも可能で、床暖房+お湯を生み出すことができます。

もちろん水は敷地内に湧いている八ヶ岳の天然湧水を引いており、これに薪の火で暖まったお湯はトロトロで最高の質のお湯。

IMG_5942

さらに浴槽は天然無垢のヒノキで作ったものであり、温泉が掘れなかった悔しさをバネに少しでも自家製の極上風呂システムで満喫しています。

ちなみにシャワーからは、日中の太陽熱を真空管で温めたお湯が出るようになっており、このサンシャワー(?)もまた、太陽光によって原子転換されているのか、浴びるだけで身体が再生するようなエネルギーに満ち溢れたもの。

IMG_5940

とにかく、このヒノキ薪風呂は異常に身体がポカポカ長続きします。
きっと細胞から活性化しているのでしょう。

薪は敷地内の間伐材をチェンソーで玉切りにして、斧で薪割りしたもので、多少手間はかかりますが燃料費は無料。

水も無料、暖房も無料、お風呂も無料、もちろん電気も発電したら無料。

ちょっと工夫すれば田舎生活も財布にも自然にも優しく豊かなものに。

ということで、冬にオフィスに遊びに来たら極上お風呂にどうぞ(笑)