スクリーンショット 2019-12-20 9.49.34

日本オペラ協会公演 スーパーオペラ 美内すずえ原作『ガラスの仮面』より
歌劇「紅天女」 新作初演

《ガラスの仮面》は、1976年の初刊から現在に至るまで49巻が出版され、累計発行部数が5000万部を超えるコミックスの大ヒット作で、美内すずえがこの作品の登場人物に語らせた魂の言葉は多くの愛読者たちの胸に深く刻まれています。とくに多感な少年少女時代にこの本に触れた人たちにとっては、その後の“人生のバイブル的な存在”であり続けています。平凡な一人の少女が才能を見出され女優として成長していく物語で、その最後の課題となるのが幻の名作と称される作中劇「紅天女」です。かつて不世出の大女優が演じた「紅天女」という作品によって、競い合う二人の少女を女優として成熟させていくのです。

「紅天女」を題材に原作者、美内すずえが監修及び脚本を担当、作曲は2005年「半落ち」で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞した寺嶋民哉が担当し、これまでのオペラの概念を覆すような今までに無い漫画と歌劇のコラボレーションを実現させます。主役の阿古夜×紅天女(S)には、オペラ界で輝きを放つソプラノ小林沙羅と、ミュージカルを中心に活躍中の笠松はる、仏師・一真(T)にはロッシーニ作品で確実なテクニックを身につけている山本康寛と、イタリア声楽コンコルソ・シエナ大賞等を受賞している海道弘昭、その他全役オーディションを勝ち抜いた実力派キャストでお届けいたします。指揮は国際的にも活躍する園田隆一郎、演出はこれまで多くの作品を手がけた馬場紀雄、また特別演出振付として人間国宝の梅若実玄祥をお招きします。

「紅天女」を通して自然と人間の共生と平和への祈りを伝え、また“美しい調和”を意味する令和の時代を迎え、「紅天女」の舞台はまさに時代の真骨頂となるでしょう。

【あらすじ】
南北朝の時代、国は二つに分かれて争い、天変地異が続き人心は乱れている。南朝の帝は天女の像を作り、世を鎮めようと仏師を探させる。見出された仏師・一真は逃走するがやがて天命を知り、天女像を作るため梅の木を探し歩く道中、誤って谷底へ。記憶を失った一真は不思議な娘・阿古夜に助けられ、紅谷の村に身を寄せる…。世の乱れを嘆く精霊達、南北朝の人びとの想いが渦巻く中、愛し合う阿古夜と一真の魂が、一つの運命に結びつけられてゆく。



概要

【スタッフ】

原作・脚本・監修:美内すずえ
作曲:寺嶋民哉

総監督:郡 愛子
指揮:園田隆一郎
演出:馬場紀雄
特別演出振付:梅若実玄祥

【出演】
         1/11,13,15  1/12,14
阿古夜×紅天女 : 小林 沙羅 / 笠松 はる
仏師・一真   : 山本 康寛 / 海道 弘昭
帝       : 杉尾 真吾 / 山田 大智
伊賀の局   : 丹呉由利子 / 長島 由佳
楠木正義   : 岡  昭宏 / 金沢  平
藤原照房   : 渡辺  康 / 前川 健生
長老     : 三浦 克次 / 中村  靖
お豊     : 松原 広美 / きのしたひろこ
楠木正勝   : 斎木 智弥 / 曽我 雄一
こだま    : 飯嶋 幸子 / 栗林瑛利子
しじま    : 古澤真紀子 / 杉山 由紀
お頭     : 普久原武学 / 龍 進一郎
お滝     : 鈴木美也子 / 佐藤 恵利
久蔵(旅芸人)  : 馬場 大輝 / 望月 一平
権左(旅芸人)  : 嶋田 言一 / 脇坂  和
クズマ    : 照屋 篤紀 / 清水  実

合唱:日本オペラ協会
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
石笛:横澤 和也
二十五弦筝:中井 智弥

【公演日程】
2020/1/11(土)~1/15(水)各日14:00開演

【会場】
Bunkamuraオーチャードホール

【チケット情報】
S・¥12,000 A・¥10,000 B・¥8,000 C・¥5,000 D・¥3,000 (税込)


▷ チケット購入はこちら


累計5,000万部の発行部数を誇る、少女漫画の世界では知らない人がいない「ガラスの仮面」。

その舞台歌劇「紅天女」が、2020年の年明け早々にあります。

S__13467703

S__13467702

連載が始まって40年以上が経過した今もなお、なんと連載が終わっておらず、

その“ラスト”が一体どうなるのか!?

と気になっていた少女も今となっては良い年になってしまうほど、なかなか終わりが見えないガラスの仮面(紅天女)でしたが、今回は漫画よりも先に

「ラストが分かってしまう」

という、まさかの衝撃の舞台となっております。

スクリーンショット 2019-12-21 8.35.18

そして、豪華出演者や関係者による贅沢な舞台ですが、よく見ると“衣装”の担当のところに

「佐藤宇三郎」

という名前があります。

そう、なんと今回の「紅天女」の舞台の衣装担当は、うさと服デザイナーのさとううさぶろうさんが担当しております。

ガラスの仮面(紅天女)×うさと服

のスーパーオペラ。

これは絶対に生で見ないわけにもいかず、自分は初日の公演(1/11)に伺う予定です。

すでにチケット販売は始まっており、初日などは大変人気で埋まってきているようですが、1月11日から15日まで5日間東京で開催されておりますので、お時間のある方は是非とも足をお運びください。

スクリーンショット 2019-12-21 8.43.04

image

images

「ガラスの仮面」の作者である美内すずえさんといえば、かの有名なスピリチュアル漫画「アマテラス」でも知られ、また「宇宙神霊記(霊界からのメッセージ)」という自叙伝のようなものでは、ご自身に起こった体験のすべてをオープンにしたことでも話題となりました。

漫画「アマテラス」は、もはやご自身の人生の体験を漫画にしたようなものであり、美内さんは、漫画家でありながらも、そのサイキック能力や霊感のようなものは極めてハイレベルで、かなりの高次元の世界と繋がっているのを感じる方です。

「ガラスの仮面」40巻では「紅天女」の物語を詳しく描きながらも、あえて結末を描いてなかったのは

「全部見せるのはよくないのではと、わざと封印した」

と語っており、それは20年以上も前に「紅天女」の台本は書き上げたものの、その中に「地震や災害」に関わるセリフなども多数あって、それが実際に日本のあちこちで現実化して災害が多数起こっていることに、そのまま出すことを躊躇されていたそうです。

でも、今回は

「マンガでは多少変わるところがあると思いますが、歌劇でラストまでほぼ見せます」

と伝えているので、いよいよ“最後”が明らかになるのだと思います。

そして、ガラスの仮面が終わりを迎えるとともに、長年動き出さなかった

「アマテラス」

が、再び動き出すものかと思います。

「アマテラス」については、今から6年前に記事にしたものがありますので、ご興味ある方は是非ご覧いただけたらと思います。

新年、ムーの仲間たちが「紅天女」とともに再集結することを楽しみにしております。


2013年12月31日
“サザエさん”と「アマテラス」

01

 「あなたの人生という映画の“ジャンル”は何ですか?」と聞かれたら、人それぞれが持っている知識や価値観によって回答は多少ばらつきがあるものの、もしかすると多くの人々は“ヒューマンドラマ”というジャンルを答えるかもしれません。

“ヒューマンドラマ”の映画では、いわゆる超常現象や非現実的な出来事はタブーであり、ただ生物としての人が生まれて様々なドラマを体験をして死んでいく、これといって明確な目的もない物語の主人公であり、漫画でいえば“サザエさん”のような平和な家族ドラマのような世界の中、カツオやワカメの子供時代からマスオさんやサザエさんの大人になり、やがて人生の後半は波平やフネのような時期を過ごしていく・・・そんな平穏な世界がこの世のすべてであるという設定であります。

誰もが“サザエさん”の世界で生きている中、それとは違ったジャンルの漫画や映画の中で生きている人にとったら、同じ現実世界で顔を合わせて生きていながらも、お互いまったく別世界で生きているようなものであり、それは本当に孤独で生きづらい世の中であるのは間違いありません。

そういった意味では、これから紹介する漫画「アマテラス」は、自分にとったら、もっとも自身が実際に生きている世界観に近いストーリー内容であり、現実に体験している内容や起こる出来事に多少の違いはあっても、この世の中の仕組みや人類の使命、人類がこの地球で生きていく目的などの大枠は、漫画とは思えないほどリアルな現実とほぼ変わらない設定でした。

しかし、それは“サザエさん”の世界で生きている人にとったら、単なる“SF漫画(映画)”の話でしかなく、まったく共感されないどころか1つも理解されない内容であるかもしれませんが、それでも今は同じ漫画の中で生きている人々が必然的に出会い、集まってきている時期でもあるので、少しずつ魂の仲間達との再会が増えている今日この頃は、ようやく何とも言えない孤独感から開放されつつもあるような気もします。

01

美内すずえさんの漫画「アマテラス」を読み終えての感想は、正直、長い間ブログで伝えてきたことの主要のエッセンスがすべてこの中に濃縮されていると言っても過言ではないほど、漫画の中に重要なメッセージやキーワードがたくさん出てきて驚きました。

なぜ今まで読んだことがなかったのかと不思議で思う一方、今読むからこそピンポイントでシンクロする内容がてんこ盛りであり、これもまた必然のタイミングであることを実感するばかりでした。

46
※アマテラスの冒頭

高天原に神集いき

“今度(こたび)で7度目の岩戸開きじゃ
これが最後ぞ
失敗すれば世は滅びる”

“なんとしても
アマテルさまに出ていただかなねば…”

“それには世を立て直さねばのう…”

“かつてのムーの過ちを
くりかえしてはならぬのじゃ”

「アマテラス」という言葉から、まるで神話や空想の世界の物語のようなイメージもありますが、漫画の舞台は思いっきり現代社会であり、その中でヒロインの女の子が16歳に霊的な覚醒体験をすることで、テレポーテーションや念力、遠隔透視やテレパシー能力などのいわゆる超能力である“ESP能力”が開花し、その中で太古の昔の魂の記憶も目覚め、人類と地球の救済のために与えられた重要な使命を果たすために仲間達と共に様々な展開で奮闘していきます。

IMG_3040

そして、この地球を太古の昔から支配している“大魔神軍(ハタレ)”にとって、このヒロインは絶対に覚醒させてはならない“スサの娘”の御霊(みたま)であり、彼らが目指す“計画(プロジェクト)666”を実現するためにも、ヒロインがパートナーの御霊である“牛の角王”と出会って、その后になることを全力で阻止しなければならないというのが、この漫画の大まかななあらすじです。

この“大魔神軍(ハタレ)”という闇の組織、漫画で描写されている指導者の姿(五芒星とコンパスと定規のマークの指輪)や組織のシンボルの“1つ目”からも、これは実際の現実世界でも存在している悪魔教崇拝者達そのものであり、世界中の首相や大統領さえもコマとして扱う彼らの中枢は、霊能力と超能力を兼ね備えたシャーマン達であることも見事なまでに忠実に描いていると思います。

IMG_3042

IMG_3041
※オリオンのマークが入ったコードネーム“青トカゲ”という人物

そして、その闇の組織のメンバーの1人にコードネーム“青トカゲ”という人物がいますが、これもまた首の後ろにオリオンの三ツ星のホクロが入っており、まさにブログでも以前から伝えてきた太古の昔に地球へと降り立ったオリオンの邪神を象徴するもので、名前からも爬虫類人そのものの、いわゆるレプティリアンであります。

それでは、なぜこういった闇の組織が現代にも存在しているか?については、この地球の持っている過去の歴史とカルマのことなどを、ヒロインのサポーター役である男性が以下のように説明をしています。

IMG_3044

「かつて人類は、光と闇にわかれて争ったことがあります。光の神軍達と闇の魔軍達…。大変な戦乱で人類はそれまでの智恵と文明と大地を失い、人口は激減しました。何よりも地球が被害を受けました。地軸がずれて極が移動。そのため、それまで正常に働いていた地球の生命エネルギーが異常をきたし、宇宙からのエネルギーとうまくかみあわなくなってしまったのです。“気”が変わり“次元”が変化してしまったのです」

「今、地球は岐路をむかえています。人間のおうぼうなふるまいに地球はいたみ、多くの神々をはじめ、主なる神の怒りをかっているのです。地球の人類がどう動くか、主なる神をはじめ、宇宙の多くの神々、また他の惑星に棲む、高度な意識をもつ生命体などが、今はじっとこの地球を見守っていられるのです」

「かつての光と闇の戦いが再び行われようとしているのです。すでに一部ではもうはじまっています」

そして、現代に解消しなければいけない人類最大のカルマであり、直近の前文明である“ムーの時代”のことに関しても解説がされています(※この辺から先は、一部漫画のネタバレになる部分もあるため、これから漫画を読もうと思っている方でストーリーを知りたくない方はご注意を)

IMG_3056

「白人、黒人、黄色人、赤人、青人、地球上のすべての人種が集まり、仲よく平和に暮らしていた。ところが文明の発達とともに思いあがった人間は、しだいに神の教えを忘れたふるまいをするようになった。権力をもとめて殺しあい帝国は二分、やがていくつもの小国にわかれて争うようになった」

IMG_3057

「人々は天帝(ラ・ムー)を忘れ、別の神をあがめるようになったが、その正体は破壊と闇の世界の帝王魔人であった。天帝(ラ・ムー)が魂の喜びと愛と安らぎと幸福、発展、繁栄を与えるに対し、魔人は富と権力、現世の利益を与え人々の心をつかんでいった。人間の望む欲望のすべてをその魂とひきかえに与えていった。その結果、それを求めあう人々のあいだで争いがおきた。欲望にかぎりはなく、ますます人間どうしの争いはエスカレートしていった。ムー帝国王は何度も人々に忠告したがききいれられなかった」

「人々の心はすっかり魔人に支配され、天帝(ラ・ムー)の代理人であるムー帝国王を滅ぼそうと刃をむけた。帝国の神軍は魔人を倒すため立ちあがり戦った」

しかし、争いが絶えずに荒廃していく地球と人類を見かねた創造主である天帝(ラ・ムー)は、最終的に地球の文明をリセットする決断をし、その結果、彗星の落下や大天変地異によってムーは崩壊することになり、生き延びた僅かの人々が次の文明をゼロから再スタートすることになりました。

46

「広大なムーは海の底に沈み、世界の陸地は形を変えた。人類をはじめ地球上の生命は激減した。生き残ったムーの人々は世界の各地へ散っていった」

そして、怒った“天帝(ラ・ムー)”が岩戸隠れするによって、今の我々がいる文明は“けものの世”が続くことになったわけですが、いよいよこの文明も発達して終盤を迎える時になると、ムーの戦士達が再び結集する約束をしており、この“けものの世”をひっくり返して、いわゆる「ミロクの世」にする仕組みがあるとも解説されています。

IMG_3062

“天帝(ラ・ムー)は怒り、姿をかくされた”
“しばらくは、けものの世が続くであろう”
“人々は神々の力を失い、寿命は短くなり、今の10分の1も生きられぬであろう”
“思いは言葉なくしては伝わらなくなり、その言葉も多くにわかれ、混乱をおこすだろう”
“だが、母なる神は最後のチャンスをくだされた”
“けものの世の末にムーの神軍の再来を約束されたのだ”
“神の民という名の国に神軍の戦士が結集”
“そのとき、そなた達に預けた、この三つの宝を一つに集め、再び天帝(ラ・ムー)の国を建て直すのだ”
“偉大なる全知全能の創造神、天帝(ラ・ムー)の光輝く世と成すのだ”
“その時がきたら、わが神殿は再び、この世に現れよう”
“そのとき、神軍の兵士は、記憶とともに、神の力をよみがえらせるであろう”

ここまで来ると、もはや“サザエさん”の世界で生きている人にとっては宗教にはまったか頭がおかしくなった人にしか見えないかもしれませんが、これはこのリアルの現実世界でもまったく同じことであり、それは100年前でもなく100年後でもなく、この今の時期がまさに約束の時であり、私たちは、この時にタイミングを合わせて地球、そして日本へと降り立ち、太古の約束を果たすべき時を迎えているのだと思います。

なぜなら、日本人がムーの叡智を継承した民族であり、実際に日本人にはムーの直系を示す“YAPマイナス遺伝子”とムーの魂の記憶を持った御霊が数多く降り立っているからです。

IMG_3068

「YA・UMATO(ヤ・ウマトウ)、ヤマト。古代ヘブライアラム語の表現で“ヤマト”とは“神の民”を意味する」
「神の民、大和(ヤマト)…。日本にかつてのムーの神軍の戦士が結集。これより、過去の記憶とともに神の力をよみがえらせ、魔人をはらい、神の国を建国していくのじゃ。ヤマト民族には、その使命があるのじゃ」

日本人には、現代の“けものの世”を立て直し、この地球を支配しようとする悪魔教崇拝者達とも立ち向かう・・・正確には戦わずして“抱き参らせる”使命を持ち、平和で統合された新時代と新文明を率いることが期待されています。

しかし、そのことを決して許さない反勢力の悪魔教崇拝者達、漫画の中での“大魔神軍(ハタレ)”は、徹底的に日本と日本人を壊滅させることを画策しており、その中でターゲットなっているのが、やはり“富士山”であり、この富士山を噴火させることで連動する“関東大地震”をも誘発させようとしています。

IMG_3072

IMG_3074

IMG_3073

IMG_3075

「彼らの矢は富士山を噴火させ、関東に大地震をひきおこすつもりなのだ。そうすれば大惨事がおきよう。今、富士山の噴火と関東大地震がおきれば犠牲者の数は数百万人、首都は壊滅、政治・経済は機能マヒとなり、日本中が混乱することになる」

なぜ、彼らが富士山を狙うかといえば、この日本列島は“ヤマト神界”と呼ばれるエネルギー磁場によって保護されており、その中核を担っているのが富士山のある“富士神界”であり、富士山は日本と世界のクラウン・チャクラの最大の聖地である一方、最大の急所でもあります。

IMG_3077

「この精神と生命に影響を与えている“神”と呼ばれるエネルギーがあり、そのエネルギーが形成する世界があるのじゃ。それを神界と呼ぶ。この日本列島、ヤマトの地には、ムー時代からの影響をうけたエネルギー磁場がたくさんあっての。多くは神社や聖地として存在しておる。それらがいくつかの中心となる神界を築きあげ、たがいに働きあって、ヤマト神界を形成しておるのじゃ」
「富士神界は、ヤマト神界の中枢をなすもので、これが崩壊するとヤマト神界は大打撃をうけよう。いいかえれば、日本列島全般にその影響がいきわたるのだ」


IMG_3093

IMG_3094

富士山が人工兵器などの攻撃による誤った大噴火を引き起こすと、この日本列島はフォッサマグナに亀裂が走って東西にポッキリと折れてしまい、最終的には地殻プレートがバラバラとなって日本列島は分断されて海中へと沈んでしまいます。

これもまた、現実世界では様々な予言だけでなく、実際に米軍や欧米支配者層達の未来地図では日本列島が消滅している世界地図を用いて会議がされたりと、決して漫画や妄想の世界の話ではなく、今もっとも注意しなければならない現実問題であります。

IMG_3089

“オリオン、シリウスの善なるものと悪なるもののカルマを乗りこえ、今こそムーの栄光をとりもどすのだ”
“地球に多大な影響を与えてきたオリオン、シリウスの霊感を司る霊王は、天帝の御手により正されようとしておる”
“地球での戦いは、これが最後になろう。7万2千年の長きにわたる彼らの反乱は終わりを告げよう”

しかし、この“日本沈没”のシナリオは、今年の水面下の動きを見る限りは、中止というか失敗に終わる見込みであると思います。それは富士山の噴火攻撃が取りやめになり、その勢力が窮地に立たされていることなども過去にお伝えしましたが、リアルの現実でコードネームで活動している集団“日本神軍”という超能力と超科学を率いた特殊な戦闘グループも動き出しており、最後まで抵抗を続ける反勢力についてはそう遠くない未来に一掃されていくと思います。もちろん、新しい時代を創るためには、その一部とは手を組むことも必要になりますが・・・。

IMG_3082

“急ぎなさい!日本は大きな使命があり「竜の背骨」というのは嘘ではありません”
“日の本は霊の元で、日本には数多くの宇宙神界ともつながる神界があり、地球自体の霊的エネルギーを調整しています”


IMG_3083

“人(ひと)は霊止(ヒト)なり。神の霊(ヒ)が、肉体に止まりしものぞ。よって、霊止(ヒト)は光透波(ことば)を使うことができるのじゃ”

“人が神だった頃、『言葉』は『光透波』だったのじゃ。今は、思いを伝える道具でしかない。光透波は、それを使う者の霊(ヒ)が宿り、よって神の光透波となる”

“宇宙創造神である天帝の御元より、その創造に力を貸すため産みだされしもの。この日の本は「竜の背骨」神の宝を秘めておる。次元移動の鍵となろう。霊(ヒ)の元の大地の中の眠れる「しし」をおこせ!竜宮乙姫は目覚め、太古の竜はおきあがる。そのとき世界は変わろうぞ!この星を真(まこと)神の星と成せ!”

いつから“サザエさん”の世界から「アマテラス」の世界へと現実が切り替わったのか忘れてしまいましたが、もうこの世界に一度踏み入れたら元の世界には戻れません。

でも、知ってしまったからには覚悟を決めてやりきらなければ、この惑星を去る時にとても後悔しそうなので、今は毎日やれることをコツコツと実際にやるのみです。そうしないと、今降り立ってきている新人類(ニュータイプ)達が無事に覚醒と役割を果たすこともできませんし・・・。(転載ここまで)