89983040_2819850544761409_4950993142095544320_o

ニュージーランドの先住民族というとマオリ族が有名ですが、マオリ族以前にニュージーランドに先住していたとされるのがワイタハ族。

ワイタハとは「偉大なる水の時代の人々」を意味する言葉。

ワイタハ族の伝承では、彼らの祖先は太古の昔に地球にやってきた宇宙にルーツを持つ民族であると。

その原点はシリウスであり、シリウスからプレアデス経由でレムリア時代のムー大陸へ宇宙船で降り立ったそうです。

1万3000年前、ムー大陸が沈没後、現在のシリア経由でエジプトへと渡り、そして最終的に水の豊富な島であるアオテアロア(ニュージーランド)へ導かれたそうです。

彼らは銀の龍族でもあり、日本(人)は金の龍族である兄弟であるとも伝えています。

そして2009年を境に長く続いた男性性のストーンクロック(石の時代)は閉じられ始め、地球は新たなウォータークロック(水の時代)に入り、女性性や調和、精神文明の時代へ入ったと。

そういった中で「偉大なる水の時代の人々」であるワイタハ族の持つ役割も本格化しており、また兄弟であった日本とニュージーランドの関係性も大変重要になります。

89659182_2819843288095468_5925296118026993664_o

ということで、今回のニュージーランド訪問の1つの目的として、こちらの龍にご挨拶というか、いくつか日本へ連れて帰るつもりであり、南島では主に湖巡り。

89656934_2819848084761655_8167276657221042176_o

水、特に湖には龍が眠っており、まず最初に訪れたのは、ニュージーランド随一に星が美しい「テカポ湖」。

89543256_2819851238094673_3221093079633100800_o

そこはまるで映画「美しき緑の星」のような世界。

89996034_2819848828094914_5662600001054834688_o

テカポ湖の畔に「善き羊飼いの教会」という小さな教会が1つポツンとありますが、ここはまさに、これからの水の時代や女性性の時代の象徴ともなるエネルギーに満ちた素晴らしい教会。

教会に入ると、なぜだかマグダラのマリアを感じるところであり、湖もどこかイスラエルのガリラヤ湖を感じさせる雰囲気です。