89998388_2821976831215447_514837158540869632_o

テカポ湖の次に向かったのはプカキ湖。

ニュージーランド南島のこれらの湖は、氷河の雪解け水でできた湖で、どちらも見たことないほど美しいミルキーブルー。

89739895_2821976047882192_207159814717964288_o

これは

「氷河粉(氷河からの極度に細かく砕かれた岩粉)」

という氷河の削った岩石成分が水の中に含まれているからであり、特にプカキ湖は、天候によって見せる表情、カラーは様々。

89740908_2821976701215460_5827022597665062912_o

到着した直後は、重たく分厚い雲に覆われて湖の色も乳白色の明るいブルーでしたが、太陽神召喚の気合いによって快晴になると鮮やかなブルーへ。

89967660_2821975474548916_8098746841945866240_o

途中、泰平さんの服装が変わっているのは、珍しく岩から滑り落ちてドボンと全身強制「禊(みそぎ)」でプカキ龍の生贄になったから。

90442303_2821975611215569_1196709718391783424_o

体を張って、たっぷり水で情報交換して来ました。

89696536_2821975924548871_86986754329935872_o

快晴となると、いよいよ今回の最大の目的地である

「聖山アオラキ/マウント・クック」

が姿を現します。

アオラキは先住民マオリ族の言葉で、今はマウント・クックと呼ばれるニュージーランド最高峰の大山脈であり、その標高は3,724mと富士山(3,776m)とほぼ同じ。

でもエネルギーは八ヶ岳のような雰囲気。

遠くから一目見ただけでも、その強烈なエネルギーに圧巻されました。

うっすらとマウント・クックの真上には龍が姿を現していました。