EU_nlK1UUAABe2Y

緊急事態宣言の発令とともに始まる異常事態の日本社会。

1ヶ月で終息するのか、それとも1ヶ月後にはもっと未知なる領域に入るのか。

「国家非常事態の中、官民一体となって、この危機を乗り越えていこう」
「我々はコロナウイルスに勝つ」

今回の

「敵(悪者)」

はウイルスとなっていますが、これが誰かテロリストだったら。

どこか外国の国だったら。

宇宙人の襲来!?

だったら、世界政府を樹立して地球防衛軍が英雄となって、存在もしない仮想宇宙人との戦争へ入ったり、もしくは友好の手を差し伸べた宇宙人に兵器を突きつけて一方的な聖戦を繰り広げていくことでしょう。

特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為のことを

「プロパガンダ」

と言いますが、テレビ信仰がしっかり根付いた日本社会においては、情報によって人々の意識や行動は簡単にコントロールすることができます。

ウイルス感染の恐怖や危険性を強く言えば言うほど

「自分が感染するかもしれない」という被害者意識と

「自分が誰かに感染させてしまうかもしれない」という加害者意識と

両方の不安を埋め込むので、その効果は絶大なものです。

もちろんウイルス危機において、

感染しないこと、
感染させないこと

は最重要ではありますが、真実が不明確の中での情報操作によって必要以上に恐怖を煽ったり、極度の不安感を募らせるのは、ちょっといかがなものかとも思います。

今回の緊急事態宣言において、規制の対象となった7都府県の住人の方々の中には

「自分は感染者かもしれない」

という認識を持った方が多くいて、それはもちろん必要な考え方ではあるものの、その中にはあたかも「罪人(つみびと)」のような意識状態に追い込まれているケースもあります。

「罪人意識」

は、宗教世界でも常套手段として長い歴史の中でも使われてきたマインドコントロールの1つであり、信仰の中で信者に罪人であることを認識させ、その罪からの救済に教祖や神、教典の力を使ったりします。

いずれにしても、日本国内に限らず、世界全体の意識も人類の危機の“演出”によってコントロールしやすくなり、これまでの日常の中では冷静に判断できたことも、無意識化にも不安定な状況となり、疑うことなく権力者の指示に誘導されてしまうこともあります。

そんな中で、ウイルス騒動の場合に今後の流れで気をつけなければいけないことは

「ワクチン接種」

であります。

ワクチンではありませんが、すでに昨晩の会見の中で、新型コロナウイルスの治療薬の可能性として

「アビガン」

を強調していたこともあり、今後に200万人の備蓄を対象に増産することも発表されました。

クスリ=リスク

であり、アビガンは以前よりも妊婦などへの副作用が大きく危惧されていたものであり、奇形児などが生まれる危険性が指摘されています。

また男性も精子への薬害の影響が懸念されており、もしも今後にアビガンを使わざるを得ない場面となった場合には、十分にタイミングなども注意を払って検討することをお勧めします。

ウイルスの感染症においては、薬よりもホメオパシーを使った方がはるかに効果が出ていることは、森井啓二先生のブログなどでも頻繁に紹介されていますので、自分に合った様々な治療法を選択できることが重要かと思います。

アビガンは、日本の富士フイルムが作ったものですが、富士フイルムの筆頭株主は

日本マスタートラスト信託銀行
日本トラスティサービス信託銀行

という銀行であり、日本マスタートラスト信託銀行は、その前身がチェースマンハッタン信託銀行(ロックフェラー系列の企業)で、日本トラスティ・サービス信託銀行もゴールドマンサックス系列(ロスチャイルド/ロックフェラー系列)であると言われています。

いわゆる、金融世界全般はもちろん、メディアから医療、エネルギーを含めた利権をすべて牛耳っており、この世界をコントロールしている企業が背景に潜んでいます。

アビガンの原料は、有機化合物の「マロン酸ジエチル」 であり、これは新潟県の糸魚川市の

「黒姫山」

の石灰石が原料となっており、このアビガンの増産に伴って黒姫山は、さらに大きく削られて消えていくことでしょう。

Mt._Kurohime_(Itoigawa)

フォッサマグナラインの起点であるだけでなく、太古の昔より世界の霊山として重宝されていた日本でも最も重要なパワースポットが糸魚川の黒姫山であり、そこが薬の犠牲となって山の形状が変わることは、日本を取り巻くエネルギーバランスも大きく変化することでしょう。

フォッサマグナ、富士山、首都直下型、南海トラフにおける大きな災害も、今後はますます無視できないものです。

そしてウイルス危機からワクチン接種という1つの流れは、はるか昔より

「人口削減」

の計画の中で危惧されていたものであり、すでにアジェンダ21などを知っていた人々からすると、コロナ騒動序盤から

「始まった」

と思ったことかと思います。

アジェンダ21。

これは単なる陰謀論の枠ではなく、1992年に世界サミットで掲げられた21世紀に向けての行動計画であり、その中にははっきりと人口削減が目標として掲げられました。

世界を管理・コントロールしている人々の中には、人口を調整する役割を持っており、その人物達は人口を増やすことよりも、減らすことを目的にしている、それも大幅に。

そのことが前提である上で、今起こっていること、これから起こることも俯瞰的に判断していかないと、思わぬところで足元をすくわれてしまう可能性もあります。

ワクチンの危険性については、日本では作家でジャーナリストの船瀬俊介さんが著書や動画で強く語っています。

是非ともご参考までに。

51Y7O5GXQuL

効果がないどころか超有害! ワクチンの罠
(日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/16

内容紹介

予防接種は打ってはいけない!

子宮頸がん、インフルエンザ、風疹、日本脳炎、ポリオ……
あらゆるワクチンは効果がないどころか超有害!
その正体は、「闇の権力」と巨大製薬利権が推進する、
身の毛もよだつ「病人大量生産システム」だった。
250万部ベストセラー『買ってはいけない』の著者が教える、
医者に殺されない心得。

◎「子宮頸がん」の原因はウィルスではなかった
◎効果ゼロのインフルエンザ・ワクチン
◎風疹は三日で治る「軽度の感染症」
◎ウシ、ブタ、トリ……「獣の血」が体内に
◎後遺症の本当の恐ろしさを知ってほしい
◎「ワクチン総本山」厚労省を問いただす!
◎「予防接種の父」ジェンナーの大罪
◎七三一部隊――人体実験とワクチンの闇
◎ワクチン詐欺のルーツはナチスにある
◎医療マフィアが推進する「人口削減計画」
◎ビル・ゲイツ財団の「真の狙い」とは
◎ワクチン「強制接種」の時代がやってくる
◎医療の「九割」がなくなれば健康になる

きっと本書で、あなたのワクチンに対する常識は崩壊したでしょう。
現代医療に対する信頼も崩壊したはずです。
それはある意味で、絶望的とも思えます。
しかし、その瓦礫の中から希望の芽が大地に息吹き、
大きく空に向かって育っていくのです。(本書より)








自著を語る『効果がないどころか超有害! ワクチンの罠』船瀬俊介 人を殺すための時限爆弾 イーストプレス
こんにちは。船瀬俊介です。今日は私の最新の本を紹介させていただきたいと思います。これは、『ワクチンの罠』、イースト・プレスから発売になったばかりですが。この本はですね、ぜひまず、若いお母さんがたに、読んでいただきたい。そしてまた、可愛いお孫さんがいる方にも、ぜひ読んでいただきたい。

なぜ私がこの本を書いたかと言いますと、私自身が、取材する過程で、体が何度も、恐怖で震えたです。ワクチンというのは、私の想像をはるかに超えておそろしい存在なんだ。この本の中で私はワクチンは時限爆弾である、体の中に埋め込まれた時限爆弾。ですから予防接種は、打ってはいけないということを、なんども繰り返してます。

あるお母さんから聞かれたんですね。なぜうちの0歳の子供に、ワクチン打つんでしょう。それも、10回、20回、生まれたばかりの赤ちゃんに。あんなちっちゃな、まだ、本当にいたいけな赤ちゃんに。なんで打つんでしょう。その答えはここに書かれてます。

ワクチンを赤ちゃんに打つ理由はただ一つ。その子を将来殺すためなんです。だからワクチンの正体は、実は生物兵器だったんです。これを言ってもほとんどの人は首を振ると思います。私自身が、ワクチンが生物兵器だなんてことは信じられなかった。ところが1972年に、実は、WHO、世界保健機構の、極秘文書が一人のジャーナリストによって明らかにされたんですね。そのWHOの極秘文書には、驚愕する内容が書かれてました。すなわちWHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する、それが、WHOの、背筋の凍る、秘密プロジェクトだったんです。

皆さんはWHOといえばですね世界保健機構という名前からもおわかりのように、世界の人々の健康を守る国際機関だと皆さん思ってると思いますが大間違いですね。WHOを作ったのは1921年、ロックフェラー財閥が、まずですね、外交問題評議会という国際機関を作りました。その外交問題評議会というものは、実は、国連を作り、その国連の中に、WHOを作ったんです。

もう言うまでもなく、ロックフェラー財閥、彼らは世界の医療を根底から支配している、まさにその、医療マフィアの、頂点に立ってる。これが闇の力です、闇の権力ですね。彼らがすなわち、国連を作り、そしてWHOを作った。

ということは国際医療マフィアが、実はWHOを思いのままに、道具として今も使ってるということなんです。そのWHOが、世界の人々の命を救うどころじゃない。世界の人々の命を奪うための、ワクチンという生物兵器、バイオウェポンを、密かに開発して、そし前世界に普及させてる。1972年の話です。

私は、非常に驚きました。その時に、0歳児に、なぜワクチンを、10種類、20種類、アメリカでは35種類、あんないたいけな赤ちゃんの腕に、打つのかはっきりわかりました。このWHOの、生物兵器、ワクチンという名前の生物兵器がどう作動するか、そのメカニズムは3ステップあるわけです。

まず最初に、全く体の免疫機構がまだできていない赤ちゃんに、まずそのウイルスの種を仕込むんです。何十種類も。二番目は、思春期になった時に、この体の、ワクチンのバイオウェポン、生物兵器が作動するトリガーを仕込むんです。

引き金を仕込むんです。そして3番目は、まさに殺す段階です。なにをやるかっていいますと、3番目には鳥インフルエンザとか、WHOに、嘘のパンデミック、大流行を宣伝させて、世界が大変な、要するに超インフルエンザが流行った、大変だっていうデマをばら撒いて、そして各国政府は、第3番目のワクチンの接種を国民に強制してくるわけです。すなわちトリガーの引き金を引くんです。

その3番目のワクチンに何が入ってるかといいますとアジバンドという、これは免疫増強剤と言われてますけどその正体は、生物兵器の引き金です。それを打つことによって、体の中に仕組まれた時限爆弾のスイッチがオンになって、体は何が起こるんですか、免疫の暴走。免疫の爆発。免疫の嵐が起こって、ひとりでに、あっという間に亡くなっていくわけなんですね。これを、サイトカイン・ストームという。まさに、自らの中の免疫システムの暴走によって自らが死んでいくんです。だから原因が不明なんです。

何で死んだかわからない。これはかつて1918年の1億人が死んだと言われてるスペイン風邪で彼らは学んだんですね。この免疫の大暴走、免疫のパニック。これで、わずか、症状が出て2日か3日で、あっという間に亡くなる。しかし何が原因かわからない。だからこのワン・ツー・スリーのステップ、生物兵器、この引き金を引くのが最終仕上げのワクチンですね。だからこの生物兵器を体の中に埋め込むという、だから、それで私は全ての謎が解けたんです。

さらにもう一つ謎が解けたのは、1992年、ブラジル環境サミットというのが行われました。これは、地球環境問題は人類にとっての大変な危機だから、世界各国の閣僚たちが、ブラジルのリオデジャネイロに、集まって、地球環境問題を解決するための、サミットを開いた。私は当時は非常に素晴らしい試みだと勘違いしてたです。

しかしその地球環境サミット、そこで、実は、21世紀に向けての行動計画というのが採択されたんだよ、それがAGENDA21です。このアジェンダ21、私は、この取材で調べて、はっきり言って腰を抜かしましたね。なんて書いてますか。要するに、人類にとっての最大の環境問題は、人口問題だった。はっきり言ってます。さらに、地球は人口が増えすぎた、適正人口は十億人であると。だから、85%の人口、すなわち60億の人口を抹殺、削減すると。はっきり明記してるんです。アジェンダ21。私はもう、背筋が震えましたね。

これが出されたのは、WHOが、72年に、これは内部告発ですっぱ抜かれた、そのスリーステップの、ワクチンの、生物兵器の製造するという極秘文書が暴かれて、その20年後に、なんと、世界の人口85%、すなわち60億を抹殺する、処分する。そういう文書がスタートしたんです。そこで私は全ての謎が解けたんです。

すなわちどういうことか。ワクチンの目的は人口削減である。それも、大量人口抹殺です。そのために彼らはワクチンを発明した。それだけじゃない。戦争も、それから環境ホルモンも、医療も、抗がん剤も、環境汚染も、農業も、さらにその、食品添加物。あるいは遺伝子組換え。みんな何のためにやるんですか。

全ての目的はただ一つ、人口削減です。そして、最終的な仕上げは、おそらく戦争でしょう。そして彼らは莫大な軍事産業で富を得て、ワクチンでは莫大な製薬利権で富を得て。そして命を奪う。金を取る、命を取る。このダブルインカム。これがすなわち闇の勢力、この地球を支配している連中の、最終的な目的であることがはっきりわかりました。

だからあなたの、若いお母さんがた。いいですか。だからワクチンは病気を防ぐなんて。ワクチンがですね、病気を予防したという科学的・医学的証拠はこの地球上に存在しないんです。

一つの論文すら存在しない。なぜならばワクチンは病気を防ぐためではない、病気を作るためである。その人の命を奪うためにワクチンがあるんだ。そのことを私はね、殺されたって何があったって私は訴えたい。そこでですね、ぜひこの本を読んでいただきたいんです。それはあなたのかわいいお子さん、あるいはかわいいお孫さん。愛らしいお嬢さん。その子たちの命を守るためにも、ぜひ読んでもらいたい。2015y12m17d_161944412 ワクチンがいかにバカバカしい存在かということを、一つ例挙げますと、例えば日本脳炎のワクチンというのがあります。あるお母さんは、嫌がる10歳の男の子の手を引きずっていって、押さえつけて、打った。5分で意識不明、あっという間に亡くなりました。

なぜか。皆さんワクチンを打つんだったら少しは勉強しなさい。医薬品添付文書っていうのを読んでください。医薬品添付文書になんて書いてありますか。あらゆるワクチンは劇薬って書いてありますよ。劇薬ってのは、辞書を引いてごらんなさいよ。

死ぬこともある毒薬。それを子供に打ったら死ぬに決まってるじゃないですか。さあ、それを押さえつけて、我が子に打ったお母さんは、嘆きはもう、死ぬまでそのお母さんは、おそらく死ぬまで自分のやったことを苛むでしょう。苦しむでしょう。

だから私は冒頭に書いたんですね。要するに無知は罪である。そして知ろうとしないことはさらに深い罪なんです。お子さんの命をね、守ってあげてほしい。子供を、命を奪う場に引きずっていく、こんな悲しい間違いがありますか。ですから私は、本当に、無知ほど悲しい罪はない、それを何度も繰り返してきました。

そこでその日本脳炎、そのお母さんがなぜ10歳の子の手を引きずって行って、嫌がるの、バタくるって嫌がるのを引きずって行ったかって、日本脳炎にかかって欲しくないからです。日本脳炎にかかって欲しくないから、小さな坊や引きずって行ったんです。

ところが、皆さん、年間にですね、この日本で日本脳炎の患者が何人いると思います。私も調べてね、あきれ返りました。わずか3人ですよ。1億3000万の日本で日本脳炎の患者が年に3人。それも亡くなったわけじゃない。それを知ったらね、誰が我が子の手、引きずってってね、ワクチンを打たせますか。

ジフテリア、未だに予防接種やられてる。1000億、2000億単位の予算で。ところがジフテリアの患者も私、調べてあきれ返りました。わずか2人です、年に。1億3000万人の中で患者が2人。なんでこんなに大量の、何千億単位の金で。まさにワクチン利権だよ。

彼らはもう病気を防ぐなんてこと、単なる言い逃れなんです。単なるでっち上げなんです防がなくたって構わない、単なる殺人兵器を子供に打つための方便ですよ。

もっとひどいのはポリオです、小児まひですね。ポリオの患者、とにかく私調べて、未だにポリオの予防接種を、政府は1000億単位だなんだでさ、毎年ポリオの予防注射、ポリオの予防注射。私もポリオがまだ流行ってんのかと思いましたよ。ところが調べて私、唖然としましたね。日本で最後のポリオの患者が出たのは、1981年ですよ。

それ以降32年間、一人の患者も出てない。患者が32年間存在しないのに毎年毎年何百億だなんだって、税金を投与して薬、病気が存在しないのに薬を強制するってもう完全に狂ってますよ。脳が狂ってます。脳が腐ってんだよ。それに唯々諾々と手を差し出す親ももうはっきり言って脳が狂ってる。無知を通り越してる。

そして悲劇は続発してます。バタバタ死んでます。インフルエンザのワクチン、悲劇書いてます。バタバタ亡くなってる。当然のことです。劇薬。おまけに、中に、我々が知らない、わからない、いろんな毒物が、いろんな有害物が、そんなものが80種類から100種類、その、いろんな有害な毒薬からなにから、得体のしれない毒物が配合されてるんだよ。有害物配合されてる。それがワクチンの正体。一切明らかにされてません。

一部、サロメチール、水銀、これもう完全に神経毒物じゃないですか。ホルマリン、これ発がん物質じゃないですか。そういうものが、わかってるだけでも、さらに、アジバンドって言われる、これ、免疫増強剤、冗談ではない、これ、動物の不妊薬でしょ。子宮頸がんワクチン、少女たちに、打ちまくってる。なぜですか。

人口削減、人口抑制。癌腫政策。こういうことが、平然と行われてる。それをマスメディアは一言も言えないし、行政も言わない。政府は言わない。だから今の安倍内閣も、全部、アメリカの属国ですよ。

アメリカを支配してるのはロックフェラーです。フリーメーソンです、イルミナティです。そいつらに支配されてるのが安倍内閣じゃない。その安倍内閣に動かされてるのが厚生労働省、全部、医師会、マスメディア。

全部殺人システムの中に組み込まれてるよ。その殺人システムの中で、かわいいお子さんの腕を差し出す。それは無知の罪ですよ。自分の子供が生贄に、羊を生贄の祭壇に差し出すようなことを、みんな知らないでやってるわけです。それがまさにワクチンの罠なんですよ。

私は、この悲劇はワクチンだけには留まらない。『抗ガン剤で殺される』という本も書きました。抗がん剤も猛毒。打ってますよ、毒ガス兵器。第一次第二次大戦の毒ガス兵器が、そのまま、がん患者に打つ。

そしたら50倍。40倍、50倍、がんで死ぬ、猛毒を打つ。白血病の治療、すさまじい。打ったら10人のうち9人死ぬ、毒薬です。そんなのを平然と打たれてる。それをおかしいと思わない。

だから私は最後に申し上げたいけど、アジェンダ21の、人類奴隷化、家畜化計画は、ほぼ完了しているんです。この地球、我々人類はもう、彼らにとっては人間ではないです。明らかに家畜ですよ。だから地球は人間牧場と化してしまった。彼らは、家畜には真実を教えない。なぜ家畜を飼うんですか。いざという時殺して、いざという時命を奪って、利益を上げる。それが家畜の運命です。我々は牛や馬のような家畜の存在になってはいけない。

私はその怒り、それから祈りを込めて、この『ワクチンの罠』を書いたんです。これを読んでいただきたい。繰り返しますけど、あなたのかわいいお子さんと、かわいいお孫さんを救うために、テレビを信じるな、新聞を信じるな。これらはあんたがたを洗脳する道具だ。悪魔のメッセージ。あとは、目覚めるか目覚めないかで決まるんです。目覚めてほしい。

目覚めない人は我が子を殺し、家族を殺し、自らを殺すことになります。そういう悲しい悲劇を繰り返さないでほしい。その祈りを込めて、まとめた一冊。これが、あなたの愛する人の命と健康と未来を、そしてあなた自身の未来も救うことになります。

ですからぜひ、お手にとってもらいたいし、お知り合いに、勧めていただきたい。これはもう命を守る戦いです。戦わない人は殺されますよ。それを最後に、強く訴えたいと思います。ありがとうございました。(転載終了)