cam

ウイルス対策には湿度を40%から60%に保つのが有効。

室内の湿度レベルがウイルスの移動速度に影響を与える=研究者

006

インフルエンザウイルスなどをはじめ、ウイルスが一定の湿度に弱く、特に40%から60%の湿度環境内だと活動できずに感染リスクを大きく抑えることができるのは以前より広く知られていました。

スクリーンショット 2020-03-03 13.36.12

スクリーンショット 2020-03-03 13.36.27

そして室内環境の湿度を意識するだけでなく、体内の湿度、つまりは保湿も極めて重要となります。

それは喉や鼻の粘膜には、菌やウイルスの侵入、感染を防ぐ役割があるからです。

ところが乾燥した時期や空間の中だと、粘膜が乾いてしまい、粘膜の防御機能が低下してウイルスに感染しやすくなります。

お部屋も保湿、お肌や髪も保湿、そして喉やお鼻、体内も保湿。

とにかく「保湿(湿度)」がウイルス対策には効果的です。

そのため冬も過ぎたこの時期ですが、室内を一定の湿度に保つために「加湿器」は必須ともなります。

ただ、加湿器のタイプもグレードもピンキリであり、数千円から数万円するハイグレードまでも出揃っていますが、やはり値段に応じて能力もピンキリ。

熱処理によって、モクモクと水蒸気が出るだけでの加湿器は、見た目は

「加湿されているなぁ」

と思いきや、よく見ると加湿器周辺だけがベチャベチャと水滴だらけで、部屋全体にはほとんど蒸気が充満していないケースもあります。

水の粒子が大き過ぎて飛散されないからです。

また「除菌」もする空気清浄機の機能を持った加湿空気清浄機もありますが、現在の家電メーカーの除菌システムは

「除菌するなら多少の有害は問題なし」

というスタンスであり、そこで人体にも環境にも有害である

「オゾンを発生する除菌」



「次亜塩素酸を使う除菌」

が主流となっております。

それが安価で手っ取り早く除菌をすることができるからであり、無害で除菌する技術を研究するには、莫大な研究コストがかかるそうです。

ただ、これらの不可能を可能にしたのが、日本にストーブをもたらした創業80年の物づくり大企業

「株式会社コロナ 」

です。

IMG_8788

新潟県三条市に本社を構え、全国各地に事業所や工場などがありますが、本社には技術研究センターが併設されており、何より新潟の三条市といえば

「日本の物づくり(特に金属)の集積地」

として世界に知られるほど、日本を代表する技術力を持った地域。

その三条市を代表するのが、世界のストーブを生み出したコロナであり、そしてコロナは、20年以上も前から、

「火から水(空気)で人類の健康と地球環境の改善」

を意識した研究開発を徹底して続けています。

005

そこで大手家電メーカーなども追従できないほど、多額の研究費と研究時間を費やし、世界随一のナノテクノロジーとして誕生したのが

「ナノミスト」

であり、水(アクエリアス)の時代となった今、このナノミストを活用した様々な製品を開発して人類の健康と地球環境の改善に取り組んでいます。

その中でも一般家電として登場したのが

「ナノリフレ 」

であります。



そのナノテクノロジーの技術力は、長くエネルギー関連にも携わってきた長典男先生も驚愕し、家電メーカーで、このレベルの技術を一般化されていることにビックリされていました。

そして、なぜナノミストが、ウイルスにもより効果的なのかも上記動画で語っています。

湿度1つの観点だけでも、ナノミストだと、空気よりも軽い水の粒子が部屋中に素早く充満し、そして長く湿度をキープすることができます。

そしてウイルスは、超微細な水の粒子によって張り巡らされた網目のような結界、罠のようなものにはまり、機能停止となって身動きが取れずにポトポト地面に落ちてしまいます。
(またはナノリフレの空気吸引によってフ水フィルターに閉じ込めてしまう)

スクリーンショット 2020-03-03 13.43.53

スクリーンショット 2020-03-03 13.34.04

新型コロナウイルスは極めて小さなウイルスであり、その大きさは0.1マイクロメートルと言われていますが、ナノミストの水粒子は、さらにその10分の1ほどの10ナノメートル(0.01マイクロメートル)であります。

そして有害なウイルスは除去するものの、環境や人体にとって大切な常在菌(微生物)の働きは、ナノミストでより活性化するのが、一般的なケミカルを使った除菌とは180度違うこと。

ナノフィールからは、約2億個ものマイナスイオンが吹き出しています。

滝壺で水が弾けて発生するマイナスイオンの数の約2万倍という桁外れの数値。

まるで巨大な滝をいくつも家の中に持ってきたような「ドラえもんの道具」のような未来製品であり、
家の中が小さな装置で簡単にイヤシロチ空間へと変わります。

ナノリフレは、これまで一般マーケットには

「美容家電」

として売り出してましたが、実際は美容だけでなく、また除菌だけでもなく、このナノミスト技術は、健康や場の浄化も含めて多次元に能力を持ったフリーエネルギー装置とも言えるものです。

実際、コロナのナノミストは、古事記の創造原理からヒントを得ております。

219c898d-s

天地のはじめに登場する2番目の「高御産巣日の神」が

「火(太陽)プラス」

であり、

3番目の「神産巣日の神」が

「水(月)マイナス」

であり、

そして4番目の「宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジ)」が

「土(地球)中性」

の要素を組み合わせてナノミストの画期的な効果を生み出しています。

水を突き詰めると、水ですべての問題が解決できたり、または水だけでも原子力を上回る兵器にもなるのは知られていること。

だからこそ、水の研究は世界的にタブーでありましたが、コロナは、これをプラスの方へ転用し、
見事に市販化することに成功しています。

そして、このナノミスト技術が最高峰に集約されたのが、

「ナノミストサウナ」

というミストサウナであり、今後の

未病社会
自宅療法

の時代において、このナノミストサウナの持つ役割は非常に重要だと思います。

目には見えない高次元エネルギーの水分子にナノ化されたミストは、肌や呼吸から体内の奥の奥、細胞から血管にまで浸透し、通常汗や排泄では出てこない老廃物から重金属までを体外に放出。

あの免疫学の権威者であり、新潟大学大学院教授であった安保徹先生が監修していただけあって、ナノミストサウナは、わずか20分入るだけで、見違えるように血液がサラサラになります。

ただ医療器具ではないので、その辺は様々なデータがあるものの、あくまでもナノリフレでも美容の分野での実績を紹介し、若返りや美肌、美髪を売りにプロモーションをしてきたようです。

001






このナノリフレ。

3月にメーカー在庫がすべてなくなってしまい、4月に入ってようやく夏までの生産スケジュールが出ました。

現在の予約販売は、5月初旬から7月末までのお届けのものになります。

また

「親の分も含めて2台欲しい」
「家の中の他の部屋にも欲しい」
「両親と子供家族と全部で3台以上欲しい」

というご要望もたくさんあります。

複数台購入することに今のところ制限もありませんが、せっかくならなるべく価格も抑えてより購入しやすくなればと思い、今回の再販予約では

定価55,000円(税込 送料込)



1台では49,500円(10%OFF)は以前と変わらず、
2台以上はすべて1台あたり

「44,000円(20%OFF)」

で販売されています。

また前回に1台購入した方が、今回にまた1台追加した場合も合計2台ということで、こちらはポイント還元という形で相応分をポイントでお返しします。
(1台追加購入の場合は新規10%OFFと11000ポイント還元、2台以上まとめ買いは新規20%OFFと5500ポイント還元)

すでに前回に2台、3台と購入した方は、追加購入せずとも、その分の差額を無条件にポイントで還元させていただきます。(後日スタッフより連絡が入ります)

まずは必要とされる方々に少しでも早く届けばと願っておりますが、どうしても
先着順でのお届けとなるので、早い方と遅い方で2ヶ月ほど差が出てしまうのはご了承ください。

IMG_8861 (1)

IMG_8863 (1)

なお、今回のナノリフレの収益は、現在構想中のみんなで使える健康シェルター施設

「新リトリートドームハウス」

に投資する予定であり、ここにナノミストサウナなどもいくつか設置し、多くの方がナノミストを体験できる場作りを実現しようと思っています。

クラウドファンディグではありませんが、ナノリフレ購入者の方々には、リトリートドーム施設が完成した際に、ナノミストサウナの無料体験招待券なども発行しようと思うので、是非とも次は新型ドームハウスでナノミストを直に体験していいただけたらと。

コロナにはコロナ。

必要以上の除菌ではなくウイルスとも微生物も水で共生できる調和の環境に。

ナノリフレが皆さんのお役立ちとなることを心より願っております。

cam

ナノリフレの販売ページはこちら

【1台価格】
通常価格 : 55,000円
割引率 : 10% OFF
価格 : 49,500円(税込)


【2台価格】
通常価格 : 99,000円
割引率 : 20% OFF
価格 : 88,000円(税込)





<参考記事>
コロナのナノテクノロジー 「ナノリフレ」 ナノミストサウナと同じ力で ウイルス環境から身を守る