全世界で200万人以上の感染者数、死亡者数も15万人以上となっており、感染拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルス。COVID-19。

未曾有のウイルス危機の前に、人類はひたすらロックダウンをしながら耐え忍ぶしかないのか。

あとはもう、ワクチンという救世主を待ち望むしかないのか。

ロックダウンの外出禁止によって、外の世界の真実も見えない中、情報を取得するルートはテレビや新聞、ネット情報に頼らざるを得ない中、アメリカのテレビニュースでは、とんでもない暴露が公開されたことが話題になっています。

ミネソタ州の医師で、共和党の州議会議員でもあるスコット・ジェンセン医師。

4月10日付のアメリカのFOXニュースのインタビューにおいて

「新型コロナウイルス患者の水増し疑惑」

を指摘しています。

スクリーンショット 2020-04-18 8.26.54

スクリーンショット 2020-04-18 8.27.04

スクリーンショット 2020-04-18 8.27.14

スクリーンショット 2020-04-18 8.27.22

スクリーンショット 2020-04-18 8.27.41

スクリーンショット 2020-04-18 8.27.56

スクリーンショット 2020-04-18 8.28.28

スクリーンショット 2020-04-18 8.29.06

スクリーンショット 2020-04-18 8.29.18

スクリーンショット 2020-04-18 8.29.26

スクリーンショット 2020-04-18 8.29.38

スクリーンショット 2020-04-18 8.31.11

スクリーンショット 2020-04-18 8.31.55


(ジェンセン医師)
先週、私は医師の立場として
あるメールが、ミネソタ州の厚生省から送られて来ました。

「死亡診断書」の指導について。

でも、死亡診断書の書き方について指導を
受けたのは初めてでした。

その内容を簡潔にまとめると“コロナによる死亡”と
診断するには臨床検査は必要ないと
言っているようなものでした。

死亡診断書を
“COVID-19”にするのに・・・



(ニュースキャスター)
ちょっとちょっと
途中で失礼ですが、今あなたが言ったことは
非常に重要です。
もう一度、お願いできますか?


(ジェンセン医師)
先週金曜7ページの書類が
送られて来たのですが、

もし、COVID-19の検査を受けたことがない
86才の肺炎患者がいて

その後、彼女は肺炎で亡くなります。

そんな彼女は、生前、無症状だった息子と
接触していたことが分かります。

でも、その息子は後に“COVID-19陽性”と判明した場合、
彼女の死亡診断書に“COVID-19”と
記入することが適切だと述べられていたのです。

我々はそうしません。
もし肺炎患者が
インフルエンザの流行中に亡くなるなら

そして、インフルエンザの検査が無いなら
死亡診断書に“インフルエンザ”とは書きません。

私は「この高齢者は肺炎で死亡した」と



(ニュースキャスター)
話の途中で失礼ですが、
これは驚きです。

あなたは医者です。

なぜ、彼らは死亡診断書の
書き方について

メールを送るのでしょう?

亡くなった患者が、COVID-19の感染に関わらず
死亡診断書に
COVID-19と診断するようにと?

これはどこか間違ってます。


(ジェンセン医師)
私は確かめるべく、医院で
10〜20年、死亡診断書を取り扱ってきた
担当者に聞いてみました。

「この内容は正しいか?」と。

すると、彼女は「今まで我々は事実に基づくことしか
記入してはならない
可能性は書いてはならない」と。

分かることだけを。
ですから警戒しています。

そして、これはあなたが指摘する
対策に用いられる統計データの話にも繋がり
我々は問い直す必要があります。

我々は市民に確かな統計を
シェアできてるのか?

ミネソタ州もノースダコタ州も
皆、本当のことを求めます。

対策に必要な
本当の数字を知りたいだけ。



(ニュースキャスター)
それを踏まえ、なぜ
COVID-19の死者を水増しするのでしょう?


(ジェンセン医師)
人々を支配するには
恐怖が一番です。だから心配します。

時に我々は
余りにも恐怖にかられ

ある程度の恐怖心が植え付けられると
自分で考える力が麻痺してしまうのです。

私はそうなってほしくない
もっと人々に前向きにとらえてもらいたい。

自分の頭で考え
あらゆるソースを検証し

あらゆるソースに耳を傾け
そして、自分の頭で考える
それがアメリカですよ。


スクリーンショット 2020-04-19 5.48.22

スクリーンショット 2020-04-19 5.48.28

現在感染症においてアメリカの専門家として活躍するアンソニー・ファウチ医師は、この水増し疑惑情報については、一方的に「陰謀論」と大批判。

スクリーンショット 2020-04-19 5.51.08

ところが、このアンソニー・ファウチ医師においては、もう叩けばホコリだらけの黒い噂だらけであり、ワクチンによる人口削減を目論むビル&メリンダ・ゲイツ財団の首脳メンバーの1人。過去にもロックフェラーなどとも親交が深かった人物。

スクリーンショット 2020-04-18 8.39.37

スクリーンショット 2020-04-18 8.38.47

スクリーンショット 2020-04-18 8.38.55


ジェンセン医師は、どうして病院が新型コロナウイルス患者を積極的に受け入れるのか、その背景にあるお金の問題についても触れています。

医療機関が、新型コロナウイルスの患者を受け入れた場合は13,000ドル(約140万円)。

その患者が、人工呼吸器を使用した場合は39,000ドル(約420万円)が、米政府管轄の社会保障制度「メディケア」から医療機関に支払われることになっていると。

他にも様々な医師が、少しずつ真実の暴露情報をネット情報だけでなく表メディアに明かにしつつあり、世界における新型コロナウイルスの嘘、パンデミックの背景にある真実があらわになりつつあります。

20191215_Crawford2_gc2

「コロナ報道は陰謀だ」 ボクシング世界王者の持論に海外物議「封鎖措置を無視」
 ボクシングのWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が新型コロナウイルス感染拡大で、米各都市で自宅待機命令やロックダウンが出される中、これを無視。「コロナはメディアの陰謀だ」と持論を展開して物議を醸している。

 米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で4位に選出されるなど、米国最強の呼び声高いクロフォードの暴挙は海外で波紋を広げている。

「テレンス・クロフォードはコロナウイルスは陰謀と主張し、練習を継続する」の見出しで報じたのは英地元紙「ミラー」だった。

 米メディアに対して、「いつもと何も変わらない。オレは自宅にこもったりしない。子供も家に閉じこめたりしないんだ」と語っているという。

 米国では55万人以上の新型コロナ感染者と、2万人以上の死者が出る大惨事となっているが、クロフォードは感染防止策の自宅待機命令を無視していると驚きの発言。家族にも外出を許しているのだという。

「それ(コロナ禍)が理由で死者が出たり、病気になっているとみんな言っているけど、それは真実ではないと感じている。彼らは我々をコントロールするために恐怖を使っているんだ。メディアが世界を支配している。誰かがそう報じてれば、みんなそれに流される。みんな恐怖してしまうんだ」

(転載ここまで)

また世界中のボクシングチャンピオンなども、こぞって次々に

「コロナ報道は陰謀だ」

と声に出しており、その中にはハリウウッド業界の闇、セレブ達による

「血の儀式」

についての真相も暴露するケースも。



そして、この子供達を誘拐したり、血の儀式をしている中心の1つ

「バチカン」

にも様々な疑惑が飛び交う中、先日に大衆の前に姿を現したローマ法王が

「突然消える」

という怪奇現象がテレビニュースに映ってしまい、

「ローマ法王はホログラム?」
「病気や逮捕されて表に出れない?」

という噂が大きな話題にもなっています。





いよいよバチカンの嘘が暴かれるファティマ第三の予言、聖マラキの予言が成就となるのか。

この世界のコロナ騒動の先には、多くの人々の常識が非常識となる世紀の大転換が待っているのか。

いずれにしても、これから日本もますます外出規制とともに、うちに篭る中で情報だけが頼りになる時代になりますが、報道される情報だけをすべて鵜呑みにしないこと、そしてこんなタイミングだからこそ内なる世界にも目を向け、瞑想や内観の時間をとるのも大事なのかもしれません。

内なる世界に二元論を超えた調和と統合を見出せないと、いつまでも外の世界も光が闇を倒す二元論の世界にしか見えず、実際は存在しない敵を永遠に作り出してしまいます。

コロナショックの行き着く先には、人類の意識の目覚めであり、世界統一政府によるコントロールではなく、誰もが地球人のとしての自覚で一体化し、これから起こる更なる地球規模の危機を乗り越えていく必要があります。

こんなずさんな世界支配の茶番劇も、どこかでわざと分かるように仕向けられた部分も。

今回、ヒール役(悪役)を選んだ彼らもまた、人類の目覚めを待っています・・・。